OSがWindows10のノートパソコンを使っていますが、ちょくちょくあるのが、「急に勝手に画面が拡大したり縮小したりする」というもの。

しかも、極端に小さくなったり大きくなったり。

そうなるときは、基本的に「文章を書いているとき」ですね。

「勝手に」と書きましたが、たぶん、というか間違いなく「文字の入力中に意識しないうちに手がタッチパッドに触れてなんらかのジェスチャーを促してしまう」のだと思います。

ということで、そうならないように設定しました。

タッチパッドのジェスチャー設定をしましょう

設定は簡単です。

まず画面左下のWindowsマークをクリックして出てくるメニュー一覧から「設定」を選択します。

その中に「デバイス」の項目があるのでそれをクリック。

次の画面に出てくる左側のメニュー一覧から「タッチパッド」をクリック。

その時に現れた画面でタッチパッドの設定ができます。

その画面を下に少しスクロールすると、「ピンチ操作によるズーム」という項目があります。

↓こんな感じで。
skdioas

この項目のチェックを外すと、タッチパッドでの拡大縮小ができなくなります。

これで「勝手に拡大縮小」してしまうという誤作動がなくなりますね。

もし、タッチパッドのピンチ操作を無効にしている時に画面を拡大縮小したい場合は、「コントロールキー(Ctrl)と+(-)キーの同時押し」ですることができます。

「+」キー、「-」キーはどちらもキー配列の右のほうにあるのですぐにわかると思います。

タッチパッドの設定の画面では、それ以外にも「カーソルの速度」「タッチパッドの感度」など、いくつかのタッチパッド操作の設定ができますから、気になるものがあれば変更してみるのもいいかもですね。

Windows 10完全ガイド 基本操作+疑問・困った解決+便利ワザ (一冊に凝縮)
井上 香緒里
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 3,374