タピオカ、人気ですよね。

僕は飲んだことないですが、今でも近くのタピオカ専門店では平日でも結構行列ができていたりします。

じゃあ、タピオカミルクティーをダイエットに活用するとどうなるか。

よくある「置き換えダイエット」として、朝ごはん、昼ごはん、夜ご飯の代わりとしてタピオカミルクティーだけにする。

丸1日全部置き換えるのではなくて、そのうち1食だけでもタピオカミルクティーに置き換える。

これで痩せる?

多分太る

たぶん太ると思います。

なぜか。

一見、普段の食事をタピオカミルクティーに置き換えると低下カロリーなイメージもあって痩せそうな気もします。

しかし、タピオカミルクティー、結構「糖質」が多いです。

ダイエットを考える場合、一番気にするべきは「糖質量」です。

とりすぎた糖質が体内で余ると、それが「中性脂肪」となって体中の脂肪細胞に取り込まれてしまいますからね。

タピオカミルクティーは「砂糖」がたっぷり使われていますし、底にたまっているタピオカは「キャッサバ」という芋の一種です。

芋の主原料は「デンプン」。

デンプンは要するに糖質の塊です。

なので、思っているよりもタピオカミルクティーは糖質が多い。

もちろん、それ以前に食べていた食事の内容やその糖質量にもよりますが、どちらにしても健康な体を維持するために必要な栄養素はタピオカミルクティーには正直期待できないでしょう。

その上で、太りやすい「糖質過多」な状態になっているのがタピオカミルクティーでもあります。

そう考えると、朝食、昼食、夕食、どれに置き換えたとしてもまったく健康的ではないですし、ダイエット的にもまったくおすすめできないです。

タピオカミルクティーはお菓子や菓子パン、スイーツなどと同じくあくまで「嗜好品」として。

ダイエットを考えているなら、タピオカミルクティーはおやつとして、たま~に食べるぐらいで考えておいたほうがいいと思います。