October 06, 2019

Instagram開設!

すっかりブログ更新出来ておらず、誠に申し訳ございません。

この度「ふわり旅人」旅インスタグラムアカウントを開設しました。
ブログ掲載出来ていない旅に関しても、随時更新しておりますので、
よろしければアカウントフォローをお願い致します!

Instagramはこちら



caravannight at 12:37|PermalinkComments(0) 旅全般 

April 22, 2018

風を感じるワイキキ自転車巡り ~ハワイ・ホノルル~


IMGP0866

これまでハワイでレンタサイクル、というイメージはあまりなかったけど、
2017年ついにBiki(自転車シェアレンタル)が誕生。
ホノルルエリアで約100か所のBikiステーションが設置され、手軽に自転車を
レンタル出来るようになったのはとても嬉しい。

自転車での移動は一人旅にもってこい。
じゃあ俺も借りてサイクリングしよう、と言いたいところだが、今回宿泊した
ルアナワイキキはアメニティフィーの中に自転車レンタルが含まれている。
そんな訳で、日中時間をすることもなく、ホテルで借りた自転車で気ままに
ワイキキをサイクリング!

<ワイキキサイクリングの注意点>
・自転車=車 のため、自動車ルールを基本的に遵守。
・一方通行道路を逆走しない。(カラカウア大通りやアラワイ通り)
・自転車走行禁止道路を走らない。
・自動車信号または自転車専用信号を守る。
・自転車専用レーンがある場合はそこを走り、無い場合は車道を走行。
・駐輪する場合は、決められた駐輪スポットに鍵を掛けて止める。  など

交通ルール違反をした場合は罰金対象、ハワイで自転車を利用する場合は
予め基本ルールを予習していきましょう。

ワイキキのメインストリート、カラカウア大通り。
ダイヤモンドヘッド方面への一方通行で、進行方向右側に自転車専用レーン有。
停車中の車があったり、トロリーが停留所に止まったりするため、走行時は要注意。
IMGP0916

IMGP0890

アラワイ運河に沿ったアラワイ通りはダウンタウン方面への一方通行。
このようにしっかりと自転車レーンが設けられている。
IMGP0891

IMGP0842

駐輪スポットは大きく二種類。
そのひとつが写真で、これは自転車が2台止まっている訳ではない。
IMGP0841

自転車型駐輪ポイントで、これに括り付けるようにして鍵を掛ける。
自転車の盗難はハワイでよくあるため、必ずしっかり鍵を掛けておくこと。
IMGP0833

もうひとつはショッピングセンターなどでよく見かけるタイプ。
カハラモールやアラモアナショッピングセンターを自転車で訪れた際、
このような波型駐輪ポイントが用意されている。
IMGP1427

ちなみに、自転車での歩道走行が禁止だからと言って歩道を通れないことはない。
手で自転車を押して歩く=歩行者 に変身すれば良い。
IMGP0800

滞在中は風が強めで、気候爽快!
ハワイの風と陽射しを浴びながら、気ままに楽しむサイクリングは
想像以上に気持ち良い!

特に気に入ったのがカピオラニパーク。
芝生いっぱいの広場と、その先で威風を放つダイヤモンドヘッド。
ワイキキ中心部の先にあることから、ここを訪れる人はあまりおらず、
のんびりするにはもってこいの場所。
IMGP0926

こんな双子椰子も発見。
IMGP0856

周囲には木々がたくさんあり、木陰でリラックスするもまた良し。
IMGP0929

IMGP0857

クレーターの稜線、そして展望台を訪れる人影までくっきり見えた快晴度。
思わず芝生に寝転がってしまう居心地の良さ。
IMGP0930

自転車を見て「あれ?」と感じる点。
そう、ホテルで借りたこの自転車はハンドブレーキが無い!
IMGP0927

いわゆる米国式で、ブレーキをかけたい時はペダルを逆漕ぎするだけ。
一回逆漕ぎするだけでは停止しないので、ポンピングブレーキのように
何度か逆漕ぎしながら減速していくとスムーズに停止出来る。

カピオラニパークを越えて、さらに海沿いをサイクリング。
その道中でふと立ち寄ってみたレアヒパークはこの静けさと穏やかさ。
IMGP1417

振り返ったダイヤモンドヘッド側の眺めも素敵です。
サイクリングだからこそ出会えた景色。
IMGP1421

ここからは、ワイキキ各所の素晴らしい眺めオンパレード。
サイクリングの途中に、時には徒歩散策時に撮影。

まずはやはりビーチ。
個人的に、ヒルトンハワイアンビレッジ(HHV)はワイキキを象徴する
景観のひとつ。
IMGP0777

ワイキキでもこの美しさ。
IMGP0776

1週間ぐらい何もせずに過ごしたい。
IMGP0781

海に隣接するフォートデルッシーパーク。
ワイキキのダウンタウン側で緑に癒されるならここ。
IMGP0783

IMGP0786

シェラトンワイキキ前から眺めるダイヤモンドヘッド。
IMGP0911

昼間のインフィニティープール。
混雑しているけど、気持ち良いに違いない。
IMGP0912

入水禁止の朝は最高のフォトジェニックスポット。
IMGP1061

ワイキキらしさを感じるビーチ。
IMGP0920

人気撮影ポイントのデュークカハナモク像。
晴れた日の午前中がお勧め!
IMGP0802

IMGP0797

木々越しのビーチはまた素敵。
IMGP0809

IMGP0806

ハワイ童話の主人公、マクア少年とキラ。
IMGP0824

カラカウア大通りがモンサラット通りと分岐する辺りにあるワイキキウォール。
ここからはワイキキ内で随一の美しい海を一望出来る。
IMGP1415

IMGP0817

海色のグラデーションが爽快。
IMGP0821

ワイキキウォールで飛び込み遊びをするロコボーイたち。
一大リゾート地が彼らにとっては日常の光景。
IMGP0823

クイーンズビーチの脇に波乗りサーファー像。
IMGP0844

ここから先は一気に緑溢れ、サンズ・サウチ・ステートパークが始まる。
とにかく立派なバニヤンツリーに癒される。
IMGP0885

IMGP0860

ホノルル動物園前にあるバニヤンは特に巨大。
IMGP0889

海だけじゃなく、こんな眩しい緑もあるワイキキ。
知れば知る程好きになる。
IMGP0887

IMGP0870

ワイキキ水族館付近まで行けば、喧騒は何処へ。
観光客よりも地元の方が寛いでいる印象。
IMGP0864

IMGP0869

ビーチも格段にのんびりとしている。
IMGP0883

海の透明度・魚の多さを求めるならクイーンズビーチの一番端へ行こう。
混み合っているビーチとは明らかに色が違う。
IMGP0873

潜らずとも、水面から確認出来る魚たち。
色んな魚を目視出来、手軽にシュノーケルしたいならここ!
IMGP0876

ビーチを存分に堪能した後は、ワイキキの街歩き。

暑さ凌ぎも兼ねて高級ホテルを覗いてみる。
ピンク色の外装が印象的なロイヤル・ハワイアン。
IMGP0910

ホテル裏手に構える立派な巨木。
ロイヤルハワイアンセンターと繋がっていてアクセス良好。
IMGP0905

高級感の中に明るさを感じる建物内。
IMGP0909

格式溢れる外観のモアナサーフライダー・ウェスティン。
IMGP1071

シックで大人な雰囲気。
建物に入るだけで、心がどこか休まる。
IMGP1073

絵になるスポットを見つけてみるのも楽しみ方。
IMGP1460

カーズに出てきそうだ。
IMGP1554

アウトリガーワイキキビーチリゾートの脇。
ビーチへ抜ける道にはカラフルなサーフボードがずらっと並んでいる。
ワイキキのインスタ映えポイントとして人気。
IMGP1069

街の至るところにサーフ。
IMGP0899

IMGP1019

海では朝から晩まで、サーファーたちが波乗りに興じている。
IMGP1075

IMGP0917

IMGP0921

サンセットは2箇所から堪能。

ヒルトンハワイアンビレッジやイリカイホテルのあるカハナモクラグーン
エリアはハーバーと共に楽しめる。
IMGP1508

夕陽を浴びるレインボータワー。
IMGP1511

雲が多くていまいちだったが、その分立体的な空を感じられる。
IMGP1531

波乗り練習をする人をぼんやりと眺めながら。
IMGP1535

日が沈みその場を立ち去ろうとしたら、空が燃え出した。
雲のある時に条件が合えばこんな幻想的な夕暮れを迎えられる!
IMGP1727

前述のサンズ・サウチ・ステートパークで過ごした夕暮れ時。
この日は素晴らしい気候でサンセットを眺めるのに抜群。

少しずつ茜色に染まる空を背景に、シルエットがとても映える。
IMGP0950

IMGP0947

IMGP1722

見事な黄金の道を。
IMGP0965

借りた自転車だって素敵な被写体。
IMGP0969

IMGP0976

日が沈み、夜を迎える前の神秘的な時間。
街にはポツポツと灯が点る。
IMGP1011

IMGP1013

夜もまだまだ賑わうワイキキ。
改装して新しくなったインターナショナルマーケットプレイスは、
ライトアップされるバニヤンツリーの存在感がすごい。
IMGP1036

IMGP1029

ぶらぶらするだけでも楽しめる。
IMGP1034

ロイヤルハワイアンセンター内にて。
IMGP1319


日本人だらけのワイキキ、でもそれがどうでもよくなる魅力を持っている。

徒歩やバス・トロリーなどに加えて、自転車の選択肢も入れたらきっと、
また新たなワイキキに出会えるはず。

IMGP1021



caravannight at 19:37|PermalinkComments(0)

April 16, 2018

美味しさ満載TO GOグルメ ~ハワイ・ホノルル~


IMGP1051

ハワイにおいても楽しみのひとつがグルメ。
今回は一人旅、洒落たレストランでの食事ではなく、気軽に入れて美味しく
持ち帰り(TO GO)も可能なグルメを楽しんでみよう。
※以下記載の価格は基本的に税別です。


まず、一番行ってみたかった場所。
ホノルル動物園脇から始まるカパフル通りを北へと進んでいく。

途中には「Rainbow Drive In」。
ここはロコモコが有名な人気店。
IMGP0825

ワイキキ中心部から自転車を約15分走らせ、目当ての店に到着。
ホノルルで美味しいポケが食べられると高評価「ONO SEAFOOD」。
土曜日12時前の到着で約10名の待ち列。
IMGP0826

カウンターで注文し、その後レジで会計。
ポケは写真があり日本語表記もあるから、とても分かりやすい。
ポケボウルはレギュラーサイズ($8.50)で十分、せっかくなら$0.50追加で
2種類チョイスがお勧め。また、ポケボウルには1本ドリンクが付いているので、
カウンター横にある冷蔵庫から好きな物を予め取っておこう。
IMGP0828

ポケはマグロとタコがあり、味も数種。
悩んだ挙句、#1の醤油アヒと#3のハワイアンアヒを選んでみる。

店の外には少しだけテーブルがあり、そこでランチタイム。
レギュラーサイズでもこのボリューム!
IMGP0829

ONO SEAFOODは冷凍マグロを使用しておらず、とても新鮮。
ねっとり肉厚なマグロはとても美味しく、マグロ好きな俺も大満足。
味は少しスパイシー、食欲をそそる味わいです。
さすが人気店だけあり、訪れる価値大!(2018年3月時点で日・月曜休)
IMGP0830

せっかくONO SEAFOODまで来たから、500m程先にある「Lenard's」にも
立ち寄り。ここはハワイ名物ドーナツ マラサダで有名なお店。
IMGP0840

アメリカンな雰囲気が良い。
IMGP0834

シンプルなマラサダはプレーンシュガー・シナモン・スイート&サワーシュガー
の3種類で1個$1.25。中にクリームが入ったマラサダパフは1個$1.60。
(カスタード・チョコレート・ココナッツ・マカダミア・月替わりフレーバー)
IMGP0836

カウンターで注文をして会計を済ませ、レシートに記載されている
番号を呼ばれたら商品を受け取る形式。
店舗の外に少しだけベンチがあり、そこで味わうことが出来る。
持ち帰っても良いけど、マラサダの美味さは出来立てにあり!

右が一番定番なプレーンシュガーのマラサダ。
外は香ばしくて中はふわふわもちもち!
気付けば口の周りが砂糖だらけになるけど、美味しい。
IMGP0838

さらに、限定のキウイ味があったため思わず購入。
この日はセントパトリックデー(アイルランドでキリスト教布教活動を行った
聖パトリックの命日)で、緑色をテーマカラーとして世界中でパレードが行わ
れている。ワイキキもまた然り。
それに合わせたこの日限定の味という訳である。

うん、これはアメリカン。
好奇心だけで注文するとたまにこうなります。
IMGP0839

パレード前のカラカウア大通りはグリーンがいっぱい。
IMGP0791

話はポケに戻り、もっとワイキキの中心部で味わうならこちら。
カラカウア大通り、インターナショナルマーケットプレイス入口横にある、
ABCストア的存在のCoco Cove。
IMGP1317

店内に入りすぐ左手がポキコーナー。
あいにく営業時間外でポケ丼こそ食べることは出来なかったけど、小分け
されたポケパックがあったためそれを購入($5.04)。
IMGP1316

個人的にはかなり味が濃いめで塩辛い。
酒の肴には良いが、ご飯と食べたら丁度良いぐらい。
ポケはやっぱりONO SEAFOODに軍配が上がりそう。
IMGP1380

続いてのハワイグルメ。
健康志向の洒落たアレ、アサイーボウルに初挑戦。

ロイヤルハワイアンセンター内にある人気店「Island Vintage Coffee」。
IMGP1054

お店はC館2階。
外からエスカレーターで直接行くことが出来る。
IMGP0904

夜もまた良い雰囲気。
IMGP1321

オアフ島1日ドライブをする日の朝。
混雑を避けるため、開店早々の06:20頃に訪問(06:00OPEN)。
IMGP1046

さすがにまだ人は少なく、客は10名程度(全員日本人)。
のんびりと味わうなら朝一番はお勧めの時間帯。
IMGP1048

Island Vintage Coffee関連グッズも販売している店内。
IMGP1055

一番スタンダードなアサイーボウルも良いが、パッションフルーツ好きなら
これでしょう、Lilikoi Moana Bowl/SMALL($9.50)。
朝晩まだ涼しいため、飲み物はHawaiian Honey Hot Latte/SMALL($5.45)。
IMGP1050

フルーツが目にも鮮やか。
リリコイ(パッションフルーツ)もたっぷりで、程良い酸味といい
バランスが非常に良い一品!フルーツ感を楽しむならこれが一番!
IMGP1053

別の日にTO GOで購入したOriginal Acai Bowl($10.50)。
イチゴ・ブルーベリー・バナナを敷き詰め、その下にグラノーラ。
IMGP1602

上から見ると分からないが、このボリューム感。
1人で食べるには十分すぎる量で、リリコイボウルに比べて
グラノーラのザクザク感が強い印象。
IMGP1598

サイクリングや街歩きに疲れた時、手軽に美味しいジュースを飲みたい
時に便利なのが「Jamba Juice」。
ワイキキ中心部ならワールドトレードセンター1階(クヒオ通り交差点)。
IMGP0893

ドリンクの種類が豊富でどれにしようか迷ってしまう。
IMGP0894

結局商品名からイケイケのMANGO-A-GO-GO/SMALL($5.69)を注文。
フルーティーなマンゴーと爽やかなパッションフルーツのベストバランス。
甘すぎず、喉が潤いすっきり。
IMGP0898

「Jamba Juice」はいくつか店舗があり、カハラモール内にも出店。
(アラモアナショッピングセンター内にも有)
IMGP1459

IMGP1431

よく見てみると、今の一押しはライチのようだ。
そんなわけで選んだのは、ライチにパッションマンゴー、パイナップル、
豆乳などをブレンドしたTropical Lychee/SMALL($5.79)。
IMGP1428

ジュースでは無くスムージースタイル。
こちらも爽やかで身体リフレッシュ。
IMGP1430

カハラモールにはオーガニック品を中心に集めたスーパー「ホールフーズ」
があり、人気を集めている。実はここ、食事利用でも使い勝手が良い。
店内に食材・料理がずらりと並ぶセルフサービスコーナー、ここで好きなものを
好きなだけエコ器に盛ることが出来る(総重量で金額が決まる)。

外にたくさんテーブルがあるから、買ってすぐ食べられる。
IMGP1457

何より豊富な野菜がとても嬉しく、もちろん肉や魚料理も揃っている。
ひとつひとつ素材の味が活きていて、とても美味しい。
IMGP1454

これだけ盛っても$8.36。
結構底が深く、見た目以上にボリュームはあるし満足できる。
IMGP1455

最後は肉!
アメリカと言えば肉を外せない。

まずは「Pioneer Saloon」。
ダイヤモンドヘッドへと続くモンサラット通りに面していて、この通り
自体がグルメストリートと呼ばれるくらいの熱いエリア。
(写真の自転車で訪問)
IMGP0936

夕方5時頃に訪れ、店内は全員日本人。
皆TO GOするために来ており、俺も同じく持ち帰りでオーダー。
この時は日本語でレジ対応してくれ、とても気楽。
IMGP0937

非常に良い雰囲気の店内。
喧騒から離れた場所にあるから余計に素敵。
IMGP0938

注文した品を受け取ったら、自転車で5分も掛からない場所にある
カピオラニ公園へ移動。ダイヤモンドヘッドを眺める事が出来、芝生の
気持ち良いお気に入りスポット。
IMGP0942

心地良い気候の下で戴きます。
知らぬ間に蟻が集まってきたので、座る場所には注意しよう。
IMGP0940

Pioneer Saloonには多くのメニューがあるが、今回は事前に調べて決めて
いたBeef Prime Rib Plate($16)。この商品は土日限定メニューで、
訪問日が土曜だったから頼まない訳がない!
IMGP0939

肉はジューシーでとても柔らかい!
脂が若干多めで残念だったけれど、ソースも二種類あって飽きないし、
満腹になるボリュームで食べ応え十分。
ただ、付け合わせのパスタサラダは悪くないが、ご飯は美味しくない。
IMGP0941

もう一軒はアラモアナショッピングセンター、地上階の一番端
(ダウンタウン側)にあるスーパー「Foodland」内。
このスーパーもオーガニックを意識していて、ホールフーズと同じ趣向。
IMGP1496

スーパー内の脇にあるこちらが目的の店「HI STEAKS」。
IMGP1498

店名から察する通り肉推しで、写真メニューを眺めても肉がいっぱい。
カジュアルにステーキを楽しむならここ!
カウンターで希望メニューを伝え、さらにライス・サラダ・ソースを選択。
IMGP1499

ライス:白米、玄米、炒飯(追加料)
サラダ:グリーンサラダ、ポテトサラダ、キムチコールスロー
ソース:テリヤキ、ガーリックバター、キムチ、ホースラディッシュ
    チミチュリ、リリコイBBQ

今回はOriginal Steak Combo($12.99/1ドリンク付き)。
炒飯($1.99)+グリーンサラダ+テリヤキソースでいってみよう。

店内イートインスペースはとても広く、明るく清潔感がある。
IMGP1503

こういうスタイルの店だからと侮ってはいけない。
見るからに美味そうで、食欲をそそる。
IMGP1500

肉は柔らかいし、コスパ抜群!
あまりの美味さに、あっという間に平らげてしまう。
わざわざ炒飯にする必要はなさそうなので、次回は白米で!
IMGP1502

たった3泊でも存分楽しめるハワイグルメ。
実際はオアフ島1日ドライブ時のグルメが別にあるから、相当食べている。
完全燃焼、ご馳走様でした!

ハワイへ行ったら、お気に入りの味を見つけよう!
(注意点:定休日は事前に調べておくと◎)

IMGP1497



caravannight at 19:12|PermalinkComments(0) 2018年旅 | アメリカ・ハワイ・カナダ