アラブ首長国連邦

July 12, 2013

ドバイへの道 ~エミレーツ航空~


日本とアラブを結ぶ航空会社。
現在、成田・羽田・関空に就航をしているエミレーツ航空。

今回は特別に、関空便にてビジネスクラスに搭乗。
ちなみに、名古屋-関空間は無料のシャトルバスが運行しており、これはどんな航空券であろうと
関空発着のエミレーツ航空を利用するのであれば、乗車ができる。


EK317/316はB777-300ER機材。
関空23:40発は、関西エリアの方であれば仕事後でも利用できる時間帯。
R1091550

これが、エミレーツのビジネスクラス。
R1091563

窓約3個分で1人分の座席スペースがさすがに広い。
モニター画面も大きく、美しい。
R1091586

この機材では、2-3-2の座席配列。
行きは窓側、帰りは通路側を利用させていただく。
R1091584

シートは180度フラットではないが、165度まで倒すことができ、十分体への負担を軽減できる。
また、座席を覆うマットレスも配布してくれるため、背中や腰の疲れを緩和できるのは、とても嬉しい!
R1091565

収納型リモコンがあれば。
R1091568

ポータブル型画面もある。
いまいち、正しい使い方が分からない。
R1091571

アメニティも充実。
ヘッドホンは耳あて付き。
R1091591

ポーチの中身一式。
男女で微妙に中身が異なる。
R1091593

注目すべきは、ブルガリ!
さすが、こういったところに高級感を感じる。
R1091595

さて、エミレーツの特徴と言えば、機内の天井が変化する点。
これはビジネスに限らず、エコノミーも共通。

まずは夕暮れがやって来る。
R1091615

そして、星空が広がり、夜へと突き進む。
R1091616

ミッドナイト・タイム。
本物の空に一面の星、そして、機内の空に一面の星。
R1091642

やがて、ほんのり朝の訪れ。
R1091645

桃色と橙色の朝焼け。
R1091650

ビジネスクラスの楽しみと言えば、座席だけでなく、機内食。

往路は離陸後、ドリンクとナッツのサービス。
これの前に、ウェルカムドリンクとしてシャンパンもいただける。
R1091598

日本時間深夜01:00過ぎ、しっかりとした1度目の機内食サービス。
食べない訳がない!

テーブルにはクロスを敷いてくれる。
R1091607

まずはシーフードプレート。
新鮮なロブスター、イカのグリル、蒸した帆立のマリネに、香り高いピストゥソース
(ガーリックとバジルで作った
ソース)を添えて

あっさりさっぱりとした味わい。
ガーリックトーストもカリカリで美味い。
R1091606

メインに選んだのが、これ。

ビーフテンダーロインステーキ
軽くソテーしてハーブソースをかけた柔らかい特上のビーフステーキに季節の野菜の盛り合わせ
ネギの煮物、ポ
テト炒めを添えて

こちらは思った以上に火が通りすぎていて、少し残念。
ボリュームに関しては、言うことなし!
R1091608

食後は、厳選したフルーツと、ゴディバチョコレート。
こんな時間に、こんなにも食べてよいのか、そう考えるのは止めておこう。
R1091612

2回目の機内食は、着陸約2時間前。
1回目に洋食を選んだため、今回は和食をチョイス。

思った以上にボリュームがある…。
R1091655

サワラの西京焼きを、スナップエンドウ、筍、エビ、ニンジンを添えて、俵ご飯と共に
R1091651

ワラビの煮物と揚げ豆腐、シイタケ、豆、クルマエビとニンジンの和風煮物
R1091654

菜の花のおひたし、カラスミと百合根を添えて
R1091657

食べごろのトロピカルフルーツと季節の新鮮なカットフルーツの盛り合わせ
R1091653

もはや、満腹。

復路は、夜中03:00発ということもあってか、1回目はかなり軽い内容。
3種類程から選ぶことができ、選択肢の中にも「寿司」もある。

クリーミーな野菜パイ
大切り野菜が入ったクリーミーなシチューを、サクっとした歯ごたえのパイ生地に詰めて
R1092649

往路と同じレベルを期待して搭乗すればがっかりするが、本来ならばこれぐらいで十分なのかもしれない。
R1092650

ちなみに、インスタント麺は搭乗中いつでももらえるため、小腹が空いた時などに使える。
但し、あくまでインスタントであり、味に期待は出来ない。
R1092651

2度目はまたまた和食チョイス。
R1092665

白身魚の照り焼きに、白飯とふりかけ、チンゲン菜、野菜炒めを添えて
これが個人的にかなり美味しく、和食推し!
R1092663

食べごろのトロピカルフルーツと季節の新鮮なカットフルーツの盛り合わせ
R1092662


24時間眠らない空港、ドバイ。
深夜02:00台でもこの賑わいとは、驚き。
R1092643

贅沢な機内のひととき。
また経験できる時を、心から祈る。

R1092647



caravannight at 21:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 23, 2013

世界一の建造物バージュ・カリファ ~UAE・ドバイ~


今やドバイの象徴とも言うべき存在である、バージュ・カリファ。
高さ828mは、人工建築物として世界一の高さを誇り、離れた場所からでもこのシルエットが浮かんで見える程。

生の眼で見るバージュ・カリファは圧巻で、広角レンズのカメラでさえ収めるのが一苦労。
R1092141

R1092588

せっかくドバイへ来たのなら、124階にある展望台「AT THE TOP」へも行ってみたい。
今回は特別に、こちらも訪問。
展望台の高さは452mで、展望台としては世界第3位。

入口を入りまず目に飛び込むのは、こちらのゾーン。
R1092098

世界の名だたる高層建築物との比較が描かれている。
スカイツリーの記載はなく、もちろん、東京タワーもない。(右から2番目はエッフェル塔)
ちなみに現在、中東各国や中国ではさらに高い建造物の建設計画があるため、「世界一」を誇れるのは
あと数年のことかもしれない。
R1092099

セキュリティゲートを抜け、ずんずんと奥へ進んだ先にエレベーターホールがある。
そこから秒速10mの高速エレベーターで一気に上昇。

着いた先が、「AT THE TOP」。
半分が屋外式、半分が屋内式の構造。
R1092112

ここは、バージュ・カリファとしては約6割の高さでしかないため、上を見上げれば、まだまだ伸びている。
R1092107

展望台から、まさにドバイを一望!
北側には高層ビルが連なっているものの、ここで見れば小さなミニチュアのよう。

ぼんやりとした霞み晴れだが、これでも視界は良い方らしい。(入場は10:30前後)
R1092109

ドバイの面白いところは、ビル群がある一定の場所にしかなく、他はだだっ広い点。
立派な都市が成り立っているとはいえ、まだまだ開発途上。

奥には、アラビア湾。
R1092114

写真中央やや上にある金色の建物が、メトロの最寄り駅。
そして、そこから右下へと続いている管のようなものが、ドバイモールへと続く直結高架通路。
近そうに見えても、案外距離がある。
R1092117

続いて、屋内側から街の南方向。
置かれている近未来型風操縦機は、街をズームアップ等できる、日本の観光地でもよく見かけるもの。
ここでは無料で利用可能。
R1092124

北から南へと伸びる大きな道が、メインストリートであるシェイク・ザイード大通り。
ドバイからアブダビまで続いており、信号がないため高速道路の感覚だが、利用料は無料。
R1092122

R1092132

そして、南東方向。
バージュ・カリファと共に開発された地区で、高級ホテル等が建ち並ぶ。
けれど、奥は砂漠。

個人的には、どこかラスベガスを感じる。
R1092105

人工湖の中に見える青いライン状のもの。
あれが、ここの目玉とも言えるドバイ・ファウンテンで水が噴き上がる箇所。
人工湖の左にある、銀色の屋根をもつ建物、これは世界一の規模を誇るショッピングモール「ドバイモール」。
R1092103

この不思議な世界は、AT THE TOPへ来てこそ味わえる景色だ。
R1092125

展望台にはショップが併設されており、ここで土産を買うのも良い。
ただ、地上階には誰でも入場可能なショップが別途あり、そちらの方が規模も大きい。
R1092130

「AT THE TOP、是非上がろう!」
と言いたいところだが、2点注意しなければならない。

1つは、料金。
入場日の1ヵ月前から予約が可能で、その料金は1人約3,000~3,500円(レートによる)。
なかなかの価格で躊躇してしまいそうだが、実はこれでも安い。
予約をせず、その場で入場した場合は、なんと1人約12,000~13,000円!!!
必ず、予約をしておこう…。

もう1つは、予約時間。
今回入場したのは午前中で、当日でもまだ空きがあるほどだったが、午後は軒並みSOLD OUT。
夜はさらに混雑するとのこと。
午後以降に入場を考えている場合は、出来る限り早めに予約をした方が賢明。
(予約後のキャンセルは効かないので、その点も注意が必要)


バージュ・カリファは夜の姿も美しい。
R1092613

多くの人々が押し寄せている。
ドバイ・ファウンテンを観るために。
R1092610

1回約5分、30分間隔で行われるドバイ・ファウンテン(噴水ショー)は、音楽に合わせて噴水が噴き上がる。
ラスベガス・ベラッジオの噴水ショーと同じデザイン会社が手掛けており、このエリアへ来たならば一度は
目にしておきたい。

R1092614

R1092618

せっかくドバイへ来たならば。
財布の紐はあまり固く締めずに、街を楽しもう。

R1092100



caravannight at 21:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)