2017年01月31日

駄菓子インデックス

駄菓子屋さんパック【あ】青りんご餅味カレー その1味カレー その2アプリコット甘梅一番スッパイマンあんずボー 【う】うまい棒うまい棒2 【え】えびまるくん 【お】大亀おこづかいラーメンオレンジマーブルフーセンガムお花の国フラワー 【か】カタヌキカップねりあめカラーペンチョコ元祖梅ジャム寒天 【き】キャラメル 【く】クッピーラムネ 【こ】ごえんがあるよチョコ 【さ】さくら大根 【す】スカットコーラすき好きこんぶ(酢昆布)酢だこさん太郎すもも漬 【そ】ソースせんべい 【た】駄菓子やさんパックタラタラしてんじゃね~よ エスニック風味 【ち】チョコまんチロルチョコチロル アーモンドジョージ 【つ】つぶっこボトルラムネつぶグミフルーツミックス 【と】トンガリどんどん焼 【な】ナタデココこんにゃくゼリー 【に】ニッキ水人参ライス 【ね】ネオ・フルーツ・Cねりあめ  【の】のし梅さん太郎のしいか太郎 【は】ハートチョコハイ!!トーチャンバナヤン馬鹿味はなくしカステラパンチコーラSP 【ひ】ビッグカツとんかつソース味 【ふ】フィリックスガムフエガムフエラムネふ菓子プチプチうらないチョコプチプリンプチリングキャンディープリンましゅろ~プリンキャラメルわたがしフルーツ寒天ゼリーフルーツの森プレイマイクベビースターラーメン 【ほ】ポテトフライポケットカルパス 【ま】前田のクラッカー 【み】ミルクボーロミルクせんべい 【よ】よっちゃんいかヨーグルトゼリー 【ら】ラスク(コンガリラスク) 【ろ】ロングガム 【わ】わたがし

※申し訳ありありません、これらの中には廃盤になったものも出てきていますが、基本的に、商品の説明自体は間違っているわけではありませんので、あえて削除せずに掲載を続けさせていただきます。
※廃盤になった商品はリンクが切れているか、別の商品に入れ替わっていますことをご了承くださいませ。

  

Posted by carayoko at 15:00Comments(0)TrackBack(0)駄菓子INDEX

2017年01月01日

あけましておめでとうございます





今年もよろしくお願いいたします。




キャラメル横丁






  

2016年12月30日

12月の駄菓子ベスト10!

●キャラメル横丁の売れ筋駄菓子のベスト10、2016年12月度の速報です。

●激動の年 2016年 最後の人気菓子一覧、あなたはどれを食べました?
わたし? 1位と2位と3位と… でも個人情報だからこれ以上はヒミツ

●なんてもったいぶらずに、ざざっと公開いたします。
キャラ横 今月の駄菓子ベスト10





1位 うまい棒各種
2位 駄菓子ボックス
3位 フィリックスガム
4位 クッピーラムネ
5位 チロルチョコ コーヒーヌガー味
6位 クッピーラムネ大袋85g入り
7位 どんどん焼
8位 かめせん
9位 プチプチうらないチョコ
10位 チョコバット


詳しくはこちらへ


  

2016年12月15日

北名古屋市歴史民俗資料館 開館25周年記念展開催中

キャラメル横丁の昭和オールディーズコーナーのメイン企画は、ご存じ、昭和日常博物館(北名古屋市歴史民俗資料館)の企画展レポートです。




昨年秋、開館25周年を迎えた同館は、昨年10月から「25/82展」というタイトルで特別企画展を開催しています。これはこれまでの25年間で実施した82もの企画展の中からリクエストの多かったもの、およびスタッフ自薦の展示の中から計25を選び、再展示したもので、期間は今月29日まで。





同館の企画展は毎回取材にうかがっているのですが、いつも取り上げられる昭和のモノ・コトの視点の新しさやユニークさに驚いたり感心したり、門外漢にはまさに昭和ワンダーランドとしか思えません。
82回というのは今回を含んでいるのかどうかは定かではありませんが、そんなことより、ここまで長期にわたって一つのテーマを徹底追求されてきたことに、素直に感動しております。

とにかく、一度のぞいてみてください。
あなたもきっと昭和時代のファンになりますよ。

ついでに、たいへん微力ながら、昭和レトロのシンボルとして「駄菓子文化」を追求しているキャラメル横丁もよろしくね。



そうそう、同館ではこの記念企画展と同時に、昭和レトロカーの展示場もオープンしました。
場所は地下1階の駐車場。トヨタ、日産、スバル、ダイハツ、三菱、ホンダ、ヤマハと、現在の自動車&バイクメーカーの黎明期の車がずらりと展示されています。マニア必見、車好きのお父さん・お兄さんは絶対見逃せない!






  

2016年12月01日

クリスマス&お正月パーティ

今回のベスト10は、クリスマス&お正月特番です。

つまり、パーティ特番
つまり、パーティに使えるおもちゃと駄菓子の特集
ってことですね。




いつもは駄菓子が中心のベスト10シリーズですが、
今回はパーティシーズン到来!
ってなことで、おもちゃを中心にしました。


懐かしいおもちゃだけじゃありません。
みんなで騒げるおもちゃだけではありません。
現代人のオトナも十分楽しめるモノばかりです。

だから
なので
ゆえに
大人買いをよろしく!!!

です


キャラ横 クリスマス&お正月特番 2016-2017






  

2016年10月23日

高架下レトロ商店街、モトコー消える?

高架下レトロ商店街、モトコー消える? 工事で店集約へ(朝日デジタル)
だがちゃろ情報板(2016.10.16)より


神戸市のJR元町駅と神戸駅の間の高架下にある古い商店街、地元では“モトコー”って呼んでるんですね。
私の学生時代、仲間うちでは単に“高架下商店街”と言ってました。

当時、私は下宿生でしたが、時々挨拶に顔をだしていた親戚の家の人たちが、半ば恥ずかしそうに、半ば自慢げに話してくれたのを思い出しました。

“恥ずかしい”理由は、大都市神戸のイメージからは程遠い古ぼけたつくりの商店街で、どこか胡散臭い香りがただよっている場所だったから。
“自慢げに”というのは、戦後のわが国の復興の象徴で、経済発展をささえてきた庶民の生活の場所だったから。
だと思います。


初めて連れて行かれた時、それまで見たことのない商品の山や個性的な商店街のつくり、そしてその独特の活気に、地方出身の学生だった私は圧倒され、まるで異国の下町に迷いこんだような気分につつまれました。

上の朝日新聞の記事では、JRの高架は昭和初期につくられたもので、商店街は戦後直後の闇市が起源だとか。

そういうことだったんですね。
今さらながら、あまりの世間知らずのボンボンだった我が身を恥じ入ってます。
もっと頻繁に通っておけばよかった…


そんな神戸の名所がまた一つなくなるかも知れないというニュース。耐震化工事のためとはいえ、商店街の雰囲気がまったく変わってしまうのが目に見えてますね。
時代の流れには逆らえませんが、商店街といえども、何でも新しく安全に、クリーンにすればよいというものではないですね。古くてもよい部分と新しくしたほうがよい部分を、なんとかうまく融合させることはできないものでしょうか。

これは“モトコー”だけの問題ではないのでしょうけど。


  

2016年10月16日

店長おすすめ!今月の絶品ベスト5

略して『店長ファイブ』
ご覧いただいてます?

ていうか、あなたもキャラ横のトップページで目にされていると思いますが、
いつも同じじゃん、
なんて言わないでね。
時々更新しているんだから。


で、現在は、秋も深まり、少し冷えてきたので
ここらでからだをあっためてくれる駄菓子をミニ特集してます。


辛子とかニンニクとかハバネロとかラーメン風味とか…
まあ、種類はちょっと少ないのですが、駄菓子にもそれなりのものがあるんですよ。

本格的なお食事にはちょっと物足りないでしょうが、
お酒のつまみにはちょうどよさげなものばかり。

ベランダの窓越しに澄み切った月を眺めながら
趣味の弦楽四重奏を鑑賞しながら
大好きなビールを飲みながら
ガリボリ
ガリボリ








なんか侘しいって?
いいじゃないですか、たまには一人静かに
深まる秋を味わいましょうよ。

ボクはガリボリラーメンが好きだ。



  
Posted by carayoko at 15:00Comments(0)TrackBack(0)駄菓子ニュース