2007年02月18日

今月のいちごいちえ―ごえんがあるよチョコ

●新設コーナーいちごいちえ[一子一会、子は駄菓子の子]、第1弾は、バレンタインデーも終わったことだし、チョコレートでいきますか!

ごえんがあるよチョコ

ごえんがあるよチョコ御縁と5円のかけことば、かなり古いパターンのギャグネーミングですが、チロルチョコおじさんと同じく、じつにロングセラーなチョコです。起源は、たぶん昭和30年代、かな?(未確認情報)

でも、いいですよね、ご縁ってことば。若いときは「この世には自分しかいない」みたいな自信家さんだった人も、年を経てくると、自然と人と人の関係で世の中が成り立っているということと、その人間関係の温かさや優しさ、思いやりというものの大切さが身にしみてわかってくるのがふつう。

何十億人か知りませんが、地球上に生まれた一人の人間が、一生のうちで知り合える人の数はたかが知れています。ということは、私もあなたも、何十億分の1の確率で出会っているわけですね。パソコンの画面を通してですが、今日の出会いは、これはもう、奇跡としかいいようがないことなんです。

奇跡的な出会いだからこそ、この関係を大切にしていきたい…

一期一会、袖摺りあうも何かの縁、ここで会ったが百年目…どんなかたちであれ、ご縁を大切にしていきたいものです。

あなたと私を結ぶ「ごえんがあるよチョコ」。よろしく。


●「ごえんがあるよチョコ」のメーカーは、チロルチョコでおなじみの「松尾製菓株式会社(福岡県田川市)」です。平成16年4月から企画販売部門を東京に移し「チロルチョコ株式会社」で販売されています
同社の主な商品:ごえんがあるよチョコ、チロルチョコ、きなこもち、ふんわりいちご、板ちょこBIG、他 期間限定商品も多彩!

●キャラメル横丁で新装になったコメントです
ごえんがあるよチョコ
直径3センチと、ちょっと実物よりは大きめな5円玉硬貨をかたどったチョコ。財布の中に5円玉を入れておくと縁起がいいように、この「ごえんがあるよチョコ」をいつもポケットに入れておくと・・・溶けてなんだか違うかたちになってしまいそうです(笑)。あのチロルチョコメーカーが作っている商品だけに、味と品質はお墨付き。現在の駄菓子業界でも稀な1個5円にこだわっているところが素晴らしいです。袋の裏には「ご縁」に関する占い調のひとことメッセージが書いてあるので、チョコを食べたら袋の裏側にも注目しましょう。
---------------------------------
原材料:砂糖、全粉乳、カカオマス、ココアバター、植物油脂、乳化剤(大豆由来)、香料



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/carayoko/50824189
この記事へのコメント
こんにちは!
私も千葉の房総で駄菓子屋をやっています。
5円チョコは人気ありますよね!
子供には5円〜10円の金券つきの商品が人気ですが・・・儲けがない(T.T)
いつも、HPはお邪魔していたのですがブログがあるのは気がつかなかったです。
またお邪魔させていただきます<(_ _)>
Posted by よっちゃん at 2007年03月01日 22:31