楽天銀行カードローンで助かりました

楽天銀行のカードローン「楽天銀行スーパーローン」は低金利で限度額も大きく、主婦やパート、アルバイトでも利用可能。これで生活が助かっている方多数!

2年前に類焼により自宅が全焼しました。

知らせを受け職場から急いで帰宅すると柱が何本か残っている程度でした。

何もかも燃えてしまい着るものも何もない状態でした。

火災保険に入っていましたが火事にはあわないだろうと、
家財保険に入っていなかったため家電や家具をそろえるのに大きな出費でした。

このとき楽天銀行のカードローンを申し込むことにしたのですが、
貯金も少なく、楽天銀行のカードローンの審査が通ってすぐ借入ができたときは、
本当にホッとしたのを覚えています。


両親には住宅を建て直すのに必要だろうと保険金は全額渡しましたし、
自分の部屋の家電や家具は自分で買うからと言ったものの、
一気に揃えるとなるとかなりかかりました。

そのため、2年間テレビのない生活でしたが、
その分家族で一つの部屋にいる時間が増えた気がします。

火事になる前は貯金して車を購入したかったのですが、
あきらめて生活用品の購入にあてました。

今度は、車の購入が控えています。

生活の足として必要になってきているので、
また楽天銀行のカードローンにお世話になろうかと思っています。

Mさん(35歳/女性)

あれは去年のお盆休みのことです。

夫の実家である埼玉に帰省した際、
義妹家族と一緒に食事をしようということになり、2台の車で出かけました。

義妹の車について走っていたのですが、
途中で住宅街の狭い道に入り、しかも途中の信号で離れてしまったのです。



住宅街でしたので速度を落として走りましたが、見通しは確かに悪い。

しかし、「自分たちが走ってる道は優先道路」というのが頭にあり、
多少の油断はあったのかもしれません。



十字路に差し掛かり、一時停止してからゆっくり発進したその瞬間、
突然、スピードに乗った車が左から現れ、
私が乗っている助手席のちょっと手前に突っ込みました。



何が起こったのか分からないほどの衝撃。

左前のタイヤはパンクし、相手側のバンパーも飛び散り、ガラスにヒビ。

夫も私も首に衝撃が走り、そのまま病院へ。



治療・検査費は後日払いでいいと言われましたが、
結局、車の軸が曲がってしまい修理するくらいなら新車を買った方が良いとのこと。

埼玉で廃車にすることにし、我々の住居である新潟には新幹線で帰りました。

そして、後日再度現場検証を行うとのことでまた埼玉へ。



保険が降りるまで、治療費、新幹線代、そして廃車代に新車購入資金。

治療費はもちろんですが、車がないと生活できないような田舎なので、
車も早急に購入しなければなりません。

当面の費用としてかなりまとまったお金が必要になったため、
低金利で限度額も大きいと評判の楽天銀行のカードローンを利用しました。


保険会社によると、
結局、相手はカーオーディオをいじりながらの脇見運転。

しかし、こちらも動いていたため、8:2で支払うことに。

これも結構な金額になり、悔し泣きしながらの支払いとなりました。

カードローンで借りたお金も保険金で全額まかなうことはできず、
しばらく質素な暮らしを続けて完済しました。



急であり不幸な出費はもうこりごりです。

ただ、大きな怪我もなく、命が助かっただけでも儲けものと考えることにしました。

Sさん(35歳/女性)

昔に飼っていた猫が急に調子が悪くなり病院に連れて行くと癌になっていました。


悪性ではないと言われたので、
猫の負担を減らすために2回に分けて手術をする事になりました。



1回の手術で必要な金額が12万円かかると言われその時はなんとか払えたのですが、
手術が終わってあまり体調の回復良くなくて心配になり、
違う医者に見てもらったら癌が悪性だったのです。



急遽2回目の手術をする事になってしまい又手術代が10万必要になりました。



月末でお金もなく、仕方なく楽天銀行のカードローンを利用することで、
なんとか手術をする事ができました。


しかし残念な事に悪性だったのでその後は半年ともちませんでした。
最初から厳しい状態だったので仕方ないですけど、
最初に手術した医者にはがっかりでした。

でも楽天銀行のカードローンのおかげで、
猫のために最後までしてやれることはできたので、
その点ではよかったと思います。

猫はあまりお金のかからないペットですが、
それでも飼うならそれなりに貯金もしなくてはと思った経験でした。

Kさん(27歳/男性)

20歳の時に念願の普通自動車免許を取得し、
地方の企業の内定もゲットして、専門学校を卒業。
春から新卒として働いていた。

そして、働き始めてから約1ヶ月後に会社に向かうために車を運転中、
脇見運転をしてしまいカーブになっていることに気づかず、
道路の左側にあった田んぼに突っ込んでしまった。

その際にポールと用水路を破損させてしまい、
車のバンパーやボンネット、タイヤなども破損してしまった。

落下した場所が田んぼだったということもあり、
身体には問題なかったが、車の修理代(約30万円)とポール、
用水路の修理代(合わせて約5万円)と、
田んぼから引き上げるためのレッカー代(約5万円)がかかり、
新入社員の身としては、月給の約3ヶ月分の出費となってしまいました。

働き始めたばかりのころで、当然貯金なんてまだありませんでした。

そこでカードローンを利用することにしたのですが、
この時に初めて楽天銀行のカードローンのお世話になりました。

審査の結果、まだ若く新入社員ということもあり、
限度額は多くはなかったですが、
それでも車の修理代と破損した用水路の修理代などを支払うには、
十分な金額を借りられることになりました。

返済もコンビニATMから行えたので、
順調に返済することができました。

楽天銀行には本当に感謝の一言です。

Dさん(21歳/男性)

このページのトップヘ