近年の転職事情

ここ最近、男性はもちろん、女性の転職を希望する30代前後の人が増えてきています。ちょっと前までは、男性は会社に一生勤めるのが社会通念のような時もありました。しかし、現在では女性は転職してキャリアアップ、年収アップを図ろうと考える人が多くいます。ですからちょうど30代前後になると、仕事もこなせる様になり、自分の能力、社会などもわかってきた人が、転職を考えたくなるのでしょう。また、その上の年齢層40代前後では、すぐにリーダーシップを発揮できる人を企業は率先して中途採用を受け入れているようです。

まず、転職するためのポイントとしては、志望の動機をきっちりと自分の中に落とし込んでおくのがスタートですね。そうすることで、転職の際の方向性が明確になり、あやふやなまま転職活動を続けるよりも、満足できる結果を得る可能性が高まります。あせらずにじっくりと考えて行動しましょう。また、求人の見つけ方、選び方も最近ではインターネット・e-mailを活用し、応募・申し込みが可能になってきています。積極的にそういった転職活動もしていきチャンスをものにしましょう。

これから女性も転職をする時の注意点としては、転職して年収を上げたいという経済的理由は誰しもがあると思いますが、お金を意識しすぎると判断を誤ることがあるということです。報酬が多いと思ったら実は営業のノルマがきつかったり、完全能力給制であったりして苦労する可能性もあるのです。落ち着いて自分の実力を活かせる職場を探して転職先に移りましょう。

最後に、特に女性の転職は人生においても大きな転機となります。あまりにも安易に転職することは、世間的な評価を下げることもあります。ですからあくまでもこれで最後というぐらいの気持ちで転職先を探しましょう。必然的に自分の力を活かせる会社を真剣に探すことになるはずです。

全教振通信講座と転職について

全教振通信講座と転職

全教振とは、全国教育振興会ことですが、通学と同等型講座として通信講座を展開しています。
資格取得を目的とする通信教育を、たくさん開講しており、医療系、福祉系、カウンセリング、スキルアップ系、法律系、ペットビジネス系、高卒認定など色々です。
全教振グループは、資格取得をして、就職、転職の力になる、専門学校です。

全教振の「管理栄養士通信講座」では、短期間で資格取得が実現できるように、試験に頻出される問題を効率的に進めていきます。
この通信教育方式は、通学講座と同等の学習ができるようになっています。
重要な項目については、CDやDVDなどに収録して、わかりやすく指導してくれます。

通信教育で心配なところの、問題点、疑問点、勉強に対する悩みなど相談することができるため、疑問は早期解決できて、勉強に集中できるようです。
電話、メール、FAXなどで専門の担当者が、マンツーマン指導をしてくれます。

管理栄養士の国家試験は、広い出題範囲てかなり覚えるのは大変ですが、CDを使って管理栄養士に必要な重要事項を、効率よく学習すれば、確実に知識を習得できます。













介護関連資格と転職について

介護関連資格と転職

介護関連の仕事は、転職、再就職先として、雇用の多い仕事です。
資格を持てばニーズが高く、ほぼ100%就職できるため、今後さらに広がりがあり、衰退する要因は考えられないため、転職、再就職先に困ることはないと思います。

・ホームヘルパー
3級〜1級まであり、わりと簡単に取得できる資格です。
取得することで、日常生活に支障のある高齢者の介護、援助を行うことができます。
取得方法は、国が認定している自治体、講習事業者が行う講習、を受講して終了することです。

・介護福祉士
体の障害、精神的な障害のある人の介護を行ったり、介護者への指導ができたりします。
専門的知識を必要とし、取得方法は、厚生労働大臣指定の養成施設で、高卒ならば2年以上、大学・短大卒業ならば1年以上、修業すれば取得できます。

・社会福祉士
体、精神的な障害のある人の福祉に関して助言、指導とか相談にのったりします。
取得方法は、大学で厚生労働大臣指定の科目を修業するか、指定施設で相談援助業務を4年以上、さらに社会福祉士の一般養成施設にて1年以上修業すると、受験資格が与えられて、試験に合格すると取得できます。


薬剤師の求人状況について

薬剤師の求人状況

薬学部が6年制となってから、従来の4年制からの移行で、新卒者が2年間いないという空白時がありました。
この2年のために一時期は薬剤師が市場から減り、薬剤師にとって売り手市場となり、就職先には困らない状況となりました。

しかし最近では安定して薬剤師の需要分に対して供給されているため、買い手市場となっているようです。
後期高齢者制度の改正による影響もあるようです。

そして近年は、薬剤師の国家試験の合格者が急増しており、薬剤師が余ってしまうのではないかと懸念されています。
薬剤師の求人先の1つであるドラッグストアも、近年「登録販売者」を置くようになり、薬剤師の需要が減っております。

薬剤師だからといって、求人募集があるのではなく、そのうち経験、資格など色々な条件がつくかもしれません。
そうなったときに困らないように、できる限り多くの経験を積み、実践的にいろんなことを学べる職場を選ぶように、した方がいいと思います。

求人の募集方法について

求人の募集方法

毎年のように新しい人材を、企業では募集しています。
人事担当者は、自分たちが求めているスキルを持った人を、探さなければなりません。
豊富な経験を持っている人を、採用することが理想ですが、そのような人材を見つけるのは、容易いことではありません。

求人方法では、現代においてはインターネットを活用することが、一般的で非常に貴重です。
今では、自分の意志で仕事のやり方を、決めている人も少なくありません。
派遣や契約社員だけではなく、パートタイマーなど、いろんな働き方があります。

人事担当者なら、求人の内容を明確にすることを考え、求めているスキルに対しても、しっかりとした考え方が必要です。
人材募集の失敗例では、求めている人材が集まらないことが多いようです。
それは募集の方法が誤っているので、漠然とした求人ではなく、スキルを明確にしておくことが大切です。















career930 at 14:55 
転職 

IT業界でも様々な仕事があるについて

IT業界でも様々な仕事がある

転職先としてのIT業界
IT業界の現場を知っておられる方は、おわかりだと思いますが、勤務時間も長く、徹夜作業を行なうことも多く、体力的にとてもつらい仕事が多いです。
ですから、体力がある若いうちに現場で仕事をして、そこから、別の業務に替わるという、ステップを踏むことが理想的です。

SEやプログラマー以外の職種については、特に営業マンなどは、元SEとなれば、会社としても重宝しますし貴重な存在となることでしょう。
また、ITトレーナーという職種も現在、不足しているので、転職先として考えるにはおすすめです。

ですが、これらのSEやプログラマー以外の職種については、ITに対して全くの素人が行なうには無理があることでしょう。
IT業界への転職の傾向を見ても、SEなどとして現場で一度、働いてから、トレーナーや、サポート、ライターなどに移るという方も増えています。

career930 at 11:58 
転職 

求人広告と見方について

求人広告と見方

転職、再就職をする場合、求人広告に掲載されている内容、職種と資格の見方について、知っておいて下さい。

・職種
職種は企業によって表現の方法、仕方が異なります。
同じ職種でも企業により、仕事内容が異なることもあります。
応募する前には、電話などで確認してみましょう。

・資格
求人で必要な資格が記載してあります。
基本的には年齢や学歴のことで、あくまで目安的なものです。
例えば年齢が多少該当していなくても、問い合わせて聞いてみましょう。
しかし専門的な資格が求められている場合もありますから、しっかりと確認しましょう。

career930 at 14:04 
転職 

看護師と志望動機について

看護師と志望動機

◆看護師と志望動機

高齢化社会を迎えた日本では、看護師は大変必要とされている職種ですが、その人材数が不足しているのが現状です。
一方では看護師国家資格を取得し、看護師の仕事を希望する方が増えていることも確かです。
ほとんどの病院の場合、新卒の看護師採用においては短期大学や大学、専門学校の卒業生を対象として採用を行っているようです。

国家試験に合格さえしてしまえば、どのような形でも働けるのが現状です。
看護師になるために看護師学校(専門学校・短大・大学)へ願書を提出する際に、多くの場合「志望動機」が必要になります。
その志望動機には、
「なぜ看護師になりたいのか?」
「看護師になってどのような仕事がしたいのか?」

という事を具体的に書かなければなりません。
さまざまな志望動機がありますが、志望動機に答えはありませんので、自分が納得できる志望動機で良いと思います。 看護師 夜勤専従 バイト 看護師 福利厚生 研修充実 求人

薬剤師の転職をする時の注意点について

薬剤師の転職をする時の注意点

薬剤師の転職に限りませんが、転職の際のポイントとしては、
なぜ転職をしたいのか、転職先でどう活動していくのかを明確にしておくことです。

決断して転職をする時の注意点の一つは、転職先を見つけてから退職すること。
意図せず職を奪われた場合は別として、現状勤め先があるならば、転職先が決まるまではその会社に属しておくべきです。経済的な理由はもちろんのこと、先に止めて転職活動を始めた場合、焦りから十分な判断ができなくなる場合があります。せっかく転職したのに、前の方がマシだったとなってしまっては元もこもありません。

転職をして後悔しない為にも、長い人生を踏まえた視点で考えていくべきです。
例えば、転職サイトでお勧めのキャリアコンサルタントに相談するなりして、一生この会社で行くのか、あくまでもキャリアアップのために利用するだけの会社なのかは考えておきましょう。それによっても働くときの心構えが全然違ってくるからです。生半可な気持ちでは現実的には難しいです。 薬剤師 おすすめ 転職サイト

明石家さんまの転職DE天職について

明石家さんまの転職DE天職

転職に関しては、下記のようなデータがあります。

転職を考えたことがある人・・・80%
転職する人が一番多い年齢・・・29歳
転職して収入がアップした人・・・35%
転職する一番の理由・・・仕事内容が不満

転職するほとんどの人は、現在の仕事に少なからず不満があるようです。

また、
・局アナから住職へ
・出版社副社長から南国の島のオーナーへ
・元「恋のから騒ぎ」出演者が、東京都議会議員へ
・大手広告代理店から野球リーグ経営へ

など興味深い内容のようです。
現在の仕事で行き詰っている方、
何かのヒントがあるかもしれません。
楽しみにしていましょう!

career930 at 18:52 

社内ニートについて

社内ニート

社内ニートと呼ばれる若者が存在します。
社内ニートとは会社に就職しているため本当のニートではありません。
しかし働く意欲や昇進意欲がないため、社内でニート状態になっています。
ついには会社に通っているだけの、「給料泥棒」のような存在になります。

社内ニートが増えている背景には、日本が終身雇用を基本としており、
・容易に解雇できないこと
・転職や中途採用が容易にできる環境にないこと
・若者の就労に対する考えが変わってきたこと
などが考えられています。

このような社内ニートは原因によって、大きく2つのタイプに分けられます。
・もともと希望の会社ではなく、親の縁故や就職難のために、意欲がないまま会社に入社した若者。
・夢や希望を持って入社したが、現実と自分の思い描いていたものとのギャップに失望し、働く意欲を失ってしまった若者。

社内ニートはそのまま退職せずに、会社に在籍し続ける人もいますが、退職して本来の意味のニートになる可能性も高く、ニート予備軍とも考えられます。
ニートには政府による支援を受けることができますが、社内ニートは就職しているため見過ごされています。




career930 at 09:00 
転職