2014年04月21日

介護支援分野8

【介護支援分野 問題8】

居宅サービス及び地域密着型サービスについて正しいものはどれか。3つ選べ。


1 訪問看護とは、一定の治療の必要がある居宅要介護者について、その者の居宅において看護師等により行われる療養上の世話又は診療をいう。


2 訪問入浴介護とは、居宅要介護者について、その者の居宅を訪問し、浴槽を提供して行われる入浴の介護をいう。


3 認知症対応型共同生活介護とは、要介護者であって認知症であるもの(その者の認知症の原因となる疾患が急性の状態にある者を除く。)について、その共同生活を営むべき住居において、入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話及び機能訓練を行うことをいう。


4 定期巡回・随時対応型訪問介護看護には、1つの事業所で訪問介護と訪問看護のサービスを一体的に提供する「介護・看護一体型」と、訪問介護を行う事業所が地域の訪問看護事業所と連携をしてサービスを提供する「介護・看護連携型」の2つの類型があり、要支援者も利用することができる。


5 複合型サービスとは、小規模多機能型居宅介護と訪問看護など、複数の居宅サービスや地域密着型サービスを組み合わせて提供するものをいう。



【解答・解説】


1 誤
  
訪問看護とは、居宅要介護者(主治の医師がその治療の必要の程度につき厚生労働省令で定める基準に適合していると認めたものに限る。)について、その者の居宅において看護師などにより行われる療養上の世話または必要な診療の補助をいう。


2 正 
 
訪問入浴介護とは、居宅要介護者について、その者の居宅を訪問し、浴槽を提供して行われる入浴の介護ををいう。


3 正
  
認知症対応型共同生活介護とは、要介護者であって認知症であるもの(その者の認知症の原因となる疾患が急性の状態にある者を除く。)について、その共同生活を営むべき住居において、入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話および機能訓練を行うサービスである。


4 誤
  
平成23年改正で新設された定期巡回・随時対応型訪問介護看護には、1つの事業所で訪問介護と訪問看護のサービスを一体的に提供する「介護・看護一体型」と、訪問介護を行う事業所が地域の訪問看護事業所と連携をしてサービスを提供する「介護・看護連携型」の2つの類型があるという点は正しいが、定期巡回・随時対応型訪問介護看護サービスの対象は居宅要介護者であり、要支援者は対象とならない


5 正
  
平成23年改正で新設された複合型サービスとは、小規模多機能型居宅介護と訪問看護など、複数の居宅サービスや地域密着型サービスを組み合わせて提供するものをいう。


正解 2、3、5


ケアマネらくらく合格勉強法
~1冊の問題集で1ヶ月で合格~




caremana at 17:17|Permalink介護支援分野 

2014年04月01日

福祉サービス分野7

【福祉サービス分野 問題7】


介護保険における福祉用具について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 取り付けに工事を伴う手すりは、福祉用具貸与の対象である。

 自動排泄処理装置の本体は、福祉用具貸与の対象である。

3 移動用リフトのつり具の部分は、福祉用具貸与の対象である。

4 福祉用具貸与事業者は、福祉用具の保管又は消毒を他の事業者に行わせてもよい。

5 福祉用具貸与事業者は、利用者宅への福祉用具の搬出入に関して特別な措置を要する場合であっても、その費用を徴収することはできない。


【解答・解説】

1 誤
  
取り付けに工事を伴う手すりは、福祉用具貸与の対象ではなく、住宅改修の対象となる。
ポータブルトイレの手すり等、工事を伴わないものについては福祉用具貸与の対象となる。


2 正
  
自動排泄処理装置の本体は、福祉用具貸与の対象である。
一方、自動排泄処理装置の交換可能部品は、特定福祉用具として、購入の対象となる。


3 誤
 
移動用リフトのつり具の部分は、貸与ではなく、購入の対象である。


4 正
  
福祉用具貸与事業者は、福祉用具の保管または消毒を、委託等により他の事業者に行わせることができる。


5 誤
 
福祉用具貸与事業者は、福祉用具の搬出入に特別な措置が必要な場合には、当該措置に要する費用を利用者から徴収することができる

正解
 2、4


ケアマネらくらく合格勉強法
~1冊の問題集で1ヶ月で合格~




caremana at 19:19|Permalink福祉サービス分野 

2014年03月26日

保健医療サービス分野7


【保健医療サービス分野 問題7】


認知症について正しいものはどれか。2つ選べ。


1 外傷や感染症によって生ずることはない。


2 老人性の認知症の一般的な特徴としては、見当識障害、計算力、理解力の低下がみられる。


3 アルツハイマー型では、知能の侵され方にむらがある。


4 認知症高齢者への有効な療法的アプローチとして、回想法があげられる。


5 脳血管性の認知症では、症状の
現れがはっきりしている。



【解答・解説】

1 誤  
認知症は、
脳血管障害や脳変性疾患のほか、外傷性疾患や感染性疾患によっても生ずることがある

2 正  
老人性の認知症の一般的な特徴としては、記銘・記憶力障害を中心に見当識障害、計算力、理解力、判断力の低下など知的機能の低下があげられる。

3 誤  
知能の侵され方にむらがあるのは、アルツハイマー型の認知症ではなく、脳血管性の認知症である。
アルツハイマー型では症状が全般的に現れ、人格が早期に障害され、社会生活や日常の個人活動にも支障が起こる。

4 正  
認知症高齢者の知的レベルや生活全般の能力を改善するための積極的な介護の代表的なものに回想法がある。
回想法とは、認知症高齢者の昔の思い出や生活暦を聴く面接技法をいう。
対象者が比較的よく覚えている自分の過去の出来事を回想し、自信をもって語ることで、現実への適応、社会性の改善に効果があるといわれている。

5 誤  
脳血管型では、明らかな脳卒中を契機とする場合だけではなく、いつとはなしに梗塞が進んで認知症となる場合があり、必ずしも症状の
現れがはっきりしているというわけではない


正解 2、4


ケアマネらくらく合格勉強法
~1冊の問題集で1ヶ月で合格~




caremana at 13:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)保健医療サービス分野