2014年05月03日

広報誌

日記の更新はすっかり滞ってしまってますが、元気に活動してます!!

今までに発行した広報誌を掲載していますので、ご覧ください。

広報誌第1号(PDF)
広報誌第2号(PDF)
広報誌第3号(PDF)
広報誌第4号(PDF)
広報誌第5号(PDF)
広報誌第6号(PDF)


carering at 14:29|Permalink

2011年07月05日

花、咲く

110705_081733_s5月にボランティアの花植えの先生と一緒に植えた花が、鮮やかに咲いています

なんか、しばらくは、地面にへばりつくよう葉ばかりが茂っていたので、これは大丈夫なんか!?と心配していましたが、先生の言うとおり、色とりどりに咲き乱れるようになり、おおおっさすがっ です

この花、朝咲いて、夕方しぼむんですが、出勤して30分くらいの間に、見る見るうちに咲いていくのを見るのが楽しみになっています

110705_081712_s


carering at 19:03|Permalink

2011年06月24日

110610_121801_s極度の衰弱状態から見事に復活された利用者さんが、

「死ぬまでにどうしても食べたい」

と口火を切り、

「ほなワシも、ワシも」

と盛り上がり、じゃあちょこっと行っときます?というわけで(笑)。


(写真はイメージです

carering at 18:44|Permalink

2011年06月15日

定番 陶芸教室

110607_150448_s「そういえば、火曜日の利用者さんは陶芸したことがないんじゃない?」
というわけで、またまた京都匠塾さんのスペシャルキャンペーンにお世話になって、陶芸教室を開きました

「そんなん、ようせんで」と始める前は不安いっぱいだった方も、ちゃあんとがんばって立派な茶碗を仕上げてくださいました

後ろでは子供たちも土をコネコネ

焼き上がりが楽しみです
何色で焼いてくれはるのやろ?



carering at 18:31|Permalink

2011年05月30日

収穫を目指して

110524_104042_s丹波地方は昔から農業が盛んです。
丹波のマツタケや、丹波栗、黒豆など有名なブランドも多く、食の宝庫といわれています。
当然、利用者さんにも農業をしてこられた方が多く、その知恵を生かさない手はない

とは言っても、敷地内に畑があるわけでもなく、最初からあんまりやりすぎてもあっぷあっぷしてしまうので、まずは家庭菜園でもおなじみのプチトマトから

「トマトは水かかると病気になりやすいから、わらなんぞを引いて水をあげたときに水がかからんようにせないかんで。水はトマトにあげるんじゃなくて、わらにあげる感じでよい。」
さすが

サツマイモも植えました。
夏・秋が楽しみです
でも草引きは大変そう・・・
110524_103955_s


carering at 09:34|Permalink