コロナ時代のフレイル対策

新型コロナウィルス感染症は、高齢者においては感染の危険性だけではなく、家に閉じこもることによる健康への悪影響が懸念されています。
なかでも、動かないこと(生活不活発)で、フレイル(虚弱)が進みます。
たとえば、高齢者が2週間の寝たきりになると、失う筋肉量は、加齢による7年間で失う量に匹敵するといわれています。
コロナ禍で外出を控えることは、歩行機会が失われ、筋肉の量や質の低下を招く大きな原因となるといえましょう。
食事は筋肉のもととなるタンパク質を中心に、さまざまな栄養素をバランス良く摂り、筋肉を減らさないように心がけましょう。



ケアーズ松阪のブログ:ケアーズ日記
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪:看護師・理学療法士
看護師・理学療法士リハビリ:松阪 訪問看護・リハビリステーション
ケアーズ訪問看護松阪 ステーション日誌:こころを込めた訪問看護を

深夜に目が覚める「中途覚醒」

深夜に目が覚める「中途覚醒」に悩む人は少なくありません。
入眠障害などと同じく不眠症の症状のひとつで、年齢を重ねると目立ってくるようです。
できるところからで構いませんので、少しずつ試してみるとよいでしょう。

①規則正しい生活
②運動の週間を身に着ける
③ストレスをためない
④夜はぬるめのお湯でリラックス
⑤寝る前の水分のとりすぎ、カフェインは避ける
⑥眠れなくても寝酒はしない

不眠は「夜眠れない」という苦痛だけでなく、日中の眠気やだるさ・集中力が落ちるなど、ライフスタイルに大きく影響します。
あまりに改善しないようでしたら、病院で相談するのもひとつです。
抱え込まずにお医者さんに相談してみましょう。



ケアーズ松阪のブログ:ケアーズ日記
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪:看護師・理学療法士
看護師・理学療法士リハビリ:松阪 訪問看護・リハビリステーション
ケアーズ訪問看護松阪 ステーション日誌:こころを込めた訪問看護を

歯周病とがんの関係

歯周病をお口の中だけの病気と思われている方は多いと思います。
歯周病は全身の健康に大きな影響を及ぼす感染症です。

以前に、九州歯科大学である研究が行われました。
5本以上自分の歯を歯周病などで失った場合、そうでない人と比べて消化器系のがんで死亡する確率が、約2~3倍も高くなったことが明らかになりました。
また、熊本大学大学院生命科学研究部の研究により、歯周病と食道がんと関係があることがわかりました。
歯周病菌の中に、”フゾバクテリア”というものがありますが、食道がんの手術を受けた患者の20%から、このフゾバクテリアが検出されました。
さらに、フゾバクテリアが検出された人とされなかった人の術後の生存期間を比べたところ、検出されなかったグループの3年生存率は79%、そして5年生存率は75%だったのに対して、検出されたグループは3年生存率が64%、5年生存率は59%で、大きな差が生じました。
2008年、イギリスのImperial College Londonで行われた研究によると、歯周病のある人は、膵臓がんになる確率が54%高まったことが明らかになりました。
膵臓がん以外にも、腎がん49%、肺がん36%、血液がん30%とそれぞれ発症リスクが高くなることがわかりました。

このように、歯周病はがん、及びがん治療と関係しています。
がんのリスクを減らすためにも、口腔ケアに力を入れましょう。
毎食後歯磨きをすることや、デンタルフロスなどを用いて歯間部を清掃すること、加えて3ヶ月に1度は歯科医院で全体のクリーニングを受けましょう。お口の中から体の健康を考えましょう。




ケアーズ松阪のブログ:ケアーズ日記
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪:看護師・理学療法士
看護師・理学療法士リハビリ:松阪 訪問看護・リハビリステーション
ケアーズ訪問看護松阪 ステーション日誌:こころを込めた訪問看護を

ギャラリー