爪を噛む癖で死にかけた…ある男が体験した「敗血症」の恐怖


他人事ではありません。ぜひ改善を…

「爪を噛む癖」がある人は、すぐにでもやめた方がいいかもしれません。

「爪噛み」は神経質な人に多い癖です。悪い癖として指摘されがちなこの行為ですが、英国のある男性にとっては単なる悪い癖では済みませんでした。

英「ザ・サン」紙によれば、2人の子供をもつ28歳のルーク・ハノマン氏は、爪を噛んだときにできた小さな切り傷が原因で敗血症に。もう少しで死ぬところだったと言います。

「以前から、日常的に爪を噛んでしまうことが…それは不安なときの癖でした。そしてある日、私は爪の下側の指を切ってしまいました。そのときは少し痛みはありましたが、特に問題はないと思っていたんです」と、ハノマン氏。

その週の後半になって、彼には気味の悪い症状が現れ始めました。集中できなくなり、そのうち冷や汗が出始めると体の震えが止まらなくなったのです。また、指は腫れ上がり、ズキズキと痛み始めました。当初ハノマン氏は、それが単なるウィルス感染だと思い、「寝れば治るだろう」と高をくくっていたそうです。

 それは金曜日のことでした…。ハノマン氏は夜にベッドに入ると、なんと、母親が様子を見に来た翌日の午後2時まで目を覚まさなかったのです。

このとき、彼は高熱を出しており、全身に感染の徴候を示す赤い線が現れていました。母親は「NHS(英国民保険サービス)」に電話をかけると、今すぐ彼を病院に連れて行くよう指示を受けたと言います。その後、ハノマン氏は4日間入院し、敗血症の治療を受けたそうです。

このような経験をした彼だからこそ、この病気への関心を高めるために当時のエピソードを語ってくれたのです。

「医師たちによれば、私はこれほど長く耐えられたのは幸運だったそうです。『敗血症性ショック』を起こす寸前だったんだそうです。医師と看護師はとても良くしてくれました。私をあまり心配させたくなかったのでしょうが、当時彼らは私がどれほど危険な状況であったかについては語りませんでした。私が回復してきたときに、『死ななかったのは運が良かった』と教えてくれたんです」とハノマン氏。

「敗血症」は細菌感染症が制御不能になることで発症し、免疫反応により、臓器障害や組織の損傷をもたらすことがあります。敗血症は発見が遅れたり、効果的な抗菌薬治療がすぐに開始されなかったりすると、敗血症は急速に進行します。そして、重症に陥ると敗血症性ショックを起こしかねず、症状が重くなればなるほど致死率が高くなるのです。

メイヨー・クリニックによれば、敗血症の症状には心拍数や呼吸速度の上昇、呼吸困難、冷や汗、錯乱、腹痛などがあると言います。

また、「米疾病予防管理センター(Centers for Disease Control and Prevention、CDC)」によれば、米国では毎年150万人以上が敗血症を起こし、およそ25万人が死亡しているとのこと。敗血症は特に高齢者など免疫システムが弱っている人にとって、リスクが高い疾患です。そして、ほとんどあらゆる感染症が敗血症をもたらす可能性があるのです。

ケアーズ訪問看護松阪:訪問看護・理学療法

ケアーズ松阪のブログ:ケアーズ日記
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪:看護師・理学療法士
看護師・理学療法士リハビリ:松阪 訪問看護・リハビリステーション
ケアーズ訪問看護松阪 やりがい日誌:こころを込めた訪問看護を

歯周病が認知症に関与しているという説は本当か

差し迫る超高齢社会を目前に、医療や介護、社会保障を脅かす”2025年問題”として非常に緊迫感を増しているのが、認知症患者の増加である。

厚労省によると、認知症高齢者数は2012年の時点で全国に約462万人、そして2025年には認知症患者が700万人を超えると推計している。これは、65歳以上の高齢者のうち、5人に1人が認知症に罹患するという計算にあたる。

認知症にはさまざまな種類があり、それぞれ原因や症状が異なるが、その中でも認知症の大部分を占めるのがアルツハイマー型認知症だ。進行性の病気で、脳の細胞が死滅、機能が悪化することで、物忘れをはじめとしたさまざまな障害が生じ、日常生活に支障をきたす。歳をとれば誰にでも起こりうる身近な病気であることから、その予防、診断、治療法の開発が急務となっている。

近年になり、糖尿病や高血圧といった生活習慣病がアルツハイマー型認知症の発症と関連があることが科学的に証明された。すなわち、認知症の予防には日々の正しい生活習慣が重要である、ということだ。

そんな中で、予想だにしない事実が明らかになってきた。アルツハイマー型認知症に、なんと歯周病が関係している、というのである。

ケアーズ訪問看護松阪:訪問看護・理学療法

ケアーズ松阪のブログ:ケアーズ日記
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪:看護師・理学療法士
看護師・理学療法士リハビリ:松阪 訪問看護・リハビリステーション
ケアーズ訪問看護松阪 やりがい日誌:こころを込めた訪問看護を

左右の視力差が0.5以上ある人は疲れやすい


頭痛や腰痛など、「身体の片側だけに痛みや異変が現われた」という経験のある方は多いだろう。そうした症状を見過ごすと、取り返しのつかないことになるかもしれない。体調不良の“左右差”は重大な病気のサインであることが少なくないからだ。

【左右で10以上の血圧差 動脈硬化、糖尿病の疑い】
健康診断や人間ドックで必ず測る血圧。「左右どちらでもいいですよ」と言われるが、実はどちらで測っても同じ血圧値というわけではない。きくち総合診療クリニックの菊池大和院長が解説する。

「一般的に、血圧は左上腕よりも右上腕のほうが少しだけ高いことが多い。これは心臓から大量の血液を送り出す大動脈が、右半身に向かって出ているためです」

 ここで注意したいのは「左右どちらも正常値」だからといって安心できないことだ。その差が左右の収縮期血圧(上の血圧)で10以上ある場合について、菊池院長はこう指摘する。

「動脈硬化で血管が狭くなっている、あるいは閉塞していると考えられ、その原因として糖尿病、高脂血症などが疑われます。

 1か月程度、継続的に両腕で血圧を測り、10以上の差が続く場合は総合診療医を受診することを勧めます。また、左右差に加え、胸痛や背部痛など他の症状を伴う場合は、緊急処置の必要な大動脈解離が疑われます」(菊池院長)

【視力差が0.5以上 骨折、認知症のリスク】
他にも、左右で数値が異なる例として、「視力」がある。二本松眼科病院の平松類医師は、視力差を軽く見てはいけないと警鐘を鳴らす。

「なぜ左右で視力に差が出るのかは医学的にわかっていません。ただ、左右で視力差が0.5以上ある人は疲れやすく、気分が悪くなったり、頭痛がしたりして日常生活にも影響が出ることが多い」

 特に“利き目(*注)”の視力が落ちた場合は注意が必要だ。

腕や足と同様、人間の身体には左右どちらかに優位が生じるが、利き目は一般的に右目の人が多いとされる。無意識のうちに同じ目を酷使して、左右に視力差が生じることで遠近感が掴めなくなり、雑踏で人にぶつかったり、階段や坂道で転んだりする可能性が高まるという。

「高齢者の場合、転んで骨折などをすれば、そのまま寝たきりになるケースが少なくない。寝たきりになれば、認知症にもなりやすくなる。だから、高齢者で視力差がある人は眼科を受診して、視力にあった眼鏡やコンタクトを使うようにしてください」

ケアーズ訪問看護松阪:訪問看護・理学療法

ケアーズ松阪のブログ:ケアーズ日記
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪:看護師・理学療法士
看護師・理学療法士リハビリ:松阪 訪問看護・リハビリステーション
ケアーズ訪問看護松阪 やりがい日誌:こころを込めた訪問看護を

ギャラリー