カーシェアリングは現在、
個人での利用や、会社で契約されて
利用されています。


そのカーシェアリングが、
オフィスビルでも運用されることになりました。
新しく登場したのが
企業間でカーシェアリングをする、ということです。

最大のメリットは、経費節減です。



カーシェアリングは企業同士で

この春、複数の企業が契約しているオフィスビルに、
カーシェアリング導入が実現されました。


三井不動産の子会社である、カーシェアリング・ジャパンが
千葉市のワールドビジネスガーデンのテナント企業向けに、
法人会員制カーシェアリングサービスを展開しました。


garden
 

このビルにはテナントが約180社入っており、
就業者数は約8,300人と大規模なオフィスビルです。

シェアカーの車は、10台用意されています。






オフィスビルに設置する利点

敷地内にカーシェアリングサービスがあれば、
ステーションに車を取りに行くことなく、
すぐに利用することができます。

「近い」これが一番大事です。

さらに特典として
夜間パックの10分あたりおよび夜間パックが
業界最安値に設定されており、
取引先への直行や、直帰にも利用しやすくなっています。
オフィスビルで利用しやすいように
設定されています。


企業の福利厚生にも利用

登録された運転者だけになりますが、
プライベートで個人でも利用することができます。




日本に根付くカーシェア

カーシェアリングは便利で、
手ごろな値段で使い勝手がいいです。


都心部の駐車場問題などを考えると
国土が狭い日本では、
みんなで共有して使う、ということが駐車場の節約にもなり、
ぴったり合っているかも知れません。

特に都心でビルの駐車場をレンタルしているところは
企業の社用車の維持費節約にもなります。


どんどん広がるカーシェアリング。
ますます人気がでそうです。