カーシェアリング、
いろいろな車種が用意されていて
選び放題。
うれしいですよね。

乗る人数によって、少し大きめの車にしたり…
なんてことあります。

車が変われば車体の大きさも変わります、
ハンドルやシートの座り心地も違います。

慣れない車って、ちょっと不安ですよね。




車を借りて、まずすることは車の感覚を覚えることです。

ハンドル操作、ブレーキの踏み具合や
車体の大きさなど頭に入れます。
ハンドルやシートは自分の使いやすい場所に
調節することが大事です。
ミラーも忘れずに。


気を付けなければいけないのが、
いつも小さい車に乗っている人は
車体の長い車に乗った時の感覚の違いです。




右左折するとき

いつもより、大きい車に乗る場合には
左折する場合には、少し大きくふくらんで回らなければ
後輪が歩道に乗り上げます。
車体の長い車は内輪差が大きいので
歩行者や自転車などを後輪で巻き込むので注意が必要です。





駐車


これが一番難しいかもしれません。
車体が長ければバックも少し大回りです。
隣の車にぶつけないよう注意しましょう。

最近のレンタカーや、カーシェアリングの車には
バックモニターが搭載されているので
それを見ながらゆっくり入れるのも手です。




結局、運転は「慣れ」

車により、ハンドルや、ブレーキの踏みこみ具合も
多少違います。
車体が大きい車で人数が多い時、荷物が多いときなど
ブレーキの利き具合も違います。
止まる時は早めに踏み込みましょう。

雨の日は止まる距離も長くなるので注意が必要です。





車に乗る準備ができたら…

カーシェアリングで車を借りるときには
乗る前に車両のキズの確認をしましょう。
予約開始時間の約10分前よりICカードにて開錠が可能になります。
その時間を利用して、車に傷がないか
不具合がないかどうか調べましょう。

慣れない車に乗るとこすったりして、傷をつけてしまう
可能性もあります。
他の人が傷をつけたものが自分のものだと言われないよう
必ず確認しましょう。



タイムズカープラスでは
運転が苦手な人に
乗りやすいおすすめの車をネットで公開しています。
そういったことも参考にしながら車を選ぶのもいいですね。