一生の維持費

一般的な家庭では、持家の次に大きな出費といえば
マイカー。

「維持費」といえば税金、保険、メンテナンスなど
車を持っていればかかるもの、と考えがちですが、よく考えてみると、
車をローンで購入した人は
毎月その負担もかかる、ということを忘れていました。

車を購入する際に一括でまとめて払えば上記の「維持費」だけ
ですが、たとえば、毎月3万5千円ほどの車の
ローンもあれば年間の維持費は合わせて80万円ほどになります。


5年ほどかけてローンを返したら、少しは楽にはなりますが
また、次の新車に買い替えて…なんてことをしていたら
いつまでたっても高額な維持費が必要になります。

車の購入費を入れないで、「維持費」だけを
一生分で計算すると、
普通車で、維持費は年額(平均的な)約40万円ほど。
30歳で買って、30年間車に乗り続けたとしたら、
トータル、1千200万円もかかります。




「維持費」だけで1千万超え!

家が買えそうなくらいの金額です。
一生で計算すると、ものすごい金額を払っているのだと
改めて思いました。
しかも30歳で30年乗っても60歳。
私なら、65歳くらいまでは車に乗るような気がします…。




この金額ならば…!!

マイカーを持たないでタクシー、レンタカーを使っても十分足りるという
試算があります。

近距離の買い物はタクシー、
休日や旅行など、少し遠出するときはレンタカーを利用、
そうすればマイカーを持たないで
車の「維持費」を軽減することができます。


単純に言えばそうなりますが、
小さい子供や、お年寄りがいる家庭では
いちいちタクシーなんて呼んでいる暇は
ありませんね。

「マイカー」だからこそ価値があるのです。




一番維持費がかからない車は、軽自動車


エコカーも燃費がいい、と言われていますが、
燃費がよくても、車体が高額ならば、結果的にかかる金額は
とんとんだといいます。

税金などを考慮すると、行き着くところ、
維持費が安いのはやっぱり軽自動車になります。