「カーシェアリング」 と、「 レンタカー」 の違い

大まかに言えば、

「カーシェアリング」は、登録して特定の人と共有して車を使います。

「 レンタカー」は、不特定多数の人が使います。





カーシェアリングの普及



「カーシェアリング」、最近よく耳にしませんか?
高齢者が増える世の中、車の維持費がかかり払うのがきつくなってきた…
それでも車がなくては不便…自分で自由に使える車が身近に欲しい、
などのさまざまな理由で、
「カーシェアリング」が注目されています。

すでに自治会やマンションで 、
「カーシェアリング」を実施しているところもあります。

また、コンビニエンスストアでは、2009年ころから、
スリーエフとミニストップが駐車場を活用した
「カーシェアリング」のサービスが始まっています。
今ではサークルKサンクスや、
2015年にはファミリーマートとタイムズ24の「タイムズカープラス」が提携、
サービスを開始、ますます便利になってきています。



コンビニで全国展開


タイムズのカーシェアリングサービスの会員数は現在51万人ほどいます。
カーシェアをするには入会手続きが必要ですが、
車があればいつでも近くのコンビニで借りれるというのが便利ですね。


どちらかというと、駐車場代が高額な、関東などに利用が多いようですが、
全国に広がるコンビニ、高齢化社会も拍車をかけて、
利用者数もどんどん増大しています。


タイムズのカーシェアリングサービスは規模が大きく、
どちらかというと”レンタル”に近い要素がありますね。