毎年やってくる、自動車税の納付の通知。

分かっていても、見るのが嫌ですよね。

さて、その自動車税ですが、もし、支払わなくて
そのまま乗っていたらどうなるのでしょうか?
ちょっと疑問に思ったことってありませんか?




納付期限までに、自動車税を支払わなかった場合は
どうなるのか?


督促状が届きます。
これには従来の自動車税に、支払いが滞納された期間の
延滞料もプラスされて、割高になった金額が記載されてきます。

しかも、この督促状を無視して、さらに支払わなければ
また、次も同じような書状が届き、
延滞料も追加で加算されて、
納付しなければならないお金が、どんどん増えてしまいます。
できるだけ早く払うのが得策です。



督促状を無視し続けたら…

 税務署もだまっていません。
そうなると、預金通帳が差し押さえられてしまいます。
そして預金から、自動車税が取り立てられます。
それで終わればいいのですが、
万が一、預金口座のお金が不足していた場合は
最終手段として
資産差し押さえ(車や、持家など)になります。


そこで、また支払わなかった場合は、
強制で車や家が競売にかけられ、
その売ったお金で税金分が支払われる、
というしくみになっています。




こわいですね。
最後には財産が売られてしまいます。
そうならないうちに、
自動車税は期限までに早めに納めましょう。