車の維持費。
車両購入や、自動車税、自賠責保険、車検、駐車場代に
ガソリン代、修理代……。
毎日、毎月、毎年、支払いが延々と続きます。

車を生涯、所有すれば、1千万円以上の経費が掛かります。

よほどの収入がなければ
払っていけません。



若者の車離れ

若い人たちは給料が少ない、というのは言うまでもありませんが、
車が欲しくても、ローンや維持費を払っていけない、
というのが現状です。

都心では、交通の便がよく、
電車やバスを利用すれば、不便は感じないといいます。

また、車が必要になれば、
レンタカーや、カーシェアリングで
その時だけ車を利用することができるので
高いローンをかけて、車を購入する必要はない、
といいます。

レンタカーは、借りる時間単位が長いですが、
カーシェアリングは最低15分から借りれます。
会員登録が必要ですが、レンタカーと違って、
身近なコンビニや、マンションの
”ステーション”と呼ばれる駐車場から、すぐに借りることができます。

安さや便利さ、
しかもスマホやパソコンから、楽に予約もできて、
若者達に人気です。

高い維持費を払わなくても
使いたいときに、使いたいだけ使えるカーシェアリングは
若者のニーズに合っているようです。



車離れ、といいますが…

カーシェアリングの利用で、車の購買意欲が低下しているかと言えば
決してそうではありません。
ただ、経済的に苦しいのであえて持っていないだけです。

それを世間では”車離れ”、なんて言うのです。

そもそも、日本が不景気だから
カーシェアリングが流行っているだけで、
好景気になれば、逆に、車を購入する人が増えてくるはずです。




カーシェアリングは車との出会い

カーシェアリングで気軽に、いろいろな種類の車に乗れるので
車との出会いは豊富です。

高額な輸入車や、高級車にも乗ることができます。

カーシェアリング料金は、少し割高になりますが、
将来、こんな車を持ちたいな、この車いいな、という
購買意欲は目覚めてくるかも知れません。

車離れは、したくてしているのではないのです。