ガソリン代、駐車場代、自動車税、
重量税、自動車保険、メンテナンスなどの車の維持費。

今日は具体的にどれくらいの金額になるのか
見ていきましょう。


平成27年4月以降に新車を購入する際にかかる費用のシュミレーションです。
燃費などだいたい平均的なところで出しています。



車の維持費


軽自動車普通車備考
自動車税  10,800円  39,500円普通車は2000ccクラスと仮定
自動車重量税   3,300円  16,400円普通車の重量は1.5t超と仮定
ガソリン代  90,000円112,500円
車検代  50,000円  50,000円
自賠責保険代  13,185円 13,920円24ヶ月で
軽自動車 26,370円
普通車     27,840円
任意保険代  40,000円 40,000円
駐車場代120,000円120,000円
合計(年間)327,285円392,320円
月額平均 27,273円 32,693円



普通車でも、もう少し車体の大きい車であれば
税金やガソリン代が増えます。


表から分かることは
大きな違いがでているのが、自動車税、自動車重量税、ガソリン代です。
これらの金額の差は、車の大きさや排気量などが基準になっているためです。

逆に車の大きさに関係ない保険料は
どちらもほぼ同じ金額になっています。




維持費を見てみて…

毎回少しずつ払っているものも、年間にして合計すると
ものすごい金額ですね。
普通自動車で392,320円!!
これを一度に払え、と言われても絶対無理ですが、
しっかりと分散されているので、なんとか払っていけるのです。

この表をよく見ると、
修理費用やタイヤ交換など、使用頻度により、
個人に大きな差がでるメンテナンス費用は
項目に含まれていません。

正確には、普通自動車であれば、392,320円に、「消耗品費用」を足したものが、
維持費になります。




維持費がかからないのは、軽自動車

軽自動車と普通乗用車を比べると、
1ヶ月あたり5,400円の差があります。
年間にすると約6万5千円。
10年乗ったとしたら65万円の差になります。

こうして見ると、軽自動車の方が維持費が安く
お得だということがわかります。