カニフィル最新情報!

2017年9月16日(土)
第16期 第6回練習
09:00 ~ 12:30 フィル練習 (午前) 弦個人練 / アカデミー音羽 (洋室A)
09:00 ~ 12:30 フィル練習 (午前) 管個人練 / アカデミー向丘 (音楽室)
13:00 ~ 17:30 フィル練習 (午後) 弦分奏 / アカデミー音羽 (多目的ホール)
13:00 ~ 17:00 フィル練習 (午後) 管分奏 / 志茂東ふれあい館 (ホールA+B)

こんにちは楽団カーニバルフィルです

な、な、な、なんと
楽しみにしていた連休は台風に飛ばされてしまいましたね

IMG_5552
カニフィルでは台風接近中もなんのその
元気に楽しく練習してきましたー

今回は、弦と管が分かれて分奏練習しました


<弦分奏>
IMG_1263
チェロの救世主とヴィオラのメンバー。ウム、こうか。
現在、ヴィオラ3人、チェロ3人、、、もっと仲間がほしいです〜

IMG_1262
余裕の表情。Cbは私に任せなさい

現在、コントラバスは1人でがんばっております
ぜひぜひ一緒にやりませんかーお助けを〜

IMG_1255
飛ぶ鳥を落とす勢いのバイオリンパート、しばし休憩、リラックス
ヴァイオリンパートは最近仲間が増えて、充実でうれしいです

IMG_1266
アラビアンナイトの夢も覚め、笑顔いっぱいの練習後の集合写真

弦分奏おつかれさまでしたー

<管分奏>
IMG_5553
管はベースの人数が少なめなので、分奏は団らんしながらほのぼの練習します

この先の練習予定は、音楽祭の合同練習が二週連続あるので、スメタナの練習はしばらくお預け
というわけで、今回はフリアントとブラニークをがっつり練習しました

音楽監督が急きょ練習を見てくれたのですが。。。
IMG_5556
あれぇ、休憩はまだかな…

IMG_5557
あれぇ、まだかな…はぁ休憩まだかぁ…
それから10分後…
「では、25分まで休憩です」

ほわぁ、よく集中して練習したなぁ〜
音楽監督に、リズムとテンポ感をびしっと叩き込んでもらいました〜
忘れないようにしなきゃな・・・

13時半からはじめて、5分くらいの休憩をちょこちょこ挟んで、16時過ぎまでがんばりました
合奏では、なかなか細かく練習できないので、とってもいい練習になりました

IMG_5558
今日も管分奏おつかれさまでした

次回は、総合音楽祭の4楽団合同練習ですがんばりましょう

カーニバルフィルは団員大大大募集中です
団員募集のページをポチっとな



演奏会のご案内

初心者のための楽団カーニバル2001フィルハーモニーオーケストラ
第15回総合音楽祭

2017年11月25日( 開場・開演時間未定
なかのZERO  大ホール

入場無料(全席自由)

・単独ステージ
No曲目
1. スメタナ / 「わが祖国」より 第6曲 「ブラニーク」 Smetana / My Fatherland: VI. Blanik
2. スメタナ /  歌劇「売られた花嫁」よりフリアント Smetana / The Bartered Bride , Act II Furiant




2017/7/29 第15回定期演奏会
おかげさまで「第15回定期演奏会」終了しました
ご来場いただき、誠にありがとうございました
引き続き11/25の第15回総合音楽祭、来年の第16回定期演奏会も、ご声援よろしくお願いいたします
当日の演奏会の様子はこちらをクリック!

団員インタビュー #4 ホルン Nさん

interview_vol3

入団前の楽器/音楽の経験は?
小学生の時アルトホルンをはじめ、ホルン・トランペット・コルネット・チューバ・クラリネットと渡り歩きました(笑)現在のホルンは大学入学から始め、7年目になります。

入団の決め手となったことは?
interview_vol3-1ちょうど入団検討時の次回の演奏会がシベリウスの交響曲第2番で、「是非吹きたい!」と思いました。また団費が安い(1回の練習200円)のも魅力ですし、ギスギスした所がなく、失敗してもみんなで笑っていられるのがとっても居心地がよかったです。

カニフィルに入って良かったなぁと思う瞬間は?
interview_vol3-1いろいろな名曲をやれるのが嬉しい。まぁ他のオケでもやれるんでしょうけど、難曲・難パッセージにあたった時でも、みんなで頑張っているのが楽しいし、 「はまった時」はもう何とも言えません。


アマオケを探している人、入団を検討している人へ
ぼくらのような20代から還暦オーバーの方まで、みんな仲良く、
 温泉・バーベキュー・山登りなどアフターも楽しんでいます。経験が浅いけれど、オーケストラをやってみたいという気持ちがあれば、このオケがぴったりだと思います。一緒に練習しましょう!
interview_vol4-3