今日のアキヒロ君

0−3で日本ハム

2度の併殺でハム投手陣を捉えきれず3連敗。


      
      
      

    
「今日のポイントは3回表。山崎の送りバント失敗である。」と、随所で言われている。確かにその通り。

ただ

・ノーアウト1,2塁&1割打者山崎 → 相手にバントを完全に読み切られている
・2塁走者が足の良くない野村
・球を殺しにくい人工芝

という状況を考えると、あの場面でバントを決めるのは決して易しいことではなかったと思う。まぁそれでも決めなきゃいけないのがプロなんだけれども。で、6回表。明らかに懲罰交代と思われる東出との交代がありました。
その采配に対する難クセは後ほど。


さて、今日の一番の見せ場は言うまでもなく

ショート東出

キャンプでもファームでも今シーズンほとんどショート守備についていなかっただけに大丈夫か?!と、思っていたらしっかり木元のなんでもないショートゴロをふんわりまろやか送球でセーフにしてあげちゃったりとその実力をいかんなく発揮しておりました。

打の方でも、8回表1アウト1,2塁。ここで打ったら流れが変わる!というところでしっかりゲッツー。どうしてこの子はこうレギュラーをつかみ取れるチャンスでことごとくダメなんだろう。。

で、ここで先ほどの山崎のフォローにつながる訳ですが、6回表でショート山崎を代えてしまったおかげでショートの残り駒が足りなくなり、8回表のチャンスで東出に代打を出せないという事態に繋がったわけです。まぁそれは穿った見方だとしても、エース黒田でこれ以上失点が許されない状態で守りのエース山崎を下げてどうするよ。というツッコミくらいはさせて頂きたい今日の試合でした。(失点しなかったから良いじゃん。というわけじゃないぞー)