DSC_5342


この巨人3連戦。

首位を独走する巨人を相手に

カープの先発投手は、久本―中崎―中村(恭)。

下手したら昨年のファームのローテといってもおかしくない顔ぶれ。

戦前の予想も苦しいものでしたが、1、2戦はその予想通りの展開で巨人に力負け。

マエケンとエルドレッドというエースと四番を欠く苦しいチーム事情ですが、今日の試合は絶対に落としたくない戦いでした。


そんな追い詰められたカープでしたが、巨人のエース内海を相手に中村(恭)はよく投げてくれましたね。

正直な所、序盤の2回3回は一点を取られてもおかしくない状況でしたが、尻上がりに内容が良くなり巨人打線を6回まで1失点に抑える好投。7回に惜しくも捕まってしまいましたが、先発としてよく試合を作ってくれたと思います。


そして、その好投が7回裏の同点劇を産んでくれました。
あの前田の同点タイムリーの場面は球場が総立ちでものすごい盛り上がりでしたね。

更に、最後のサヨナラのシーン。

松山が放った当たりは今のカープを象徴するようなボテボテの当たりではありましたが、チームの、そしてファンの思いが乗り移ったかのように巨人の選手達のグラブをすり抜けて行きました。


苦しい状況の中、本当に我慢を重ねてのサヨナラ勝ちでしたが、この勝利がチームに勢いをもたらすサヨナラ勝ちになってくると嬉しいですね。


皆さんのコメントはこちらです。


いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ