2007年05月18日

不安

最終回、あそこで矢野にタイムリーがでてもおかしくないくらい、永川の制球が悪かった。8回、2死を宮崎がとったところで、マーティーがマウンドへ。スマイリーに宮崎と握手。左ではなくまだ準備が途中であったように見える永川がマウンドへ。やはり途中であったからフォークがワンバウンドしかなり荒れていた。鳥谷にもストレートの四球。関本には投げる球がなく打たれて当然で右に運ばれる。シーツが当たってない分たすかったが、矢野が関本のような打撃を調子がよかったらしていただろう。怪我もしているから、事なきを終えた。これが巨人や、中日なら、こんなのは見逃してはくれない。とにかく、もう1球使える球がほしい。現状の阪神だから通用するのであって、他には通用しない。今日もヤクルト戦があるき、昨晩41球も投げてしまうと、連投は疲れる。昨年の永川にはこんなこと書かない。今年は明らかに悪い。ストレートとフォークでダメな時はある。例えば調子が来年よければまたストレートとフォークだけで勝負すればいい。臨機応変にやるべきだ。一時本当に不調のときに先発をやった時にスライダー、カーブを投げていた。投げれないことはない。昨日の永川の気迫にはいい評価がでているみたいだが、上を狙うチームとしては決してよいとは思わない。高橋建を初めて今年みたが、今回も球にキレがあった。145キロ近いストレートにシンカーが冴えていた。7回金本に1発打たれてからがすごかった。林を3球勝負。今年は違うなと思ったのは、ホームランを全く気にせずにどんどん責めていっていた。しかも1点しか点差がないのに、とにかく責めた。野手を信じていっていたし、つまりそれはプラス思考。マーティーイズムが確実に浸透していた。まさに「ALLーIN」の真骨頂であった。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星