aamall

2007年01月18日

1/18 強弱材料

強気材料

・再編の流れ、三菱ウェル・田辺合併、TBS、自社株TOB検討
・新興市場堅調、主力株方向感定まらず中小型へシフト
・日経平均、押し目買い意欲強く昨年4月高値への意識高まる
・金融政策決定会合終了後の悪材料出尽くし感
・06年の工作機械受注額、過去最高を更新
・NY円相場は横ばい、1ドル120円60-70銭
・米地区連銀経済報告「ほとんどの地区で緩やかな経済成長を示した」
・米アップルが時間外で上昇、予想上回る決算
・メリル機関投資家調査、日本株に強気姿勢
・米住宅株堅調、大手レナーが強気見通し
・NY金相場は反発
・三菱商、韓国鉄鋼最大手ポスコへの出資を拡大
・ハイテク株堅調、再編期待
・株式投信への2006年の資金流入額、19年ぶりに過去最高を更新

弱気材料

・米国株下落、生産者物価指数やインテル決算嫌気
・シカゴ225先物、大証比45円安
・利上げ見送り論浮上、政策決定会合での結果見極めで積極的に動けず
・NY債券は反落、10年債利回り0.03%高い
・NY原油先物相場は反発
・ロンドン株式、FTSE百種は続落
・フランクフルト株式、DAXは小幅続落
・企業の決算訂正急増
・12月の消費者態度指数、4ヶ月ぶり低下
・日経平均、17300円レベルでの戻り売り圧力、物色柱なく

留意事項

・11月の第3次産業活動指数
・12月の製造業部門別投入・産出物価指数
・対外・対内証券売買契約
・12月の首都圏・近畿圏マンション発売戸数
・11月の景気動向指数改定値
・12月の全国と東京地区百貨店売上高
・1月の日銀金融経済月報
・福井日銀総裁会見
・日銀政策委・金融政策決定会合の結果発表
・経済財政諮問会議
・12月の米消費者物価指数(CPI)
・12月の米住宅着工件数
・12月の米景気先行指標総合指数
・1月のフィラデルフィア連銀景気指数
・北米半導体製造装置メーカーのBBレシオ
・米新規失業保険申請件数
・米エネルギー省の石油在庫統計
・欧州中央銀行(ECB)月報
・国際エネルギー機関(IEA)石油月報
・FRB議長、米上院予算委で証言
・クリーブランド連銀総裁講演
・海外決算---IBM、コンチネンタル航空、メリルリンチ、ザイリンクスなど


carpediem21 at 09:17│Comments(0)clip!強弱材料 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
Recent Comments
訪問者数