2013年01月02日

【ブログを極める】硬軟・主観客観・論理情緒を使い分ける

dog なんともよく分からないタイトルだけど、今回は文章のスタイルと人の性格の話だよ。
このページを見てみて。
魚の解剖と観察 - 大阪大学CARP(原理研究会)
cat2
阪大の科学実験レシピの記事だニャ?
dog 客観的・論理的な、おかたい記事だよね。 cat2
冷徹・冷酷非情、ゴルゴ13みたいな男が書いてそうだニャ~
dog (それ、言い過ぎ)
もう1つ。
佐賀大学CARPのブログです\(^o^)/ メリークリスマス
cat2
佐賀大学のクリスマスの記事だニャ
dog 主観的・情緒的で、やわらかい印象を受ける記事だよね cat2
優しい従姉妹のお姉さんからメールもらいましたっていう感じの記事だニャ~
dog 文章のスタイルには2つの方向性があると思うんだ。
客観性を前面に押し出して、事実を報告したり論を展開したりするのが1つ。
情緒を前面に押し出して綴るのがもう1つ。
cat2
文は人なり、だからニャ~
その人の性格が出ちゃうよニャ
dog どっちがいいとかではなくて、記事で伝えたいことに合わせることが大事だよね。
活動や研究会の報告だったら、事実を網羅して客観的に書いた方がよく伝わるだろうし、生活で感じたことなら情感豊かに。
cat2
TPOで方向性を使い分けるニャ
dog 人それぞれの性格があるからね。
まずは自分はどっちタイプかということを把握しておいて、
cat2
意識せずに文章を書くとどっちになるか、ってことニャ?
dog そう。
書こうとしている題材と合致してるならそのまま書けばいいし、
逆の方向性が求められるなら、意識して文章を「作る」。
cat2
情緒的な人が研究会の記事を書く時は、ちょっと客観性を意識して書くってことニャ?
(いつも思うけど、このやりとり、進研○ミみたいだニャ~)
dog その通り。
新聞とかの報道での文章を参考にしたらいいよね。
cat2
それはいいけど、逆のパターンで、
ザ・カタブツの人が変に情緒的に書こうとしたら
気持ちの悪い記事ができあがりそうだニャ~
dog そ、それは・・・否定できない。 cat2
限界はあるニャ~
dog まあ、無理してまで書かない、という手もあるよね。
サークルメンバーの中で、それぞれがそれぞれ、得意なスタイルを担当するようにして。
cat2
いろんなスタイルの記事が読めることがCARPブログの醍醐味だニャ~
メンバーの長所を発揮して盛り上げていってほしいニャ~

carpnews at 07:00│Comments(0)TrackBack(0) ブログを極める 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字