俺は走るカープファン(T-T)

おいどんの参加レース情報や走行記などをアップ&更新。

2013年08月

14勝12負1分。

いつも8月は勝率がいい印象があるので、応援にいくのならこの時期が楽しめるかもしれない。これくらいで勝率が高いなんて片腹痛いと思う方もいると思うが、月で勝ち越せるとやはり大きい。

でも、いつも通りであれば9月にまた順位を下げる可能性大
ハラハラが止まらない季節に突入である

このままの調子なら、3位キープでクライマックスシリーズに行けそうだが、それよりも久々のAクラスでシーズンを終了して欲しいのが、一ファンとしての願いだ


28日約15㎞、29日12㎞、30日11㎞。

レース用にシューズが欲しかったので、凄く悩んだ。
希望としては、ターサーが欲しかったが俺にはまだ早い気がしたし、何より値が高い
やはり10kオーバーだと、易々とは手が出ない。


素人の俺は、一般的な評価が高いasicsで探そうか、もしくはミズノかと思っていたが、どうも最近ではアディダスも人気らしい。
そうご存知アディゼロシリーズだす。

以前、アディゼロボストンを試履したことがあって気にはなっていた。

そこで、スポーツショップへ出陣し、アディゼロジャパンを探すが無い。他店へ赴くが又も無い。
もしかして、置いている店は無いかも


仕方無いので、試履したのが匠(練)。
上級シューズに仕方無いなんて場違いな文句で申し訳ないが、履いた感覚とサイズか確認したかったのである。
違いは有るだろうが、その誤差は許容範囲内であると予想し、ネットで購入。

image
image

いやぁ、新シューズは心が踊りますなぁ

早速試走へ

予想通りの履き心地。
脚が前へ前へと自然と進む。
爪先部分のソールが薄くされているので(思わしくない表現であれば申し訳ない)、蹴り脚が補助されている感じだ。

その分、オーバーペースになったり、爪先部分の疲労、シューズ耐性の弱化に繋がる諸刃の剣かもしれない。

が、このシューズは相性が合えば、抜群の効果が期待出来そうだ



最近は走りながら、音楽を聴きよります。
もっぱら、ももクロです。

ももクロって、何か良いんですよ
元気が出るって言うか、勢いがいい。
ももクロファンが多いのも頷ける。
もっと語りたくなるところだろうが、私はにわかなので、語るだけの知識と情報がないのが残念である。


客観的に見て、イヤホンで曲聴きながら走ると、危険な感じがしていたが、以外と周りの音も聞こえてくる。
車のエンジン音も直ぐに気付くので、余程交通量の多い所でないかぎり、まぁ問題無いだろう。
しかし、レースでの使用は常識としてNGだと声を大にして言いたい。
その理由は、走る事を愛するランナーであれば説明する必要はないはずだ



24日、約21㎞。





青島太平洋マラソンにエントリー完了

いやはや、これで今年のレース予定の申込みは終わったのでひと安心(^-^ゞ

と思っていたら、熊本城マラソンの結果がまだですた。
指宿もどうしようかお悩み中。


とりあえず年内出走予定は4レース。
しかし、レース代もバカにならないですな
レース費用も計算すると頭が痛くなりそう

でも、走ってみたい欲望が強いんですな



22日、約31㎞。



中本健太郎選手が5位入賞しました。
マラソンされている方は、見られたと思いますがアフリカ勢の中で日本人が激走。もしかしたら、メダルも行けるのではないかという期待さえ持たせてくれました。


川内選手は途中から苦しそうでしたが、リタイアすることなく18位でゴール。
ゴール後は、実業団メンバーは仲良さげに会話をしているなか、声を掛けられることなく救護班に支えられていたのが必要以上に記憶に残る。
何か確執が有るのかという話題が上がっているようだが、真相は解らない。


俺はこういうことに関しては、熱く語ってしまうので、このくらいで止めておく。

勿論、日本のトップランナーのスポーツマン湿布が表面は冷たくみえても、実は温かいと信じているから




18日22㎞。

このページのトップヘ