2009年10月02日

在庫車の試乗レポートです。いやただ乗ってみたかっただけです。

CIMG0028こんばんは店長の山野井です。




今回は新規入庫車輌を私が試乗いたしまして感じたことを発表するコーナーといたします。










今回の車は日産フーガ 350GT4WDです。

このエンジンを搭載したスカイラインを親戚に販売したことがあります。
当時あまり詳しくなかったのでスペックを調べてみると・・・

☆最高出力 313ps(230kw)/6800rpm
☆最大トルク 36.5kg・m(358N・m)/4800rpm

とまあ化け物のような数値ではございませんか。

親戚の叔父様は、このスカイラインに乗る前にハリアーに乗っていましたが、さらにその前に乗っていた旧スカイラインの『走りの楽しみ』がどうしても忘れられず2年少々で乗り換えたのでした。

納車後の感想が『期待通りムフフ・・』とまぁこんな感じだったので相当面白そうだなぁーとは想像しておりました。

本州で買い付けして、本州に納車したので札幌までは搬送せず試乗もできなかったのですが、このたびフーガ350GT4WDを仕入れたので楽しみにしておりました。

内装装備はホームページの国産車にアップしておきましたが、豪華な本革シートに、覚え切れない装備が盛りだくさん。ハンドルにもなにやらスイッチがたくさん装備されています。


それよりも走りだァーーーということでハイオク給油していざ出陣!

マンホールのショックを試してみると、10万Kmも走破していると思えないくらいしっかりした足回り。へたりを微塵も感じさせません。私の愛車E46 330I 10万Kmオーバーと比較しても雲泥の差 

そしてお楽しみのフルアクセル!

車輌重量のせいか、4WDの為なのか、自分の愛車の比べると意外とスムーズな加速 暴力的な感じをイメージしていたが意外や意外
およそ80PSの差なのだが、体感パワーはそれほどでもない。でもしっかりメーター上は出ています。高級車はこんな風に加速するんですね。


特に気に入ったところはエンジン回転があがってきたところで変速!2→3→4 これがすごーーく滑らか。勿論愛車との比較。(E46 330I)
もっとショックが大きいかと思っていたがスムーズすぎて気持ち悪いくらい。
いやーイイ仕事していますネ。
高速クルージングの安定感は抜群でまったくスピードを感じさせません。
高回転時のVQエンジンもあえて聞こえるように造ってあるのか、とても心地よくおとなしい顔したスポーツカーといえるでしょう。

7年BMW乗っている私でも飽きさせない魅力を持っている一台です。

北海道でも大丈夫!4WDのスポーツセダン楽しいですよ。




carshopufo2 at 19:02│Comments(0)店長です 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔