iPhone5は,3モデルで周波数の違いをカバーしようとしていますが,対応から漏れた欧州オペレータの反応を,FireceWireless Europeが分析しています.
Analysts: Apple's iPhone 5 leaves out many European LTE operators

iPhone5のLTE対応は,サポートする周波数の違いで3つのモデルがあります.下のは,A1428(GSM/WCDMA), A1429(GSM/WCDMA),A1429(CDMA)の3モデルがサポートしている周波数バンドをまとめたものです.周波数バンドは,WCDMA/LTEの仕様を定める標準化団体である3GPP(3rd Generation Partnership Project)が規定します.このテーブルのバンド帯は,3G(WCDMA, HSPA), LTE のどちらにも適用可能で,どちらに使うかは,オペレータの選択にゆだねられています.
3G周波数テーブルとiPhone5サポート
AppleのiPhone5 LTEページによると,A1428(GSM)は,米AT&T・カナダ向け,A1429(CDMA)は,米Verizon・他CDMAオペレータ向け,A1429(GSM)は,他のGSM/WCDMAオペレータ向けとなっています.

しかし,A1429(GSM)がサポートするBand1(2100MHz),Band 3(1800MHz),Band5(850MHz)を採用しているのは,アジアが多く,欧州ではドイツテレコムがBand3で商用サービスを開始,イギリスのEE(OrangeとT-MobileのJV)が12月に同じくBand3で商用サービスを開始予定くらいです.

Tolaga ResearchのアナリストPhil Marshall氏は,Macworldのインタビューで「もし,あなたが欧州でLTEデバイスを出そうとするなら,Band20(800MHz)とBand7(2600MHz)をサポートするでしょう」と述べており,iPhone5のターゲットは,米国と日本・韓国などのアジア先進市場であるとしています.

Coleago Consulting 最高責任者のStefan Zehle 氏は,Marshall氏の意見に賛同しながらも,さらに厳しく,iPhone5は欧州市場を失うとして,「Appleは,この機種は欧州市場対応として,ドイツテレコム,英国EEを挙げているが,欧州LTEはBand 1(2100MHz)は対応していない」と述べています.

Zehle氏は,更にBand5(850MHz)は,欧州でデジタルデバイド解消に使われるBand20(800MHz)と互換性がないことを指摘して,「欧州LTE対応の携帯電話は,Band 20 (CEPT 800),Band 3(1800MHz),Band 7(2600MHz)をサポートしていることが期待される,また,これらのバンドは,欧州の標準的なLTEバンドであり,例えばVdafoneドイツや他のオペレータが導入したSamsung Galaxy LTEモデルがポートしている」と述べています.

しかし,悲観的なことばかりではありません.GSAの調査では,欧州でもBand3(1800MHz)をサポートするオペレータが増えつつあります.クロアチア,チェコ,デンマーク,フィンランド,ドイツ,ハンガリー,ラトビア,リトアニア,ポーランド,るとがる,スロベニアで,LTE1800を導入済み,もしくは導入予定としています.

これだけ周波数バンドが増えると,デバイスが全てをサポートするのは不可能ですし,端末ベンダとしても,どの周波数をサポートするかは,重要な戦略ポイントとなります.オペレータとしても,人気のあるスマートフォンやタブレットをいち早く導入するために,どの周波数を獲得するかの判断が重要となり,iPhoneのような戦略商品では,手持ちの周波数に合わせたデバイスを注文するのではなく,デバイスがサポートしている周波数を獲得すると言う戦略が現れるのではないでしょうか.