2006年07月27日

告知

キャスターガール#3参加作品、高橋明大監督の『Love me more』が

cd3270a9.gif

にて上映されます!
前回見逃した方、もう一度ご覧になりたい方、ぜひどうぞ。

詳細はこちらへ。


2006年04月18日

キャスターガール#3

※終了しました。
fukuitakahasitakayama







2006.4.12(wed)〜4.16(sun)
下北沢 短編映画館TOLLYWOOD  
19:00〜20:00 500円 

1.福井琢也 『グージョネットと風車小屋の魔女』22分
2.高橋明大 『Love me more』10分
3.高山玲子 『漫画家の話』16分



キャスターガールの3回目の上映会、「キャスターガール#3」無事終了しました。

ご来場下さったみなさん、本当にありがとうございました!

作品のご感想は、各監督の公式ブログ、または当ブログでも作品ごとにカテゴリーを設けていますので、どうぞコメントください。
また上映会へのご意見、ご感想などもお気軽にコメントください。今後の活動の参考にさせて頂ければとおもいます。

それでは、またいつか行われるはずの上映会でお会いしましょう!




2006年04月13日

チケットについて

昨日より上映が始まりました。
ご来場頂いた方々ありがとうございました。

で、ここになってチケットについての質問が多くなってきているので、改めて説明しようと思います。

まず、当日券についてですが、全日発売されております。
必ずご予約をしなければ入場できないという訳ではありません。

ですが、今回上映をしている映画館トリウッドの立ち見を含めた入場人数に制限があります。
なので、当日来ていただいたにも関わらず、入場できない可能性もあります。
それでは、こちらとしても心苦しいので、なるべくのご予約をお願いしている次第です。

土曜日の回の予約数がだいぶ多くなってきているので、土曜日にご来場される場合は予約をしていただいたほうが確実だと思われます。
その他の回は比較的余裕がございますので、ぜひお気軽に足を運んでいただきたいと思います。

説明不足ゆえ、混乱をまねき申し訳ありませんでした。

あらためてご来場をお待ちしております。
よろしくお願いいたします。

キャスターガール

2006年04月10日

作品紹介

いよいよ、今週に上映会が行われます。
早くみなさんにお見せしたいですね。といいいますか、観ていただきたいです。

ここで代表アズマから、今回上映される3作品と、その監督の紹介をさせてもらいます。

まず1番目の作品、福井琢也監督の『グージョネットと風車小屋の魔女』から。
福井くんは今回、キャスターガールに初の参加となります。
彼は、普段は映像の製作会社で働いており、その激務の隙をみつけて自主映画を作っています。高山玲子監督の『漫画家の話』にも撮影として参加しています。
やさしく、頼まれると断れない性格の人なので、今回のキャスターガールのオファーもなんだかんだ快く受けてもらいました。
今回の『グージョネットと風車小屋の魔女』ですが、本人曰く「実験映画のつもりはあったけど、思ったより尖っちゃった」との事。
そんなことを言っておりますが、作品を観れば、しっかりとした映像とそれにかぶさる音が融合した少し不思議で、でもなんでか心地いい作品に仕上がっているんじゃないかと思いました。
ちょっと適当な感じのコメントになっちゃってますが、まあ改めて映画のおもしろさってノーリーズンだなという事ですね。

次に2番目の作品、高橋明大監督の『Love me more』です。
高橋君は前回のキャスターガール#2にも参加していて、そのときの作品『Take me out from this planet 僕は宇宙人』がとても高い人気を得ていました。なので、今回もぜひ参加してもらおうと思い、オファー。色々とございましたが『Love me more』での参加ということになりました。
この作品は既に一度、「黒澤明記念ショートフィルム・コンペティション」にて上映された事がありまして、今回はそこで観ることができなかった人には朗報なんではないかと思っております。
やはり高橋作品の見どころはストーリーだと思います。骨太で誠実なストーリーは商業作品に匹敵するクオリティーなんではなかろうかと。で、伝わってくるんですよね。いい映画は。そんな感じです。まあ改めて映画のおもしろさってノーリーズンだなという事ですね。

最後、3番目の作品は、高山玲子監督の『漫画家の話』です。
彼女も前回のキャスターガール#2にも参加していて、そのときの『聖歌隊物語』が初監督作品だった訳なのですが、ちょっと驚くくらいの、本当に初監督?ってくらいのおもしろい映画を作っていまして、なので、既に撮影を終えていた今回の作品にもオファーさせてもらいました。今作は2つ目の作品って事で、並々ならぬ気合いが入っていて、監督として持てる力を発揮できているんではないでしょうか。
作品のテンションの高さや、おもしろ濃度の濃さなんかは、前回と同様に単純にすげえなあって思わせる物になっていて、それでいてやっぱ映画、っていうか映像に関してのセンスは、やっぱこれもまた自主映画ではなかなか観れないものなんではなかろうかと思います。彼女の頭ん中をうまくエンターテインとからめたっていうか。まあ改めて映画のおもしろさってノーリーズンだなという事ですね。

以上、3作品です。
手前味噌なのかもしれませんが、いい作品、いい上映会だと自負しております。
改めていいますが、ぜひ観ていただきたいですね。
予約もまだ受け付けております。
当日券もございますので、ご気軽に御来場ください。

長くなりましたが以上。
よろしくお願いいたします。

2006年04月05日

キャスターガール#3 予告編

open Art にて、次回上映会「キャスターガール#3」の予告編が公開されています。

ぜひお試しください。


2006年03月22日

『漫画家の話』

takayama


















脚本・監督  高山玲子

   出演  柳沢茂樹 南波典子
       鈴木将一朗 いせゆみこ
       本多麻紀 足立智充
       関寛之 笠木泉

   撮影  福井琢也 

   照明  東心平
 
   録音  浅野晋康
  
 撮影協力  横手珠美

   音楽  星野源

   英訳  吉岡小夜 内田有香
 
  助監督  矢野愛 




『Love me more』

黒澤明記念ショートフィルム・コンペティション04−05ノミネート作品 
takahasi


















脚本・監督  高橋明大

   出演  いせゆみこ 柳沢茂樹
       餅原竜介 高山玲子
   
   撮影  谷口和寛
 
 撮影助手  山田尚 渡辺一平
   
   録音  餅原竜介
  
  助監督  東心平 高山玲子

   協力  松永大輔 キャスターガール
       オールツーステップスクール
       ダックスープ (株)春秋社 
       
   製作  状況動画 

『グージョネットと風車小屋の魔女』

fukui


















脚本・監督  福井琢也

   出演  渡邊美香 本多麻紀
       柳沢茂樹 奥瀬繁(声)

   撮影  谷口和寛

 撮影助手  山田尚 中堀由衣子 柳沢光一
   
   照明  森紀博  

   録音  餅原竜介 
 
   音響  牧田祥悟
 
   美術  木村明子
 
   制作  浅野晋康 嶋田愛

  メイク  佐久間カオリ
 
  助監督  矢野愛

2006年03月15日

近況

#3の準備が続いております。
上映日まで、あと1ヶ月を切りました。

あとは、みんなからデータをいただいて、繋ぐだけとなりました。
今回は、一段とレベルの高い作品が集まりました。
みなさん、ぜひ観にきてください。

これから上映日まで、このブログでは、参加監督の作品紹介なんかを載せていきたいと思っています。それも楽しみにしていてください。

よろしくお願いいたします。

2005年12月18日

#3上映日決定

#3の上映日がやっと決まりました。
下北沢の短編映画館トリウッドにて、2006年の4月12日(水)から16日(日)の5日間の19:00の回に行います。

今回の参加監督および作品は、
高山玲子(参加2回目) 「漫画家の話」
福井琢也(初参加) 「グージョネットと風車小屋の魔女」
高橋明大(参加2回目) 「Love me more」(黒澤明記念ショートフィルム・コンペティション04-05 ノミネート作品)

となっております。
まだ色々と変更する事もあるかもしれませんが、これが現段階で決まっているすべてとなります。
今回は既に完成している作品もあったり、まあ今までとは若干違った形のキャスターガールです。
特に今回はいろいろな数多くの皆様に鑑賞していただきたいので、そのための努力をしていこうとも思っています。
これからまたこちらで色々な情報を随時公開していくので、よろしくお願いします。

また来年は#4の上映も計画していて、そちらについても現在進行中です。こちらもよろしくお願いします。


いや、にしてもやっとだよ。みなさん観に来てください。

2005年11月01日

アズマノート

いろいろな出来事が怒濤のようにおしよせて、あわあわしてたんだけど、やっと気持ちが落ち着いた。
で、それともちょっと関係あるけど、やっぱこのブログにだらだらおれの日記載ってんのよくないよって事だ。で、キャスターガール#3に向けた活動をしていきます。でそれ書く。
今頭の中にあるイメージとしては3月末辺りの上映会。トリウッドに行って空いてそうだったし。
またいろんな人巻き込むよ。迷惑かけちゃうかも。でも応援してください。楽しんでください。どんどんキャスターガールを励まして。
参加の声も待ってます。引き続きよろしく。

ここにおおきな愛が生まれることを信じて。
ってこんな気持ち。

2005年10月03日

アズマノート

刺激が欲しいっていうのは安定があるからなのか?
心が動かされる時間を刺激と言うなら、いつも刺激を受けていたい。
なんかそんなような事考えたりしているんだけど、まだなんか煮詰まってて、でもその煮詰まり具合も含めてぐちゃぐちゃにして、バカみたいにして、そんなお話の映画が作りたいなんて思っております。
なんか若い発言なのかね。
仕事してると弱るね、頭。


あることを思い付き、その話をする為に高橋くんと飲んだ。
高橋くんにも一応の承諾を得て、まあ内容をいつ報告できるのかわかりませんが、楽しいことになる予定なんでよろしく。


地元でお祭りがやってたので行ってみた。初めてみたよ。よさこい。YOSAKOI。
まあみなさん楽しそうに踊って歌ってて、そのパッションに驚いた。
で、これはヤンキー文化なんだなと。小学生からお年寄りまでみんなキメキメ。なんていうかね。割と夢中になっちゃった。


オザケンを聴いてる。素敵。
「遠くまで旅する人達にあふれる幸せを祈るよ」
今おれの思ってることだ。祈ってます。




2005年09月22日

アズマノート

149fb79c.jpgずっと気になっていたにもかかわらず未見だった「太陽を盗んだ男」をとうとう観た。
すげえな。おもしろい。カッコいい。27年前だよ、これ出来たの。もしこれ10代の時観てたら頭狂うくらい熱狂してたと思うよ。
ジュリーほんとカッコいいなあ。池上季実子かわいいなあ。菅原文太はおもしろカッコいい。

で、観たあと思い出したのは以前に高橋明大くんとした会話で、「ニューヨークとかロンドンの街って映像にした時に無条件にカッコよくみえるけど、東京ってなんかあんまカッコよくならないよね」みたいな話。
自分が普段暮らしてる街っていう事もあるし、逆に海外の都市に憧れ的ななにかもあるからみたいに思っていたけど、なんだよこの映画東京カッコいいじゃん。映画のなかの一部分だけだったけど、すごくスタイリッシュな東京が写ってた。いいね。こういうのいっぱい観たいよ。
で、オレまだ東京で映画撮った事ないんですけど、ちょっと考えちゃいました。
みんな、あるよ。東京ってまだまだいっぱいあるよ。

2005年09月21日

アズマノート

94206f87.jpg高校時代の親友が結婚だそうで、今年おれの知り合いで3人目。流行ってるのかな?

ここ何年間、映画を観る本数がだいぶ少なくなってたんだけど、なんだか観たい欲が復活してきた。
今、自分のなかで初めてかもしれない邦画ブームがきてる。いやいいね映画って。

今週末に旅行。三浦半島の城が島へ。9月の海は思い出がたくさんあってとても好き。雨降らないことを願う。

鳥人間コンテストに感動。や、泣けるようなことがあるっていいなあ。ってなんなんだおれ。

初芝の引退は寂しい。気付いたらもうけっこう長いことロッテ応援してるな。プレーオフ観にいきます。

2005年09月12日

アズマノート

出会いつうか再会つうか、そういう機会が立て続けに2つありまして、どっちの時にも思ったんだけど、時間の中に生きてて、昔のことってどんどん薄くなっていってんのに、そんなのブッちぎって一気に盛り上がれる事ってあるのですね。すげえなあ我ながら。すげえな人間。普通なのかしら。


DVDになった浅野くんの映画「新しい予感」をTSUTAYAでレンタル。
この映画ってもう何回観たかわかんないけど、いままでで一番ニュートラルな状況で観る。あんていうかさあ、おもしろかったよ実際。ってか勉強になったよ色々と。改めて浅野くんのキャラクターの立て方とかセリフの上手さとかに感心したな。コンチクショウ。
あと、同時に収録されてる大吉信隆監督の「五月ノ庭」も観る。わあ緑きれい。女の子がブス可愛い。なんかたりい。でもなんか凄いなあ。ってちょっと意識散漫で観ちゃったから申し訳ないですが、そんな感想す。
あ、なに、おれって名前間違われやすいのかしら。まあおもしろいからいいけどさ。


渋谷にて「リンダリンダリンダ」を観る。
まわりの人たちの評判がとてもよくて、「アズマくんはきっと好きだよ」っていわれてたから気になってた映画。ほんとは会社の人と見に行く予定だったんだけど、もうすぐ終わっちゃうってことなんで勝手に行っちゃった。ごみん。
でさ、もうさ、まじで好きなの。すんげえおもしろいの。なんかもうこれーって感じ。ウォーって。この感じがおれが映画でやりたかったことなんだよって。
たとえばおれが映画を作るとしてその理由の1つは、自分が観たい映画を観たいからなわけで、なんかよくわかんない言葉だけどそんななんです。で、この映画観たらもういいじゃん、充分じゃんみたいな、そんなレベルで好きなんです。いや勢いとして。
いやとにかく言いたいこといっぱいあって、もうよくわかんないんだけど、観てる間ずっと素敵な気持ちになりました。
今週カラオケ行ってブルーハーツ唄うと思う。リンダリンダリンダ祭り。

shin5_8046 at 12:13|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)