世界のビックイシュー

本日は、インテルのCPUから始まったメルトダウンとスペクターのバグについての記事です。既にこのバグに対する問題は確認され、修正を行っていますが、性能低下の問題は避けることができない。インテル・AMDのアップデートの後、正確な情報の確認ができると思います。ARM(アーム)の場合は今回のアップデート(iOS11.2.2スペクターアップデート)により、iPhoneの性能が少し低下されたといわれています。


1

▲インテル社のホームページ

一体この二つは何?

最近の10年間、CPUの性能を高めるために多くの研究が行ってきました。その中で最近の技術でもあり、安定を予測した実行方式が導入されましたが、この技術にバグが発生。本来ではコマンドを順次に処理しますが、時間が発生するため、多くのコマンドを同時に処理できるこの技術を採用して性能を高めました。この技術はインテル、AMD、そしてスマート機器のプロセスを生産しているARMまで使われています。しかし、メルトダウンとスペクターはこの機能を悪用して権限に必要なメモリー領域まで接近してユーザーも知らないうちに機器を掌握する問題が去年に発見され、現在の状況に至りました。

2


iPhoneの性能低下は?

Appleの正式発表では、メルトダウンはiOS11のアップデートで完了。スペクターの場合はiOS11.2.2のアップデートで完了。性能については次のように述べています。

ー メルトダウン
「上記の内容はインテルチップに対する内容で、iPhoneの場合は5C以下のモデルになります。SEからXまでは該当しません。ただし、NACとAppleTVなどは影響の恐れがあるため、アップデートを実施し、ベンチマークのテストを通じて性能低下がないことを確認しました」と述べました。

ー スペクター
これは少し問題があるようです。個別アプリを実行する際には可能性が低い、Safari、GoogleなどのWEBブラウザーを使用する場合は、この問題が発生する恐れがあるようです。あるGoogleセキュリティ専門家は簡単に接近できるこの問題を指摘し、Appleに情報を提供してアップデートされたのがiOS11.2.2です。しかし、iPhoneの性能低下の問題は、少し発生するように見られます。Appleのテストの誤差範囲は2.5%程度です。

今見られている現象は?

最近、iPhoneから性能低下の現象が見れてます。海外の媒体からテストした結果によると40~5%の変化がiOS11.2.2のアップデートの後に発生したといわれています。自分のiPhoneXの場合、アップデート前後の差はあまりないですが、マルチコアが少し下がってることを経験しました。他の項目も点数が下がりました。

3


解決策は?

正式版はiOS11.2.2までアップデートされましたが、ベータ版の場合は4版からスペクターがアップデート、その以降5版まで出ました。これにより、iPhoneの性能低下現象はなくりましたが、単純にクロックを調整しただけなのか、ソフトウェアが安定になったのかは、しばらく様子を見る必要はあると思います。

4
iOS11.2.2のアップデートすべき?

iOS11.2.2のアップデートはオススメします。
性能低下の問題はあると思いますが、性能よりはセキュリティが重要です。

Logo