「今年のApple iPhone iOSアップデートは安定性と性能優先」
「新たな機能は来年」

IOS

Appleは今年公開されるiPhone iOSに新しい機能を追加しないと決定しました。新機能の追加よりもソフトウェアの信頼性と安定性向上を重視する方針Apple のソフトウェア技術担当の上級副社長であるクレイグ・フェデリギ氏がある会議で発表しました。

IOS01

ホーム画面とユーザーインターフェース、主要なアプリの新機能追加など、大幅な変更を2019年に先送りする、2018年のアップデートはAR、デジタル健康など、OSの性能および安定性向上を重視する計画です。

IOS02

iOS 11.3で追加される機能は、ARKit(新しいAR体験)、アニ文字(メッセージに新しいアニ文字などが追加)、ニュースアプリケーション、HomeKitソフトウェア認証、AML(Advanced Mobile Location)追加などがあります。

ケースステーション