2018年10月15日

最近観た映画つながり「プーと大人になった僕」「グッバイ・クリストファー・ロビン」「ピーターラビット」→ドーナル・グリーソンがいいな

640 (7)

175446-1


最近観た映画三本
「プーと大人になった僕」と「グッバイ・クリストファー・ロビン」と
「ピーターラビット」

映画館で「プーと大人になった僕」を観て
少年時代の描写がもっと長かったらよかったなーって思い
クリストファー・ロビンの少年時代やその後のこと
もっと詳しく知りたい!ってなって
「グッバイ・クリストファー・ロビン」をレンタルして観た
o1000075014126771340

少年時代のクリストファー・ロビンを演じた男の子は
エクボのあるすごく可愛い子だったけど
子供時代も青春時代も幸せそうじゃなかった
お母さんにはほとんどかまってもらえてなかったし
お父さんと森を散歩したりしてたけど
お父さんの  A・A・ミルンの
関心はほぼ妻の歓心を得ることに占められていたようにみえた

クマのぬいぐるみを持つクリストファーと 行った森の散歩で
着想を得た
クマのプーさんとクリストファー・ロビンの物語を書いて本が売れるんだけど
そのせいで実際のクリストファーは寄宿学校で階段落としといういじめに合う
何回も何回も落とされる
どうしてあんなに人が人をいじめられるんだろう
いじめというより集団での暴力
あまりに残酷な仕打ちだった
周りの大人も誰も気づかなかったのだろうか
本人も助けを求めなかったのだろうか?
あまりにも可哀想だった。


しかしクリストファー・ロビンのお父さんでプーさんの原作者  A・A・ミルンの役をやった
ドーナル・グリーソンの
クールで冷徹そうで人間的に もろそうな
そんな感じの
 A・A・ミルン像がよくって

ドーナル・グリーソンが出てる
「ピーターラビット」も早速観たくなって
借りてきた
main3

640 (9)

感想
ピーターラビットってこんなお話だったの?
ウサギのピーターの性格の生意気っぷり
にまず驚いた
ちゃんと読んだことはなかったけど
絵本の表紙絵はよく見てたし
キャラクターは有名だしイメージは持ってた
もっとほのぼのとしたお話で可愛いウサギがでてきて
心暖まる物語かと思ってた
あんなに活動的で生意気で寧ろ人間をいじめる存在だとは思ってもみなかった
ウサギは弱いけど可愛い、みたいな常識的イメージもあったんだよね

ピーターとマグレガーさん
いがみ合う理由もあるんだけど
ここではピーターたちにさんざんな目に合わされボコボコにされるマグレガーさん(ドーナル・グリーソン)がいい
本当にさんざんな目に合うけど可愛い♡結局可愛いwww


というわけで今後ますます注目のドーナル・グリーソンなんだけど
私が今まで観てきた
彼の出演作を掲げておこう

       ꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖
『ハリー・ポッターと死の秘宝』
『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『レヴェナント: 蘇えりし者』
『 スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
『ピーターラビット』


ハリー・ポッターの時のロンのお兄ちゃん ビル・ウィズリーの時は出演シーンも少なかったしあんまり印象に残ってなかったんだけど
その後めきめきと頭角を表してきたよね
悪役もクールな役も素朴でピュアな感じもハマり役になる人だから今後の作品も期待!


それから生意気でやんちゃな(この言い方も生ぬるいけどww)ピーターラビットの本も気になりだしたから
今度図書館に行ったら借りてみよう


ではでは(・◡・)ノ




























 









2018年10月07日

マンホール Σp[【◎】]ω・´)写真集め


20181001_160823


20181001_160644


20181001_160555


20180913_200128


20180912_133824


20180912_190823


20180912_114258


20180913_175047


20180913_174834


20181007_111305


9月頃、
多分ツイッターで誰かの画像見たのがきっかけだと思うけど
いつも足元に見るマンホールの絵が気になって写真撮り始めた

マンホールって下水道につながっているイメージしかなかったけど
いろんなマンホールあるんだね
消火栓や空気弁
おすい軽
とか
岡山は桃太郎が馴染みだから桃太郎デザインがほとんどであとはノーマルデザイン
(身近なのしか撮れてないけど)

日本の色々な地域でアニメキャラとかもいっぱいあるみたいだし

マンホーラーや蓋女って言葉も知った
イベントもあるらしい
結構知る人ぞ知る趣味だったんだ!

私もちょっと旅行した時とかにマンホール見たり撮ったり楽しみになってきたなー
999やコナン君、ちびまる子ちゃんのマンホールも見てみたい。


尚⑧はマンホールじゃないけど
綺麗だし載せました

…………………………………………………
(調べてみました🔎)
 ※桃太郎マンホールのデザインの中で「おすい軽」とあるのは、
「汚 水・軽荷重用」のことを表しており、
マンホールにかかる荷重が軽
い歩道に設置するマンホールです。(その他車道用に「汚水・重荷 重用」があります。)




 









2018年10月04日

散り椿

ec_chiritsubaki660x350


享保15年。藩の不正を訴え出たために、時の権力に負け藩を追放された男、瓜生新兵衛(岡田准一)。
追放後、連れ添い続けた妻の篠(麻生久美子)が病に倒れ、死を迎えようとした折、最期の願いを新兵衛に託す。
『藩に戻りて、榊原采女様(西島秀俊)を助けてほしい』というものだった。新兵衛にとって采女は、かつては良き友であり良きライバルであり、また篠を巡る恋敵でもあった。そして新兵衛の藩追放に関わる、大きな因縁を持つ二人であった。妻の最期の願いを叶えるため、新兵衛は過去の藩の不正事件の真相と、その裏に隠された妻・篠の本当の気持ちを突き止めようと奔走する。
(TOHOシネマズ作品情報より)
…………………………………………………
散り椿
観てきました
なんか美しい映像の中に
子供の頃みた日本の景色が息づいているような懐かしさがあった
降り積もった雪のように重くて
冷たい炎が燃えていくような映画
積もった雪が重みでドサリと落ちるシーンよかったなー
↑この感想めっちゃ抽象的www
正直細かいストーリーは難しくてわからないとこも多かったけど
岡田准一演じる瓜生新兵衛の気持ちはよく分かったし
奥さんが新兵衛に寄せる深い愛もよくわかった

亡くなる奥さんの最後のお願いが恋敵の男性のことを助けてあげて欲しいじゃ
新兵衛もちょっと肩透かしくらったような気がするよね
観始めだったけど私もこのことに違和感持った

でもラストに奥さんの本当の気持ちがわかって愛がわかる
切なくなる・・・・・。



岡田准一と西島秀俊の殺陣は研ぎ澄まされた一騎討ちが美しかった
もうちょっと長く見ていたかったな

640 (5)


それで話は変わるけど
この映画の中でお城の場面がでてくるんだけど
お城の造形と登っていく石段の道が
去年行った彦根城そっくりで
 “  あっ!ここ絶対彦根城や!”って思ってエンドクレジット楽しみにしてたら
やっぱり彦根城だった

国宝 彦根城

ってめっちゃ格好いい!

と 内心大はしゃぎなのでした。
(pq・∀・*○)


あとエンドクレジットで
殺陣にも撮影にも岡田准一って名前があって
そういえばテレビでメイキングやってて
撮影させてもらいましたとか言ってたけど
あの時の場面なんだろうなーと合点がいった

それからエンドクレジットのキャスト、スタッフの名前が全部手書き風なんだよね
それぞれ筆跡違うし
岡田准一の名前はそれぞれ似た筆跡だし
みんな本人が書いてるぽい
(↑調べてみたら本人が書いてるらしい)

すごいな
この映画色々こだわりと遊び心がつまってるね


あと散り椿ってタイトル
つばきの花の散るようすのことかなと思っていたんだけど
なんか[散り椿]っていう花の品種のことなんだ
と 薄々わかりました。



それからもうひとつ付け足し
岡田くんの映画って
よく枚方パークがタイアップしてポスター作ってるんだよね
これも楽しみなんだよね
私も最近ひらパー兄さんの画像集めだしたスマホのアルバムにためてる


散り企画←→散り椿 ってwww
20180918_105954




でわでわ(・∀・)ノ






【原作】葉室麟
【監督・撮影】木村大作
【出演】岡田准一
西島秀俊
黒木華
池松壮亮
緒形直人
新井浩文
柳楽優弥
芳根京子

























cassis_2 at 22:25|PermalinkComments(0)日本映画 TV | 旅行

2018年09月30日

リーアム・ニーソンの「トレイン・ミッション」を観た。

320-5

相変わらずの家族を守るため闘うお父さん
毎日の通勤列車の乗客の中
その中にはいつもは乗っていない乗客も含まれているんだけど
その中からある一人の人物を探し出さないといけない
1人ひとりの乗客に注意をはらう
そんな謎解き要素もあって
面白かった
謎めいた女性に ベラ・ファーミガがでてたのもいい
640 (4)

彼女はミステリアスな役がよく似合うし綺麗
それから奥さん役がダウントン・アビーのお母さん役のエリザベス・マクガヴァン

女優陣もよかった

でもリーアム・ニーソンの顔がかなりやつれて見えたのが気になった
あまりにも目の回りがくぼみすぎて人相が変わって見えた

私の1番印象深いのがスター・ウォーズエピソード1のクワイ=ガン・ジンだから
年月たちすぎてるからそう感じてしまうのかも

スターウォーズからの年月を感じた


しかし昨年「沈黙 サイレンス」も観たんだった
リーアム出てた 笑


640 (3)

2074_qui-gon-jinn_main







2018年09月29日

ポケ森ハロウィン🎃

ポケ森ハロウィン イベント始まった🎃👻
オブジェははぐるまとけいとう


20180929111540



ハロウィンの服可愛い❤
今のところコーデはこれでいい?


素材はこれから集めるよ
楽しい~🎃(╹◡╹)🎶


20180929110348


20180929110234





2018年09月13日

与 勇輝展


与勇輝展行ってきました


子供の見ている先が見えるような

次の動きがわかるような


リアルなんだけど独特な異世界
与勇輝ワールドだった。


ちょっとけだるい女の子の表情や仕草が色っぽい

この子はなにを思っているのだろう



20180913_220600
20180913_223752







2018年09月06日

トワイライトささらさや

header


突然事故死した男が
最愛の妻と赤ちゃんのことが気がかりで
死んでも成仏しないで霊が見える誰かに乗りうって
みまもって助言もするって話

生前はそんなに夫婦喧嘩もできなかったけど
ユウタロウ(大泉洋)と
サヤ(新垣結衣)は言いたいこと言い合って
それが大切な時間だったって気づく

大泉洋と新垣結衣の夫婦役っていうのは
意外性があったけど
新鮮かつすごくはまってた

ユウタロウが亡くなってサヤは息子を連れてささらって町に引っ越してくるんだけど
ここの住人がユニークで温かくてサヤとユウスケ(赤ちゃん)
を見守っくれるんだよね
この住人たちのユニークさは異世界ファンタジーなんだな?ここはって思わされる
中村蒼のぶっ切れ飛んだ駅員さんもいい!

妻子が気がかりで成仏するまでの時間だったけど
温かくて素敵な人たちに助けられて生きていくサヤを見てユウタロウは安心して成仏していくよ
出発点は哀しい出来事なんだけど
ホッと温かくなるファンタジーだった

最後に息子のユウスケに乗りうつるんだけど
その時の赤ちゃんの表情が本当にリアルにユウタロウが乗りうつってユウタロウが感じてるみたいな顔してた

この赤ちゃんはづっといい顔して芝居(?)してたって思う
新垣結衣さんにも似て可愛いかったしね


人間身近な大切な人とゆっくりじっくり向き合って
過ごす時間って本当に大切だなーとつくづく感じました



20180905_142453

↑双眼鏡を持って見守っくれるささらのご近所さん
20180902_153332

20180902_152803

↑大泉洋そっくりなユウタロウの子供時代
この映画本当に子供のキャスティングがどの子もすごくいい!

20180906_220755

なんでも見えてるわかってる赤ちゃんユウスケくん


…………………………………………………

「トワイライトささらさや」は色々な名前をお持ちの謎のコメンテーター様
通りすがりの住人様よりオススメいただきました
素敵な映画のご紹介ありがとうございました。






cassis_2 at 23:46|PermalinkComments(2)日本映画 TV 

大家さんと僕/矢部太郎

20180906_193607

20180906_194858


ツイッターで知って読んでみました
今日買ったのだけど読みやすくってお話がほのぼのしてて楽しくってあっという間に読んじゃいました
カラテカも矢部太郎さんも知らなかったのだけど
87才の大家さんと散歩したり食事に行ったり旅行したり
矢部太郎さんすごく優しい人だなって思ったし
大家さんも受け答えが若くってツッコミも上手くて
魅力的で可愛いおばあちゃん、って思えた

矢部さんと大家さんが縁側でほっこりお花見をしてる時
矢部『来年もこうして一緒に桜見たいですね』に

大家『矢部さん・・・・・梅よ』

には大家さんナイス👍


ってなりました

本当に家族同然の優しいつながりが暖かくて心地よくって
こんな日々を大切にしていって欲しい
大家さんも87才だし


って思いつつ読み終えて検索してみたら
大家さん亡くなってられたんですね
時期はハッキリとはわからないものの
8月23日に矢部さんがツイッターで報告されてた

家族同然の絆だったから矢部さんも辛かっただろうな
読者としても哀しい
あったら続編も読みたいと思ってた

ご冥福をお祈りいたします。













2018年09月01日

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー【ネタバレ感想】

娘が母親の元彼たちを結婚式に招待したことで巻き起こる騒動を描いた『マンマ・ミーア!』の続編。
前作のその後と母親が娘の父親候補と出会った青春時代を交錯させながら描く。
(イオンシネマ作品案内より抜粋)
…………………………………………………
175217


観てきました~
前作以上に歌とダンスがふんだんで
ミュージカル映画っていうより
全編ショーを観てるみたいな楽しさ
ドナ(メリル・ストリープ)が亡くなってしまっていたっていう
物語の始まりは結構ショックだった
マンマ・ミーア!はメリル・ストリープありきみたいな感じだったしね

でも若き日のドナ(リリー・ジェームズ)がめっちゃ可愛かった歌もダンスも
ボディも太めにはならない程度にしっかりしてて理想のボディ!
衣装も可愛くて最高だった
「ダウントン・アビー」や「シンデレラ」の時とはまた違うパワフルな魅力全開だった
メリル・ストリープには似てないんだけど
ちょっとした表情がメリルのドナを思い出されたよ

男性陣はコリン・ファースとピアース・ブロスナンの若い頃がわかりにくくて
えっどっち?どっち?ってなったけど
ちゃんと3人のパパ候補とのロマンスが描かれてた


でラスト近くメリル・ストリープのドナがでてきて(霊体?)
ふぁ~ってなった

やっぱりオーラが半端なかった


そして大団円な歌とダンス
皆素晴らしかった


満足!満足!
ハッピーハッピー

なんだけど


前作みたいに
桟橋で歌って踊って 飛び込む

みたいなシーンがあるかなー


ちょっと期待して待っちゃってました




なんで入れないんだよおーー



20180830_100308







cassis_2 at 10:15|PermalinkComments(0)外国映画 TV 

2018年08月13日

ミッション:インポッシブル/フォールアウトとメイキング

2ad84449631bee6e


観てきました

トム・クルーズのアクションがさらに凄いってきいてたから

序盤 えっ?こんなもん?とか のんびり構えて観てたけど
トムが走り出してからが怒涛のアクション繰り出し展開だった

地上からの撮影でトムが何気にビルの屋上をひょいひょい飛んでいくシーンが印象的だった
小さくて速くて目に止まる間がないくらいだったけど
全部トム本人なんだよね
トム・クルーズって凄すぎる

それから
スーパーマンみたいな人がでてる
って思って観てたんだけど
エンドクレジット見たら本当にスーパーマンの人だった(ヘンリー・カヴィル)
彼はスーパーマンの色がつき過ぎず上手く色々な役やってるなー


面白さが凝縮されたメイキング映像があったよ
こんな面白いとこ全部見せてくれていいのかなー

トム・クルーズの衝撃スタント連発!『ミッション:インポッシブル』新作キング映像
 https://www.cinematoday.jp/news/N0102814
シネマトゥデイより

もうこれは勇敢を通り越してやっちゃいけないよ
って感じました
私は生身の人間が危険なことするよりCG派だよ
しかしミッション:インポッシブルまだまだ続くのかな

面白いからぜひやって欲しい
危険なスタントはCG OKなのでね

【製作年】2018年
【製作国】アメリカ
【監督・製作・脚本】クリストファー・マッカリー
【製作】J・J・エイブラムス / トム・クルーズ
【出演】
トム・クルーズ
サイモン・ペッグ
ヴィング・レイムス
レベッカ・ファーガソン
アレック・ボールドウィン
ミシェル・モナハン
ヘンリー・カヴィル


あとね
前作の
「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」の続きって思ってたから
『私を探して
探せるよね・・・・・』
って言ってた彼女をどうやって探すのか気になってたんだけど

そういうとこからは始まらなかったのが残念だった。


T0022830_movieimg_r_l_8
T0022830_movieimg_r_l_4







cassis_2 at 22:05|PermalinkComments(0)外国映画 TV 

2018年08月11日

フジコ・ヘミングの時間 [映画]

映画「フジコ・ヘミングの時間」を観てきました
コンサートとは違って
ピアノを奏するフジコさんの手や表情がよくわかってよかった

素晴らしい演奏と音と映像で
ラ・カンパネラはもちろん素晴らしくて堪能!

それに加えてこの映画では
トルコマーチや夜想曲、トロイメライなど
耳に馴染みのある楽曲が聞けたのも嬉しかった

あと意外なところでは日本の子守唄も聴けた
なんて曲だったかな?

あと好きな曲なんだけど曲名を知らないのがあって
その曲に限って曲名が画面に書かれてなくって
めっちゃ気になった
エンドクレジットでは挿入曲が書かれてたけど
読みきれなかった
だからDVDになったら見直したいなー

猫たちと暮らすフジコさんの日常も
フジコさんらしい趣味に溢れた部屋もとても素敵だった
地球のあちこちにお家をもっているフジコさんのそれぞれの家の様子はそれぞれ雰囲気が違ってて
その国に行った時それぞれにくつろげる家なんだろうなーって思った

それから京都の祇園にも家を持たれてるのにはびっくりした

京都の家は京都らしい町屋のままで内装も 
ほとんどいじってない感じで
この家では純粋に京都らしさを楽しんでられるんだろな、と感じた。


こんなドキュメンタリー音楽映画もいいな



wp_pstr_top_head2


観に行って2日たつんだけど
今もラ・カンパネラが脳内リフレインしてる
タタタ タタタ タタタタン♪🎹


あとこの日は映画のあと
ポーラ美術館コレクション
「モネ、ルノワールからピカソまで」も観に行ってきました

20180809_190137

 “  夢見る光、恋する色。   ”

なんて素敵なフレーズ



満足、満足、な1日でした





朝晩が涼しくなってきて過ごしやすくなってきたね

この夏は早くから猛暑だったけど
秋がくるのも早いかも


・・・・・と思う
今日 この頃












最新コメント
記事検索
月別アーカイブ