2006年03月06日

ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女4

ナルニア7点/10点満点

第二次世界大戦下のイギリス。ペベンシー家の子どもたち、ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーの4人は、ロンドンの空襲を逃れ田舎のカーク教授のもとに預けられる。古くて広い教授の屋敷を探索していた末っ子のルーシーは、空き部屋で大きな衣装だんすを見つけ、何かに導かれるようにその奥へと進んでいく。そして、ふと気づくとルーシーは雪に覆われた森の中に立っていた。そこは言葉を話す不思議な生きものたちが暮らす魔法の国“ナルニア”。偉大な王アスランが作った美しいこの国は、冷酷な白い魔女によって100年もの間冬の世界に閉じ込められていた。やがて4人の子どもたちは、この国の運命が自分たちの手に託されたことを知るのだった…。

原作の「ナルニア国物語」は全7巻。原題が「ナルニア年代記」であるように、ナルニアの長い歴史のうち、その時々のエピソードが語られています。特徴的なのは時代が順送りにはなっておらず、時として戻ったりすることです(ナルニアの始まりが語られるのは第6巻)。これなんか聞いたことあるな、と思ったら「ファイブスター物語」でした。


キリスト教的価値観が色濃い映画です。特にアスランは造物主=全能の神であり、裏切り者の罪を被って死んだ後復活するもろイエス・キリストであり、生命の人格を顕在させる聖霊であり、まさに三位一体そのものです。クライマックスで白の魔女がアスランに倒される時、まるで安堵したかのごとき表情をみせます。神の愛を狂おしいほど求めた末、神に仇なす者となった堕天使。それが最後は神に裁かれることによって許される、そんな暗喩にも見えました。原作者ルイスの親友だった「指輪物語」のトールキンは「ナルニア」に批判的でした。トールキンが「指輪」を著したのは、他文化にはあるのに自分達が持たない「神話」を作るためだった、とも言われています。それにはキリスト教から離れた独自の世界観が必要と考えていた節がありますが、同様の世界観を作りながら聖書的世界を持ち込んだルイスを許せなかったのではないでしょうか。カソリックのトールキン、プロテスタントのルイス、という立場の違いも当然影響していたでしょう。

一方これは父と子の物語でもあります。父親代わりの重責に耐えるピーターや、父親を求めるエドマンドなど、様々な描写でテーマが語られます。プロローグでエドマンドが父親の写真を取りに戻り(ところでまるで父親が死んだように見せてますが、死んでません。出征中なだけです)、それに対しピーターが「父親として」叱る場面、後にタナトスの父親の写真を見てエドマンドが自責の念にかられるシーンの伏線になっています。また、魔女の元から救われたエドマンドがアスランと語らうシーンは、完全に父親が子供を叱る雰囲気です。重責を感じていたピーターは万物の父・アスランの登場により救われ、そして決戦前アスランの死を知って尚戦う決心をしたとき、彼は真にリーダーとして目覚めます。父の背を見て成長する跡取り息子、ですね。

『ロード・オブ・ザ・リング(LOTR)』の後という状況では比較されるのは必然ではあります。が、それほど意味のある行為だとは思いません。先にも述べましたが「指輪」はトールキンが作った新たな「歴史」です。それに対し「ナルニア」は子供の想像力(劇中ピーターがルーシーに向かって言った「僕らには君のような想像力はない」)を大人の表現力で表した物語です。いきおい作品の質も違ってきます。「指輪」は言語学者でもあったトールキンが細部に到るまできっちり作り込んでいます。「ナルニア」はかなりの部分を読者の想像力に委ねています。『LOTR』を観て熱狂した人(勿論キャストもそうです)が同じ物を求めればガッカリするでしょう。ここにあるのは勧善懲悪がはっきりしているおとぎの国ですから。映画なので戦闘シーンは派手に作ってありますが(原作では数ページの扱い)、そこは本質に迫る部分ではないです。

ちょっと興味深かったのが、戦争に対する考え方。サンタクロースが兄妹にプレゼントを渡す際、戦いは醜い物だと語りつつもピーターには戦う必要があることを示しています。またこれはいずれも原作にはないシーンですが、プロローグのドイツ軍のロンドン空襲と、ナルニア軍対魔女軍の決戦時のグリフォンによる落石攻撃を対をなすシーンにしてあります。当然ドイツ軍は悪でナルニア軍は善なのですが、やってることは同じ。しかしナルニア軍は自由のため戦わなければならなかった。「戦争は醜く愚かだ、だが戦うときは戦わなければならない」、第二次世界大戦を見てきたルイスのスタンスでしょう。

最近は、絶対的な価値観は存在しない、という立ち位置の映画が多くなっています。そんな中だからこそシンプルな本作は意味を持つのではないでしょうか。これを子供だましだ、くだらない、と切り捨ててしまうのはちょっと余裕が無さ過ぎるんじゃないかなー、という気がします。とはいえアメリカを中心としてプロテスタント主義の反動保守が力を増してきているタイミングでは、その意図を勘繰りたくもなりますけどね。

残酷度を控えているのは、ディズニーだからです(断言)。だって原作でも、発狂したピーターがモーグリムをめった刺しにして刀を血みどろにする、という描写はあるんですから。

主役の4人があまり可愛くないともっぱらの評判ですが、『ハリポタ』のラドクリフやエマ・ワトソンあるいは『LOTR』のイライジャ・ウッドなどの報道のされ方は「乱痴気騒ぎ」と呼ぶのににふさわしく、そんなくだらない雰囲気に巻き込まれないぶんかえって良いんじゃないか、とも思えます。

アスラン・ザラネタは、やめときますw

(ファボーレ東宝)


cast_01 at 21:36│Comments(11)TrackBack(41)映画(ナ行) 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ナルニア国物語/第1章 ライオンと魔女  [ 何を書くんだろー ]   2006年03月06日 21:57
「ナルニア国物語」 第1章 ライオンと魔女 評価 ★★★★☆ (3.5) 『あらすじ』  第二次世界大戦まっただ中のロンドン。激化する戦争に4人の子供を疎開させる母親。弟、妹を任さ れる長男・ピーター。長女・スーザン、次男・エドマンド、次女・...
2. ナルニア国物語 第一章ライオンと魔女  [ 色即是空日記+α ]   2006年03月06日 21:59
壮大な物語の第一章  続きが気になるつくりは嫌だなぁ〜と思ってたら これだけでも十分楽しめる!! (*^ー゚)b    安心してください、皆さん(笑   どうしてもこういうファンタジーものとなると ロード・オブ・ザ・リング やハリー・ポッター と比べ....
3. ナルニア国物語 〜第1章ライオンと魔女〜  [ step by step  ]   2006年03月06日 22:06
3月4日(土) 『ナルニア国物語 〜第1章ライオンと魔女〜』観て来ました! 全7巻からなるファンタジー巨編「ナルニア国物語」シリーズの第1章です。 原作:C.S.ルイス 監督:アンドダ
4. ナルニア国物語/第一章:ライオンと魔女  [ 悠雅的生活 ]   2006年03月07日 01:49
真冬のナルニア国、伝説の子どもたちと、アスランのいる春
5. 先行上映「ナルニア国物語」を見てきました。  [ よしなしごと ]   2006年03月07日 04:19
 先行上映でナルニア国物語 第1章ライオンと魔女を見てきました。オールナイトだったので、午前中は梅の写真を撮りに行き、すぐにオールナイトに備えて昼間はお昼寝。夜中に起き出し、バイクで映画館へ。トメルミンと眠眠打破を飲んで、眠気に備えました。
6. 映画館「ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女」  [ ☆ 163の映画の感想 ☆ ]   2006年03月07日 06:55
壮大なファンタジー作品、、、 「ロード・オブ・ザ・リング」や「ハリー・ポッター」シリーズは、好きだけど。。。 なんか、もうこの手のファンタジーはお腹いっぱいって感じになってしまいました。。。まず、普通の動物が人間言を話すのがイヤ。クリーチャーとか実在...
7. ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女  [ Saturday In The Park ]   2006年03月07日 09:43
アメリカ  監督:アンドリュー・アダムソン 出演:ウィリアム・モーズリー     アナ・ポップルウェル     スキャンダー・ケインズ      ジョージー・ヘンリー 第二次世界大戦下のイギリス。ペベンシー家の子供たちピーター&スーザン& エドマンド&ル...
8. ナルニア国物語 -第一章 ライオンと魔女-  [ Akira's VOICE ]   2006年03月07日 10:55
童心と想像力を甦らせてくれる空想世界の探訪。
9. ■ナルニア国物語 第一章ライオンと魔女  [ ルーピーQの活動日記 ]   2006年03月07日 13:13
第二次世界大戦下のロンドン。ペベンシー家の4人兄妹は、疎開のため田舎の古い屋敷に預けられる。長兄のピーター(ウィリアム・モーズリー)、長女スーザン(アナ・ポップルウェル)、次男のエドマンド(スキャンダー・ケインズ)、末っ子のルーシー(ジョージー・ヘンリ...
10. ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女(評価:○)  [ シネマをぶった斬りっ!! ]   2006年03月07日 19:10
【監督】アンドリュー・アダムソン 【出演】ウィリアム・モーズリー/アナ・ポップルウェル/スキャンダー・ケインズ/ジョージ・ヘンリー/ティルダ・スウィントン/リーアム・ニーソン(
11. ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女(先行上映)  [ カリスマ映画論 ]   2006年03月07日 23:46
【映画的カリスマ指数】★★☆☆☆  フウ・・・参った    
12. 『ナルニア国物語 第1章・ライオンと魔女』  [ ラムの大通り ]   2006年03月08日 10:46
----この映画のこと、すごく心配していたよね。 予告編とかだと、戦いのシーンなどスゴそうだったけど…。 「そこなんだ。もっとも不安だったのは…。 思うにこの映画の不幸は『ロード・オブ・ザ・リング』が すでに映画化され、 しかも高い評価を受けた後に 生まれてきたこ...
13. ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女  [ カノンな日々 ]   2006年03月08日 10:48
5 観てきましたッ。あのナルニアの世界がスクリーンいっぱいに映し出され、あのアスランの神々しい姿が目に焼き付き、夢のようなひととき。原作ファンの期待は決して裏切られてないと思います。もちろん欲を言えばキリがないんだけど、原作には忠実に、そしてエンターティーメ....
14. ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女  [ 吾輩はナマケモノである。 ]   2006年03月08日 11:06
3月最初の一本は『シリアナ』と『クラッシュ』と『ナルニア』、まだ観ていない『フライト・プラン』とグルグル悩みましたが、『ナルニア国物語』を観てきました。 予想に反して楽しめました。 『ロード・オブ・ザ・リング』のように尻切れで、2章、3章へ・・・・だったら...
15. ナルニア国物語〜第一章:ライオンと魔女〜・・・・・評価額1250円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2006年03月08日 15:10
衣装箪笥の扉は不思議への扉♪ C・S・ルイス原作のファンタジーの古典、「ナルニア国物語〜ライオンと魔女〜」の最初の映画化。 ちなみにテレビシリーズは昔あったね。 第二次世界
16. 「ナルニア国物語 ライオンと魔女」先行上映にて 純粋な児童向けファンタジー  [ xina-shinのぷちシネマレビュー? ]   2006年03月08日 21:49
『県庁の星』のあとに続けて見たのが、『ナルニア国物語 ライオンと魔女』です。 私は『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズとして映画化された『指輪物語』しか知らなかったのですが、今度ジブリによってアニメ化される『ゲド戦記』と合わせ世界三大ファンタジーと呼ばれ...
17. ナルニア国物語〜第一章ライオンと魔女  [ シャーロットの涙 ]   2006年03月08日 21:51
夢と魔法の王国、ディズニーの正統派ファンタジー作品 指輪物語ともかなりだぶる世界観の中、どうも見る気がしなかったけれど期待しなかった割には、かなりお話には引き込まれた。 ファンタジー作品もこのごろVFXの技術も物凄く進歩していて、リアルな映像が再現できるよ...
18. 『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』(先行)  [ 【徒然なるままに・・・】 by Excalibur ]   2006年03月08日 23:30
やはり気になるので先行で見てきました。 予めチケットを押さえておいたので余裕で出掛けたのですが、場内はガラガラ・・・。のんびり見られるのは嬉しいですけれど、これでは先が思いやられます。一般公開後はヒットしてくれることを願うのみです。 物語は心配していた...
19. 『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』2006・3・5に観ました  [ 映画と秋葉原とネット小遣いと日記 ]   2006年03月08日 23:49
『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』    公式HPはこちら ●あらすじ 第二次世界大戦下のイギリス。ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーの4人の子供達は、ドイツ軍のロンドン大空襲を逃れ、田舎のカーク教授の元に疎開する。ある日、古い屋敷の中
20. ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女  [ 映画通の部屋 ]   2006年03月09日 00:24
「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」THE CHRONICLES OF N
【VIRGIN TOHO CINEMAS 六本木ヒルズ】第二次世界大戦下のイギリス。ペベンシー家の子どもたち、ピーター(ウィリアム・モーズリー)、スーザン(アナ・ポップルウェル)、エドマンド(スキャンダー・ケインズ)、ルーシー(ジョージー・ヘンリー)の4人は、ロンドンの空襲を...
22. 「ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女」  [ ば○こう○ちの納得いかないコーナー ]   2006年03月10日 02:40
「指輪物語」にも「ハリー・ポッター」にも全くはまらなかった自分だが、「ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女」にはすっかりはまってしまった。先週末に観た映画の話で在る。 イギリスのC・S・ルイス氏が著したファンタジー児童文学「ナルニア国物語」を原作にしたこ...
23. 映画「ナルニア国物語(第1章ライオンと魔女)」を観て  [ とみのひとりごと ]   2006年03月10日 08:31
 のっけから、いきなり、つかまれた。だまされるもんか、どうせハリーポッターみたいな映画なんでしょ?と、あまり期待しないで観始めたのた。すると、戦争中の空襲のシーン。防空壕に非難しようとする家族。弟のエドマンドは、父の写真を取りに、家に戻ろうとする。「早く...
24. ナルニア国物語-第1章:ライオンと魔女-  [ Alice in Wonderland ]   2006年03月10日 15:34
一日経った今日もまだ少し興奮気味な私・・・やっぱりファンタジーがすごく好きみたいです。『ロード・オブ・・・』も『ハリー・ポッター・・・』も大好きで何度も観てるくらいだからね。 第二次世界大戦下のロンドン。ベンジー家の4人兄妹は、疎開のため、田舎の古い...
25. ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女  [ kirara☆cinema heart ]   2006年03月10日 21:40
■あらすじ 第二次世界大戦下のイギリス、ロンドン。ペベンシー家の4人兄妹は田舎
26. ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女  [ わかりやすさとストーリー ]   2006年03月10日 22:06
●聖書のエピソードが豊富にちりばめられた物語●イエス。ピーター(使徒ペテロ)。善悪を知る木の実。裏切りのユダ。エソウとヤコブ。ゲッセマネの園。マグダラのマリア等。これらを知らないでも楽しめるが、知っていればさらに楽しめる。
27. 「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」  [ ナナシ的エンタメすたいるNet ]   2006年03月11日 02:06
仕事帰りに丸の内ピカデリーで 「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」を観てきました。 イギリス人作家C.S.ルイスが1950年に発表した作品で、 全7巻からなるファンタジー小説を映画化。 主人公の4人はイギリスの天才子役が演じ、 ニュージーランドで大がりのロケでスケ...
28. ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女  [ ネタバレ映画館 ]   2006年03月13日 17:21
 『E.T.』のドリュー・バリモアをも思い出させるルーシーちゃん。一人だけアフレコ感が溢れていました(字幕版)。
29. 「どろろ」撮影日記総集編??〜NZ編  [ つまぶろ。 ]   2006年03月15日 10:18
どろろ公式サイト応援ありがとうございます! 人気ブログランキング 2007年1月公開決定、制作費20億、妻夫木聡主演映画『どろろ』。以前は妻夫木聡公式サイトのBBSでマネージャーによる映画&ドラマ撮影日記とかやってたのですが。近頃とみに更新頻度遅いし、『どろ....
30. ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女  [ impression ]   2006年03月15日 17:44
第二次大戦下のイギリス。 ペベンシー家のピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーら4人の子供たちが迷い込んだ別世界ナルニア国。 かつて偉大なる王、アスランに創造されたその羀
31. ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女  [ impression ]   2006年03月15日 17:45
第二次大戦下のイギリス。 ペベンシー家のピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーら4人の子供たちが迷い込んだ別世界ナルニア国。 かつて偉大なる王、アスランに創造されたその羀php/
32. ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女  [ まつさんの映画伝道師 ]   2006年03月17日 11:00
第387回 ★★☆(劇場)  かつて我々には「未開の地」があった。  西洋人は世界を航海し、新大陸を「発見」したと言った。  しかしそれは西洋人都合であって、既にそこには人が暮らし、それぞれの文化・文明が営まれていたのだ。クリストファー・コロンブ....
33. ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女  [ 映画、言いたい放題! ]   2006年03月19日 21:04
子供の頃、この本が家にあり、読んだのですが、 ちっとも面白くありませんでした。 映画化されたということで、ちょっとびっくり。 観てみることにしました。 映画館で鑑賞。 第二次世界大戦下のイギリス、 ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーの4人の兄妹は、...
34. 「ナルニア国物語」ファンタジーの世界に乗れるかどうか  [ soramove ]   2006年03月27日 11:42
「ナルニア国物語」★★★ ウィリアム・モーズリー、アナ・ポップルウェル出演 アンドリュー・アダムソン監督、2005年アメリカ 出来のいいファンタジー 戦争で田舎に疎開して、大きな屋敷に やってきた4人の兄弟姉妹 女の子が大きな衣装ダンスの扉を開けると ...
35. 「ナルニア国物語・第1章ライオンと魔女」見てきたよ。  [ 雪華と、うふふ ]   2006年03月31日 13:10
はい、こんばんは。 <映画と関係ないんですけど、私、誤字脱字が多いらしいのです。すみませんね。> 子どものときに、押し入れに閉じこもったことありますでしょうか? きっと、多いですよね。 暗くて、ふわふわした触感が心地よかったし、自分の世界だわあって思....
36. 子供向け?子供騙し?「ナルニア国物語」  [ That's the Way Life Goes ]   2006年04月02日 00:29
。[:映画:] 「ナルニア国物語       第一章 ライオンと魔女」 結構楽しみにしていて、前売り券なんて買っちゃって、付録のオマケがストラップだった。 電池がついているので光るらしい。 何種類かあって、っこれは「白い魔女」。 観終えた今、「アスラン」に...
37. 「ナルニア国物語」の感想です。  [ GOOD☆NEWS ]   2006年04月11日 01:27
「ナルニア国物語」は公開の初日に観ていたのですが、私の仕事が忙しかったというのと、WBC関連の話題に追いやられて中々感想を書けませんでした。仕事も一段落して、やっと心の平穏を取り戻したので、ゆっくり思い起こして感想を書きました(^_^;)。 ■ストーリー抜粋≫...
38. [ ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女 ]子どもが未来を切り開く  [ アロハ坊主の日がな一日 ]   2006年04月11日 20:05
[ ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女 ]@ 吉祥寺で鑑賞。 原作「ナルニア国物語」は全7巻からなる壮大なファンタジ ー・シリーズの第1章。同時期に書かれた「ロード・オブ・ ザ・リング」も好きだが、それよりも本作のほうがオシで ある。何より、可能性に満...
39. ナルニア国物語 第1章 ??ライオンと魔女??  [ シネクリシェ ]   2006年04月19日 07:38
 『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズは、作品としてだけでなく興行的にも大成功を収めました。  しかしながらひとつだけ注文したかったことがあ
40. 映画・ナルニア国物語・ライオンと魔女より日常英会話抜粋!  [ 英語の本を原書で読みたい! ]   2006年11月04日 23:45
(234)You need it more than I do.     〔私よりあなたの方が、ハンカチが必要だわ〕 ナルニア国物語〜ライオンと魔女の映画ですが、小説よりも戦闘シーンが長いですし、とにかく特撮が凄く、ライオンやビーバー、オオカミなどが本物に見えるくらいよく出来てい...
41. ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女  [ 日々、書く、えいが、おんがく、DTM。。。 ]   2007年05月20日 10:14
こんばんわ!! 超、久しぶりに昨日、ツタヤに行きました。 12月にDVDをなくしてしまい、 その損害賠償金として、30000円を 払って以来、「もう、借りてやるか」 と捨て台詞を吐いて、とりあえず、 1年借りるのをやめようかと思いました。 だけど、もう我慢ができ...

この記事へのコメント

1. Posted by たましょく   2006年03月06日 21:56
 TBありがとうございますm(_ _)m

 なるほど、「指輪」と比べること自体が
ちょっと勇み足だったかもしれません。確
かに同じモノを目指すのでは、作品のオリ
ジナルさが損なわれますもんね。

 かと言って、やはり今作は物足りないも
のでした。派手な演出や残酷な描写を求め
ていたとゆーよりは、もっと「4人」の運
命が重大なモノだとゆーことが伝わってき
て欲しかった。

 >アズラン・ザラネタは

 いや、既にその一言がネタではw
2. Posted by みょん   2006年03月06日 22:08
いいなあ!もう見てこられたんですね!
うちはSWとLOTRが
家族行事と化しているので
従兄弟どもの受験が終結するまで
行けません(´・ω・`)
終わったら大都会へGOだ〜

やっぱ白い魔女とエルフの奥方様が
かぶってみえ以下略
3. Posted by Yin Yan   2006年03月07日 00:15
こんにちは、コメントありがとうございます。
おっしゃる通り聖書をどれだけ身近に感じてるかで
理解度も変わってしまうような作りでしたね。
そもそも超大作には似合わない物語なのかも
しれませんね、まっとうなおとぎ話だし。
ただせっかく映画なんだから、もうちょっと
ワクワクさせる演出が必要かなあ。
そのへんを続編で見せてくれるといいのですが。
4. Posted by ルーピーQ   2006年03月07日 13:17
こんにちは☆
TB有難うございます。^^
残酷度を抑えた描写はディズニーだから仕方ないにしても、違和感が残ってしまいました。^^:
真っ当なファンタジーの作りに好感は持てるので、映画的なワクワク感がもっと出せていれば良かったかなぁ〜と思います。
5. Posted by L'oiseau Bleu   2006年03月07日 13:23
観てきたので一言。
内容が比較されて当然の映画なんですね、時代を反映させた展開ということらしいですが、歴史や宗教に全く無知な私にはどの部分がどうこうというのがサッパリ分かりませんでしたが、文章を読んで少し見方が変わったような気がします。
DVDが出たらもう一度見直します。

アスランネタですが、原作を知らない人でSEEDを観ていた人なら、絶対に意識してしまうハズです、ハイ。
6. Posted by メビウス   2006年03月07日 19:13
こんばんわ♪TB有難うございました♪

自分はレヴューの一番最初でアスランネタをやってしまいました・・(^▽^;)そして後から気づいたんですが、やってる人が意外に少なかったことが判明しました(汗

原作は未読なんですが、ナルニアは順を追ってのストーリーではないんですね。過去のエピソードも掘り返すストーリー展開は面白そうですね♪
7. Posted by キャスト   2006年03月07日 19:32
>たましょくさん
4人が運命に導かれた存在である、というドラマティックな表現は欲しかった所ですね。彼らはこの後のナルニアで伝説になる程の王たちですが、その辺もあんまり伝わってない。

>みょんさん
小学校の図書館でのワクワク感を思い出しながら楽しんでください。
8. Posted by キャスト   2006年03月07日 19:36
>Yin Yanさん
やはり欧米では(信仰心の程度の差こそあれ)聖書は一般的な知識になってますから、その辺の理解が必要になってきますね。もっともキャストの知識は主に漫画やアニメからですが。

>ルーピーQさん
残酷描写、という点では「石像にされて砕け散ったグリフォンがアスランに息を吹きかけられたらどうなるか」が見たいです(マテ)
9. Posted by キャスト   2006年03月07日 19:44
>L'oiseau Bleuさん
つらつらと思うままに書いてみましたが、深く考えなくても楽しめる映画だったと思います。
ルイスとトールキンは色々と因縁があるらしいです。「指輪」と「ナルニア」は遠い双子のような関係なのかもしれません。

>メビウスさん
最初はアスラン・ザラとラクス・クライン(魔女役)のアイコンを使った漫才形式にしようと考えてましたw
そういえば日本語吹き替え版のアスランは誰なんだろう。まさか石田さん?
10. Posted by ノラネコ   2006年03月08日 15:15
TBありがとうございました。
私には原作に比べて強調された「戦」が痛々しく感じてしまいました。
まあ映画的には見せ所で、作り手としてもジレンマがあったと思うのですが、楽しんでは見られませんでしたね。
11. Posted by キャスト   2006年03月08日 19:43
>ノラネコさん
戦争の描写が増えてるのは、明らかに『LOTR』の影響ですね。原作に比べるとテンションは高すぎかもしれません。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
Recent Comments
訪問者数