2006年06月13日

花よりもなほ3

花よりもなほ6点/10点満点

時は元禄15年、徳川5代将軍綱吉の時代。生類憐れみの令が幅を利かせた泰平の世。巷では、赤穂浪士が切腹させられた浅野内匠頭の仇を討つのかどうかが大きな関心事となっていた。そんな中、父の仇を討つため、信州松本から江戸に出てきた若者、青木宗左衛門(宗左)。貧乏長屋に腰を据え、仇である金沢十兵衛を捜して回るが、一向に見つけられず、いまだ使命を果たせずにいた。ところがそもそもこの宗左、武士とは名ばかりで、剣の腕はからっきしダメときていた。おまけにいつしか、向かいに住む美しい未亡人、おさえにほのかな恋心を抱いてしまう始末で…。

『誰も知らない』といえば「知られちゃいけないデビルマンが誰なのか」ではなく、カンヌで柳楽優弥が男優賞を史上最年少で獲得したことで有名。その『誰も知らない』の是枝裕和監督が時代劇に挑戦。とか偉そうなこと書いてますが、同監督作品はこれが初体験だったりします。


ゆるゆる〜っとした人間達がゆるゆる〜っとした時間を紡ぎだすゆるゆる映画です。物語の方向性がハッキリしないままなんとなくラストに向かって流れ込む、といった感じなんですが、別段それがいらいらするわけではありません。特に身構えず観たのが良かったのか、結構楽しめました。

宗左の駄目っぷりが際立っており、おそらく仇討ちを行うことは無いだろうと予想してたんですが、偽の仇討ちで百両騙し取るという選択は意表をつかれました。それまで実のない体面にこだわっていたことを思うと痛快でもあります。ところで本作は喜劇調なのでギャグシーンはふんだんにあるんですが、最も可笑しかったのは木村祐一と浅野忠信の目鼻立ちが妙に似ている、という所です。

「復讐の連鎖や暴力の応酬は人間として悲しい」という言葉は実に正しいんですが、硬いですよね。ガチガチの正しさはシニカルな反発を招きやすくもします。それよりは「死んだらつまんないし命のやり取りをしてもお腹は膨れない」の方がずっと受け入れやすいです。本作のゆるさは、そういう点でも有効です。

それにこういう心の余裕を持つのも人間として大事なことなんじゃないでしょうか。登場人物は全て生き生きとしてますが、それは長屋の住人に限らずお話の上では悪役になる長屋の大家も宗左の母と弟もそうです。家賃の取り立てて意地悪を言っといきながら討ち入り後豹変して小野寺十内を褒め称え饅頭でぼろ儲けする大家、家計が苦しいと手紙を送って藩からの支給金を内緒にする母親。こんなしたたかさも、人間なら誰でも持つ猥雑さのあらわれと見ればなんとなく憎めなくなってきます。

それにしても戦って死ぬのが美しい、とは時代ががってるなあ・・・とも言い切れないのが怖いです。以前猪口少子化相が「『負け組』は立派だ。その人たちは戦ったのだから。本当に反省すべきは『待ち組』だ」という旨を述べ、小泉首相もこれを支持する発言をしています。21世紀の日本のトップが、戦わないのは悪、いっそ戦って死ね、とか本気で考えてるんですからあきれます。とりあえず当ブログにおいては宗左の叔父の「耐えて生きることのワビサビ」の言葉がThe Most Impressive Phraseだったと宣言しておきます。

(ファボーレ東宝)


cast_01 at 20:35│Comments(6)TrackBack(43)映画(ハ行) 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「花よりもなほ」何となくいいのだ  [ 小生の映画日記 ]   2006年06月13日 21:19
4 ストーリー: 仇討ちに藩が賞金を出していた元禄十五年に、田舎侍の宗左衛門(岡田准一)は、父の仇討ちのために江戸に出てくる。しかし、剣の腕がからきし立たない宗左衛門は、貧しいながらも人情味あふれる長屋で暮らす間に、仇討ちをしない人生もあることに気づかされる....
2. 花よりもなほ  [ 5125年映画の旅 ]   2006年06月13日 21:28
4 ターラーラータタ、タラタタターララターラーラータタ、タラタタター ああ!あのメインテーマが頭から離れない! 『誰も知らない』の是枝裕和監督最新作。父親の仇を探す侍と、彼の暮すオンボロ長屋の住人が織り成す人情物語です。 仇討ちのお話なんですが、血生臭い展...
3. 『花よりもなほ』  [ ラムの大通り ]   2006年06月13日 21:37
----これは『誰も知らない」で 一躍時の人となった是枝裕和監督の新作。 時代劇と言うことでまたまた注目を集めているんだよね。 もうできあがっていたんだ。 でもこのタイトルどういう意味? 「『忠臣蔵』のお話は知っているよね。 これは、その中で浅野内匠頭が読んだ辞世...
4. 『花よりもなほ』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2006年06月13日 21:43
強いばかりが侍ではないやさしくなければ 侍にはなれない   ■監督・原案・脚本 是枝裕和■キャスト 岡田准一、宮沢りえ、古田新太、加瀬 亮、香川照之、木村祐一、千原靖史、上島良平、浅野忠信、國村準、中村嘉葎雄、原田芳雄、石橋蓮司、寺島進□オフィシャル...
5. 『花よりもなほ』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2006年06月13日 22:26
強いばかりが侍ではないやさしくなければ 侍にはなれない   ■監督・原案・脚本 是枝裕和■キャスト 岡田准一、宮沢りえ、古田新太、加瀬 亮、香川照之、木村祐一、千原靖史、上島良平、浅野忠信、國村準、中村嘉葎雄、原田芳雄、石橋蓮司、寺島進□オフィシャル...
6. あだ討ちって何だろう「花よりもなほ」  [ 再出発日記 ]   2006年06月13日 22:49
監督:是枝裕和 出演:岡田准一、宮沢りえ、古田新太、國村準、中村嘉葎雄、浅野忠信、原田芳雄、香川照之、田畑智子、上島竜平、千原靖史、木村祐一、加瀬亮、平泉成、絵沢萠子、夏川結衣、寺島進、石橋蓮司、あだ討ちは必ずしも「恨みを晴らす」行為ではない。米を作る...
7. 花よりもなほ  [ シャーロットの涙 ]   2006年06月13日 23:21
ちょっとリアルでない、日本昔話〜の世界で、300年も前の出来事のようにはどうも見えませんでしたねえ。 どこでもドアを開けたら、そこは長屋だったという印象…笑 カッコいいヒーローでなく弱くて逃げ足が速い普通の人を取り巻く、臭くて可笑しくて、ちょっとほろりのゆる...
8. 花よりもなほ  [ ネタバレ映画館 ]   2006年06月13日 23:28
 風さそふ 花よりもなほ 我はまた 春の名残をいかにとやせん
9. ゆるゆる時代劇「花よりもなほ」  [ 平気の平左 ]   2006年06月14日 00:15
評価:60点 正直、イマイチでしたね。 migさんにあんまりのようだ、という話を聞いていたので、幸いショックは大きくなかったですが。 テーマはミュンヘンをはじめとして今流行りの(?)復讐モノ(時代劇なので仇討ち)。 しかし、キャストに木村祐一や上島竜兵、千原兄弟...
10. ゆるゆる時代劇「花よりもなほ」  [ 平気の平左 ]   2006年06月14日 00:16
評価:60点 正直、イマイチでしたね。 migさんにあんまりのようだ、という話を聞いていたので、幸いショックは大きくなかったですが。 テーマはミュンヘンをはじめとして今流行りの(?)復讐モノ(時代劇なので仇討ち)。 しかし、キャストに木村祐一や上島竜兵、千原兄弟...
11. 映画「花よりもなほ」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2006年06月14日 00:45
松の廊下の刃傷沙汰から1年後、時は元禄15年、五代将軍・綱吉の生類憐みの令は、お犬様のその時代、仇討ち男と長屋に暮らす人々と人情話。 吉良上野介とも浅野内匠頭とも、全く関係のない男、道場の息子でありながら剣がからきし駄目な青木宗左衛門(岡田准一)、...
12. 『花よりもなほ』  [ ねこのひたい〜絵日記室 ]   2006年06月14日 01:21
是枝裕和と書いて「これえだひろかず」と読みますが、桂三枝と書いて「かつらさんし」と読みますが、三枝成彰と書いて「さえぐさしげあき」と読む人が、日テレ系「11PM」の後番組
13. 花よりもなほ  [ It's a Wonderful Life ]   2006年06月14日 08:27
この作品、ほんわかしててとても気に入りました。 あまり何も起こらない時代劇。登場人物がどれも魅力的。 のんびりと可笑しく過ごす彼らの日常を見て行くうちに、 なんだか自分がボロボロの長屋の住人となって 一緒に見守っている気になってくるから、 楽しくて...
14. 「花よりもなほ」  [ てんびんthe LIFE ]   2006年06月14日 10:50
「花よりもなほ」ル・テアトル銀座で鑑賞 是枝監督のオリジナル脚本で描かれた時代劇。今回は限りなくネタバレ。父の仇討ちに執念を持つ若武士が江戸貧乏長屋で暮らすうちにそこで暮らす人々との交流の末、仇討ちにどういう意味があるのかを悟っていく。登場人物が多すぎ...
15. 映画vol.62『花よりもなほ』※試写会  [ Cold in Summer ]   2006年06月14日 10:53
『花よりもなほ』(2006年公開)*試写会 岡田准一 改メ 青木宗左衛門 監督:是枝  出演:岡田准一 宮沢りえ 『花よりもなほ 公式HP 』 06.05.26 博多百年蔵の試写会で観てきました。蔵なだけに、雰囲気はぴったり。 さらに監督...
16. 花よりもなほ  [ Akira's VOICE ]   2006年06月14日 11:03
日本の過去から届いた「戦わない強い意志」 ちゃんと受け取りました。
17. 映画「花よりもなほ」  [ ミチの雑記帳 ]   2006年06月14日 11:27
映画館にて「花よりもなほ」 是枝監督最新作は時代劇。 元禄15年、仇討ちに藩が賞金を出していた時代の話。父の仇を討つために貧乏長屋に住み着いた田舎侍・青木宗左衛門(岡田准一)の仇討ちの顛末を描く。 この貧乏長屋がありえないほど汚くて匂ってきそうなほど。そこに...
18. 花よりもなほ・・・・・評価額1650円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2006年06月15日 00:53
是枝裕和監督のデビュー作、「幻の光」は衝撃だった。 能登の漁村を舞台に、心に傷を負った一人の女が、たゆたうような穏やかな時間の中で、徐々に癒されてゆく物語。 ドキュメンタダgori 
19. 花よりもなほ・・・・・評価額1650円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2006年06月15日 00:54
是枝裕和監督のデビュー作、「幻の光」は衝撃だった。 能登の漁村を舞台に、心に傷を負った一人の女が、たゆたうような穏やかな時間の中で、徐々に癒されてゆく物語。 ドキュメンタダ
20. 花よりもなほ(映画館)  [ ひるめし。 ]   2006年06月15日 20:47
仇討ちだよ、全員集合! CAST:岡田准一/宮沢りえ/古田新太/加瀬亮/中村嘉葎雄/浅野忠信 他 ■日本産 127分 仇討ちがテーマだけどゆるゆるな感じの時代劇でした〜。 つまらなくなかったけどこれと言って何かひっかかるでもなかった映画だった。 へっぴりだけど優しい...
21. 『花よりもなほ』  [ Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐ ]   2006年06月15日 22:33
時は太平、元禄の世。 お犬様が持てはやされ…、ポツリを呟かれる、「俺たち人間も生き物なんだけど…。」 そんな時代を生きる人々の小さいな希望と、過ぎ行く日常を淡々とした描写で見せきった作品「花よりもなほ」 その時代に住む人々の小さな変化や、日常にスポットを当...
22. 【劇場映画】 花よりもなほ  [ ナマケモノの穴 ]   2006年06月15日 23:03
≪ストーリー≫ 父の仇を討つため信州松本から江戸に出てきた青木宗左衛門は、おんぼろ長屋で実家からの仕送りだけが頼みの貧乏生活を送りつつ、憎き仇、金沢十兵衛の所在を探っていた。仇討ちに成功した暁には、名誉の回復だけでなく藩からの賞金も手に入るはずだ。ところ...
23. 『 花よりもなほ 』  [ やっぱり邦画好き… ]   2006年06月16日 07:59
 公式サイト 映画 『 花よりもなほ 』 [試写会鑑賞] 2005年:日本   【6月3日ロードショー】 [ 上映劇場 ] 監 督:是枝裕和 脚 本:是枝裕和 原 案:是枝裕和 [ キャスト ] 岡田准一 宮沢りえ 古田新太 國村準 中村嘉葎雄...
24. 映画:花よりもなほ  [ 駒吉の日記 ]   2006年06月16日 14:28
花よりもなほ@丸の内ピカデリー 「く○を餅に変えるんですよ」 「風さそう 花よりもなお 我はまた 春の名残を 如何とかやせん」 (風が花を散らしてしまうのをどうすることもできないように、私もまた自分自身をどうすることもできないものだ)赤穂浅野藩第3代...
25. 「花よりなほ」をみて  [ ブログで豚犬殿下 ]   2006年06月17日 11:21
「花よりなほ」をみた。岡田准一主演による、剣の腕がからきしダメな侍の仇討ちを描
26. 花よりもなほ 【A面】  [ まつさんの映画伝道師 ]   2006年06月17日 14:35
第478回 【A面:深読み】 ★★★★(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ) 「花よりもなほ」は、時代劇の体をとった反戦映画である。  宗左衛門(岡田准一)は父親の仇を討つため、頬にアザのある男(浅野忠信)を探して江戸にやってく....
27. 花よりもなほ 【B面】  [ まつさんの映画伝道師 ]   2006年06月17日 14:36
第479回  今回の記事は「花よりもなほ」の感想になっておりません。また本編未見の方には判りにくい文面になっておりますのでご了承下さい。 【B面:浅読み】 ★★★★(劇場) (単なる不満話にて、ご注意あそばせ)  日本の国語教育に関して、昔から....
28. 【劇場鑑賞61】花よりもなほ  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2006年06月19日 00:21
3 てぇへんだ、てぇへんだぁ! あだうちだぁ〜!! 時は元禄十五年 舞台はお江戸の貧乏長屋 若侍の抱える使命は 父の仇を討つことだとさ ところがこの侍 えらく弱えときたもんだ
29. 花よりもなほ  [ とにかく、映画好きなもので。 ]   2006年06月19日 20:40
4  父の仇を討つため、信州松本から江戸に出てきた青木宗左衛門(岡田准一)。  おんぼろ長屋に住み。憎き仇、金沢十兵衛の所在を探っていた。  仇討ちに成功した暁には、藩からの賞金も手に入り順風満帆な生活も送れる。  しかし、この宗左衛門....
30. 花よりもなほ  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2006年06月25日 01:04
5 監督:是枝裕和出演:岡田准一/宮沢りえ/古田新太/國村準/中村嘉葎雄/浅野忠信/原田芳雄 物語父の仇を討つため信州松本から江戸に出てきた青木宗左衛門は、おんぼろ長屋で実家からの仕送りだけが頼みの貧乏生活を送りつつ、憎き仇、金沢十兵衛の所在を探っていた。...
31. 「花よりもなほ」  [ 四十男の鉄下駄映画修行 ]   2006年06月26日 20:31
「花よりもなほ」観て参りました。先ず衰退の一途を辿る時代物にあえて挑戦した是枝監
32. 花よりもなほ  [ 銅版画制作の日々 ]   2006年06月29日 22:06
水曜日はレディスーディーまた映画を一本観てきました!「誰も知らない」の監督、是枝裕和の最新作『花よりもなお』です。主演はV6の岡田准一君、脇を固めるのは古田新太・宮沢りえ・香川照之・田畑智子等々お笑い人やベテラン俳優もいっぱいすべて書くのは大変なので岡田君...
33. 映画「花よりもなほ」を観て  [ とみのひとりごと ]   2006年07月04日 06:27
 ほんわかしていて、さりげない・・・と思った。
34. [ 花よりもなほ ]新しさと昔らしさ  [ アロハ坊主の日がな一日 ]   2006年07月10日 18:36
[ 花よりもなほ ]@銀座で鑑賞 [ 誰も知らない ]の是枝裕和監督の最新作。 最近は、プロデューサー業をメインにやっているようだが、 もっと撮ってほしいね。ウディ・アレンのようなおじいち ゃんでも頑張って撮ってるんだから。せめて毎年1本は撮っ てほしい。本...
35. 「花よりもなほ」  [ Tokyo Sea Side ]   2006年07月15日 23:53
時代劇とは言ってもコメディタッチのなので抵抗はありませんでした。コレと言った山場はないものの、見終わった後には心が温まる、そんな作品でした。仇討ちの為に上京してきた宗左が、長屋の住人達と交わるうちに、仇討ちとは何なのか考え始める。その成長の過程を見ている...
36. 花よりもなほ  [ CinemA*s Cafe ]   2006年08月24日 23:43
http://www.kore-eda.com/hana/ 岡田くん。すてき♪かわいいし、かっこいい(*^O^*) ちょっとジーンと来てしまうシーンがあったのは岡田くんの表情だからこそだと思う私。 脇役達もなかなか良い味を出していて 9
37. 花よりもなほ  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2006年11月24日 12:55
『花よりもなほ』公開:2006/06/03監督:是枝裕和出演:岡田准一、宮沢りえ、古田新太、浅野忠信、香川照之、木村祐一 もちはくそからできるって〜?そりゃ端折り過ぎ・・・ ←岡田くんのデコが気になった方もそうでない方もポチッと♪
38. 「花よりもなほ」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2007年03月18日 22:49
劇場公開時、ぎりぎりまで考えて、結局見損ねた作品。 だって坑兇世掘ΑΑΨ歐佑安っちいし・・・。 DVDも新作価格から落ちてきたし、見てみることに。
39. mini review 07039「あかね空」★★☆☆☆☆☆☆☆☆  [ サーカスな日々 ]   2007年04月10日 17:21
カテゴリ : その他 製作年 : 2006年 製作国 : 日本 時間 : 120分 公開日 : 2007-03-31〜 監督 : 浜本正機 出演 : 内野聖陽 中谷美紀 中村梅雀 勝村政信 泉谷しげる 石橋蓮司 江戸は深川蛤町。職人たちが多く暮らす長屋が並んだ裏町で、井戸か...
40. mini review 07039「あかね空」★★☆☆☆☆☆☆☆☆  [ サーカスな日々 ]   2007年04月10日 17:23
カテゴリ : その他 製作年 : 2006年 製作国 : 日本 時間 : 120分 公開日 : 2007-03-31〜 監督 : 浜本正機 出演 : 内野聖陽 中谷美紀 中村梅雀 勝村政信 泉谷しげる 石橋蓮司 江戸は深川蛤町。職人たちが多く暮らす長屋が並んだ裏町で、井戸か...
41. 『花よりもなほ』  [ はなことば ]   2007年04月12日 06:59
2005年の作品。 時代劇の装置を使った、きわめて現代的なメッセージのある現代劇。そんなこといったって、「時代劇」を作る人間は現代に生きているわけだから、「時代劇」というのは須らく「現代劇」なわけですが。 憎しみや形のない名誉といったものを生きる糧にする....
42. 『花よりもなほ』’06・日  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2007年06月16日 22:27
あらすじ父の仇を討つため信州松本から江戸に出てきた青木宗左衛門(岡田准一)は、おんぼろ長屋で憎き仇、金沢十兵衛の所在を探っていた。ところが、この宗左、剣の腕はからっきしで・・・。感想『誰も知らない』の是枝裕和監督が打って変わって時代劇打って変わって明る...
43. 花よりもなほ  [ 映画、言いたい放題! ]   2007年09月03日 23:35
是枝裕和監督の作品が好きで楽しみにしていたのにも関わらず、 やっとDVDで観ました。 時は元禄15年徳川綱吉の泰平の世。 信州・松本から父の仇討ちの為に江戸にやって来た青木宗左衛門は、 おんぼろ長屋で実家からのわずかな仕送りだけで仇の行方を捜していた。 仇討...

この記事へのコメント

1. Posted by えめきん   2006年06月13日 21:32
TBありがとうございました。
まったりした良い映画でしたね。
気楽に生きる事がどれだけ大切かを教えてくれる一本ですね。
2. Posted by にら   2006年06月14日 01:20
国政を司る人々もそうですが、国内リーグに見向きもしなくせに、「サムライなんとか」と称される集団が諸外国と戦う時に限って一喜一憂する某国民をも、やんわりとたしなめているような気がしました。

ワールドカップを揶揄する時事ネタはちょっとヤバイかな、と思いつつも、書いちゃったんだからしょうがないってことで(笑)、TBありがとうございました。
3. Posted by ミチ   2006年06月14日 11:29
こんにちは♪
え?
キム兄ぃと浅野さんの目鼻立ちが似てるーー??
そういえば浅野さんも目が細めかも・・・。
宗左のおじさんの言葉、なかなか良かったですね〜。
4. Posted by ノラネコ   2006年06月15日 00:57
なかなかの秀作であったと思います。
時代も舞台もまるで違うのですが、なんとなく「かもめ食堂」に通ずるゆるさがありました。
ゆるゆるながら、言いたい事はしっかりと主張してる。
そんな印象でした。
5. Posted by キャスト   2006年06月15日 10:50
>えめきんさん
肩肘張って生きていくのが偉くて正しい、みたいな風潮になってますが、人間は本来もっとのんびり生きるべきなんじゃないかと思います。

>にらさん
ヤバイです。「負けたのに笑っているんじゃねえ」とかいって殴られます(←ヤバイ)
頑張る人が偉いのは納得なんですが、それだけが正しいって訳でもないだろう・・・と思うのは甘えなんですかね。
6. Posted by キャスト   2006年06月15日 10:55
>ミチさん
えっ、似てないですか?おかしいなぁ(キャストの目が)。
おじさん、いいですよね。セクハラは勘弁ですけど。

>ノラネコさん
邦画は最近良作が続いてますね。
遠回しに意図を伝える、というのが日本人の特性なんだから、こういう雰囲気は実に馴染みます。欧米式の自己主張が主流になってくると、この手の映画を読み取る力が失われていくんじゃないかと心配です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
Recent Comments
訪問者数