宮崎旅行記④セリのあと編 です。



①②③はコチラ

日本一の和牛が生まれる地へ。 〜全国津々牛牛:宮崎県編①〜 
1日目に見学させていただいた牛飼いさんのお話など。

1日目の夜。主人の会いたかった方々との交流会のお話など。

       

2日目の小林市の子牛のセリでのお話など。



無事2頭の子牛を購買することができ、手続きなどをして、食堂で軽めの昼食をとり小林市場をあとにします。
睡眠時間がほとんどとれずに、さらにこの日、セリ場をあちこちと駆け巡る娘を1日中追いかけまわして、結構疲れました。
それでも旅の間はできるだけ、子供も自分も楽しみたいもので、そう思うと、どこからか不思議なエネルギーというかHPが湧いてきます(笑)






次に見学させていただく方の牛舎へ行くまで時間があったので

朝小林市場に行く途中に目撃して、すごくすごくすごく・・・すごくすごく・・・気になっていたある場所へ行ってみることにしました。


 








インパクトありあすぎです‼️







ここは飲食店さんのお庭のようで、店内でコーヒーが飲めたので、日当たりのよいお座敷席でコーヒーをいただきながら休憩。
少し疲れがとれました。


鳥取に帰ってから知ったのですが、この大きな銅像は、城(じょう)たいがさんという方の作品で、1日目に牛舎を見させていただいた小野田さんの奥様の叔父様にあたるのだそうです。詩画書を書かれる有名な方みたいなので、すごくユニークで多才な叔父様ですね。
みやまどり宛」というところなので、小林市に行かれたら、ぜひ見に立ち寄ってみてください。というか自然に足が向いてしまうくらいインパクトありです!(笑)







そして向かったのは、またもや主人がSNSで交流のある松下さんの牛舎です。

道中で、セリ場で少しお話した廣庭さん(この方も主人とSNS上で交流があるようです!)が教えてくださった『高原アリスクリーム研究所』というアイスクリーム屋さんに行きました。



おうちみたいな建物に綺麗な芝生の庭。
娘がオムツを変えることのできるスペースまでありました。
ここでもゆったりくつろぐ私たち夫婦。(娘は車で爆睡しておられました。) 



セリ帰りの方がお孫さんと思われる子供を連れてこられていたり、きっとセリの日は帰りにここに寄ってアイスを食べようという方も多いのでしょうね。
とても、濃厚で美味しいアイスクリームでした。



      ↑これで350円は安いなぁ。
近所のお子様たちも気軽に食べられるように、という価格設定なんだそうです。


アイスクリームを食べていると、松下さんから連絡があり、合流して牛舎に向かうことになりました。松下さんと奥様と一緒に少しだけアイスを食べる時間があり、簡単に自己紹介したり談笑したりできました。


そして松下さんの牛舎へ。





牛の飼い方にも、牛飼いさんによって特徴があるので、新婚旅行に北海道に行った時もそうでしたが、なるべくいろいろなジャンルの飼い方が見られるように、主人が事前にSNSや人伝に聞いたりして、見学するところいくつか選んでくれています。

今回の松下さんの牛舎は、主人がいうところによると「近代的な飼い方」をされている牛舎なんだそうです。

わたしは牛を飼っているところを見させてもらったことは過去10か所くらいだと思うのです、松下さんの牛舎を見て思ったのは、かなり作業効率が良さそうだな、ということでした。(エサをやりやすく、作業も少人数でまかなえそう。)


牛もやはりすべて立派で、全部の牛が綺麗に揃って大きいです。
この二日間で見てきた牛がどれもすばらしいので、主人も宮崎の牛さん事情のお話などいろいろ質問したりしていました。



見学を終えて、この日の宿泊先の恵の湯 神の郷温泉にも案内していただきました。



奥様にも娘を抱っこしてもらったり、とてもよくしていただき、感謝感謝です。

ありがとうございました。






この日の宿は、2か月前に張り切って予約したので、貸切部屋に露天風呂がついている部屋をおさえることができ、子連れの宿泊には本当にもってこいで、ゆっくり休むことができたので、気に入りました。

温泉の湯質も、疲労回復に良いようで、たびの疲れも癒えました。

また次回もここに宿泊したいです。










アッという間の2泊3日の子連れセリ購買の旅も、無事に帰宅し終了。

もう少し近くに小林市場があればたくさん通うのになぁ、主人が帰りの飛行機でボソっとつぶやいておりました。
それくらいに、牛がすばらしく、行く先々で皆様にとてもお世話になりました。

宮崎で出会ったどの牛飼いさんたちも、みな楽しそうな顔をされていたのが印象的でした。
わたしもまたそんな宮崎に戻ってきたいなぁ。

お世話になったみなさま、本当にありがとうございました。





〜全国津々牛牛:宮崎県編~おしまい。