川島哲コラム・キャストパーシャルデンチャーの真実

2020年4月21日


今日は、いつもお世話様です。

新型ウイルス感染症の世界的蔓延で、歯科診療にも大きな影を落としております。

私達歯科医療人は、このような時期に手をこまねいているわけにはいかないので、今後の展望性について、お話申し上げます。

一般的に、患者様は感染する不安から、自粛しおのずと足が、歯科診療所から遠のくことがあり得ます。

保険診療での補綴物製作は、どうしても数を優先しがちでした。

となると、従前から感染対策を施し清潔な環境の歯科医院に通われる患者さんは、担当医も歯科スタッフにも感染予防の意味で、とても安心感と信頼感をお持ちです。

ここはやはり、この緊急事態で一日あたりの“少人数”こだわる自費診療が、とても強みを発揮する時代と感じます。


感染予防と歯科診療がマッチすれば、量を追い求めた診療形態から、
少人数の“患者思い”の診療形態こそが、今の国難を乗り越える道。

それに想いを馳せながら、ユニデントは自費診療のお手伝いをさせていただきます。


有限会社 ユニデント 代表取締役 川島 哲

2020年4月20日


今日は、いつもお世話様です。

世界中が武漢ウイルス感染症で大変な事態となっております。

このままですと、オリンピックも、どうやら中止の声とお聞きします。

やはり収束の展望は、特効薬が開発されない限り見えてきません。

ここはやはり踏ん張りどころですので、腰を据えて対策を取らない限り、見えない敵に負けてしまいます。

100年ごとに起きる災禍は、ペストやコレラなどの感染症との戦いでした。

海に囲まれてます日本は、これまで意外とまぬがれておりました。

今回ばかりは、対岸の火事とはいきませんでした。

第一次世界大戦 第二次世界大戦も毒ガス含めた化学兵器は使われております。

あの、ロシヤ革命のレーニンでさえ小麦を上納しないと言う理由で農民殺戮で毒ガスを撒いて、村民を全滅させております。

都市工場労働者出身のボルシエビキは時には非情なものでした。

今回の新型ウイルスは武漢生物研究所から漏れ出したのはあながち嘘には思えません。

次なる大戦は、もしかすると毒ガスからウイルスを兵器にされるのかもしれません。

ロシアからの渡り鳥のカモが中国に飛来し、そこで鳥インフルエンザワクチンを接種しているカモや鶏たちは感染し、しかし発症せず、それが武漢海鮮市場に生きたまま売られ、持ち帰った住民が飼っていた豚に感染させて、その過程で変異した新型ウイルスが人間を罹患させたとの説もある。

中国の食習慣である、生きた鳥を一般市民が自宅に持ち帰り、料理することを止めない限り、どうやら解決しない。

いずれにしても、歯科医療人は飛沫感染だけではないので、手洗い以外にイソジンでうがいして、院内やLabo内は弱酸性次亜塩素酸水を噴霧するなりのエアロゾル感染予防もしなければならない状況下にあります。

トイレや玄関のドアも定期的に家庭用ハイター等の弱アルカリ性次亜塩素酸水で消毒も不可欠に思う。

患者さんを検温せずに受診させることは、マナー違反とも感じる。

やはりここは、クルーズ船の罹患者に対応した自衛隊員からは一人も感染者が出なかったことから謙虚に学び、それらは称賛に値する。

よろしければ、川島ワールドで検索願えればSNSで、自衛隊のコロナ対策編をアップしておりますので、グローブの外し方含めて、参考までに閲覧願います。


有限会社 ユニデント 代表取締役 川島 哲

2018年8月15日


第22回アイディエス社より発売のTK GOLDについてRot.11が標準化されない品質について報告し、アイディエス社とのTKGOLDについての覚書解消を報告いたしました。

この件の分析並びに鋳造断面500倍画像等についての学術的知見は、後日必ず公開いたします。

今回は、緊急報告としまして、第9期Kawashima GOLD 6か月コースの第3回目の製作途中の報告をいたします。


01

02

03

04

05

06


今回開催のコースよりAu-Pt合金 TYPE4いわゆる白金加金はAP Fit3を用いました。本合金は研修会開催以前に臨床ケースでテスト済みですが、GOLDコースでの利用は初めてですので、多少の心配はございましたが、画像の通り荒研磨の状態で適合含めすこぶる良好です。

以上現状報告申し上げます。


このページのトップヘ