川島哲コラム・キャストパーシャルデンチャーの真実

我が師匠 荻島 浩先生に贈る言葉

2018年3月9日

川島君、たまには声を聴きたいから電話したんだ!!

会って話がしたいから、こないかな。

昨年9月末にも拘らず、暑い日と記憶している。

浩先生からの申し出で、翌日15時に院長のご自宅に伺うことになった。

診療所の裏手にあるご自宅のインターホンを鳴らした。

いつもの院長先生の声だが、少しトーンが低く、お入りと、、、

階段を上がり、いつものように社交ダンスが出来るフローリングを踏みしめると、タバコの匂いが少なく感じ、部屋の電気が消えて薄暗く、若干小ぶりとなり痩せている院長が出迎えてくれた。

ただし、フローリングのとても広い中央に、ストレッチャーのような生体で用いる形状?のベッドがポツンと置かれていた。

やー 川島君!! お久しぶり!!

いつもの張りのある師匠の声が、控えめなトーンに切り替わっていた。


実は、川島君ステージ4なんだ、今後は通院はするけど、手術はしない、この自宅で過ごそうと思うと、毅然とした態度できっぱりと話された。

全く以前と変わらず、心の動揺も見受けなかった。


私が院長に最初に金属床の依頼を受けたのは26歳であった。

それから43年間にわたって仕事を頂いていた。

若造の私に優しく接して頂き、駆け出しの身に余る栄誉に浴していた。

院長は部分床義歯もされるが、特に総義歯が得意で、その印象は匠の術の名人の極致と言っても過言ではなかった。

それゆえに、私は新米ながら身が引き締まる思いで製作に携わった。


ある時、珍しく川島君悪いんだけど再印象したから、もう一度作ってほしい!!

上顎のフルプレートがどうやら吸着が甘いようだ。

再印象を頂きに行くと、院長は神妙な顔で模型を差し出した。

帰り際自分が悪いのだから請求してね!!と声をかけてくれた。

今から43年前に、こんなに素直に再製作を依頼する歯科医師は全くいなかったので、院長のやさしさが心に染みわたって、この時に何故かめったに表舞台に出ない裏方の歯科技工士を続けようと決意する自分がいた。


今年に入って1月17日(水)に長女の里美先生から院長の訃報を知らされた。

枕花を届けに駆け付けたが、居間に通され院長を拝顔したが、確かに顔や首はやせ細っていたが、天を仰ぐ総義歯の名人はとても凛々しく、強い意志が感じられ、葬儀が終わった今までも、私は院長をとても身近に感じている。

私は歯科医療人の手本として、その意思を持ち続け、医療製造業の自らの人生を全うしたいと願っている。

そんな折、長女の里美先生から総義歯の金属床の依頼があった。

里美先生は現在は明海歯科大学卒(旧城西歯科大学)で、ミス城西に輝いた美人さんである。

歯科大生の時に、たまたまお姿をチラッと見るチャンスに恵まれたが、26歳であった私は、その艶やかな魅力に声も出なかった。


そのマドンナの総義歯の指示内容が全く院長の時と同じで、リリーフや床縁の位置の書き方までそっくりなのに驚いてしまった。

挙句にはポストダムの深さまで数値化しているので、まるで院長から指示受けてる錯覚を覚えるほどであった。

やはり親子なんだ、DNAはきっちりと受け継がれており、技法伝承されてることに感銘を受けてしまった。

里美先生を拝顔しながら思わづ、院長、御安心してくださいと、心の中でつぶやいてしまった。

古希を迎えた私が、こうして長女の先生含めて3人娘の女医さんと、つながってる自分がことさら嬉しかった。


荻島 浩先生 43年間のご指導、誠に有難うございました。

“創”義歯の師匠.人生の師匠に、天国で恥ずかしくなく再会できるよう、今日も頑張り続けます。

〜「舞の海の相撲“俵”論」に日本人としての“心”を学ぶ

進化するブランドとしての大相撲の苦悩と「真実」に向かう

“和”の心を私達は想起しなければならない!〜


舞の海の相撲俵論
↑クリックで拡大を表示

川島哲セミナー・7か月コース受講生の、ある人からの依頼について

川島セミナー、いわゆる金属床製作法に関する実技研修会は、開催当初から数えて、もはや30年を超えている。

実際、こんなに長く実技研修会を継続するとは、思ってもみない事だった。

ただし、長期にわたる実技研修会は、受講生たちに対する真摯な対応が必須であるので、気を緩めることは出来ないし、様々な個性ある皆様を御預かりするので、当然ながら講師の心も、とても広くしていかないと継続できない。

これまで参加された受講生達と研修会を支えて下さった各メーカーやスタッフの皆様には、この場をお借りして感謝したい。

その中で多くの経験をさせて頂いたが、ネガティブな記憶となる出来事は2つある。

今回は2008年 第21期生の、札幌市から参加された、○田○○君の依頼事項が思わぬ方向に展開した事について述べる。

 川島セミナー研修中に、彼は勤務時間の長さを“ぼやけ気味に”話されていた。

徹夜して、AM3時頃に帰宅し、4時頃に寝る毎日。AM3時に帰宅したなら直ぐに寝ればいいと思うが、彼のルーティーンは1時間新聞を読むことが日課で、どんなに疲れていても、こればかりは止めない。

睡眠時間は数時間で出社する日々を続けていたそうだ。

Co-Cr床コースも無事終了し、晴れて補綴構造設計士を取得した。

ある日、電話で○田○○です、先生私“死んじゃうんです”いきなり話し始めた。

どうしてと聞くと過酷な徹夜続きで体が持ちません、いつ死ぬかわかりません!!

そして、先生 私は北海道を捨てて東京に出たいのです、助けてください!!

そんなにつらいんだ、きつくてしょうがないんだね、はい“死にそうです”助けてください!!

是非とも自費の金属床を出来るLabo を探してください。

私は、“死んじゃう”という切迫した表現で、これは人命救助だ、どうにかしなければと思い、Laboを探すねと答えた。

命にかかわると思い直ぐに、東京のあるLaboの社長に面接して頂けるかを聞いてみたら、金属床の歯科技工士を求めてるので、とりあえづ面接をしてくれることになった。

早速にO田君に連絡したら、休みを利用して上京して来るとのことだった。

その時に、私はもっと思慮深く考察すれば良かったのに、行動してしまう自分が居り、これが思わぬ展開を招くことになるの、、、です。

私の電話の後に、すぐに○田君は社長様に、川島先生が就職先を紹介してくれたので、会社を“辞めます”と話したそうです。

そして、私がO田君、まだ面接をしてくれるという段階なので、就職が決まったわけではないし、川島が就職先を斡旋したと“どうして社長に”言うの?と聞いたところ、だって私は“正直”に経緯を話したので、どこが問題ですか?と、のたまった!!!

わーー わーーです。勤務先のBossには、「死んじゃうから」とは、言ってないじゃないか?

完全にやられました。死んじゃうと言うから紹介したのに、、、、人命救助が思わに展開に陥った。その後は、面接も終わり紹介先に無事就職したが、札幌界隈では、こういう中傷がまかり通った。

川島は研修会で金属床を学ぶために上京させて上げたのに、うちの社員を“そそのかし”就職先まで斡旋したんだぜ。

どんな研修会なんや!!人間性なんて無いようなもんだ!!

相当その社長さんは怒ったようです。

これでは、社長が怒るのは当然と思う。しかし結果は思わぬ方向に行ったが、当の彼は正直に物事を言ったまでで、どこが悪いの?

要するに“死にそう”を盾に言えば、動いてくれるはず。

人生は自分の想いどおりになれば良く、私の立ち位置は全く理解しない。

その○田君なる歯科技工士が、今月号のある月刊誌に自ら所属する、スタディーグループの連載に小論文を載せていた。

“死んじゃう”という嘘?捏造?が、想像できない程、元気な近影のお姿も誌面からも拝見できた。仲間もできて家族もできて、とても幸せな感じに見えた。

実は、彼は研修会当時から、見かけはスーツをサラリーマンのようにさらりと着こなし、清潔感溢れて、顔も整っており非常に素敵な感じに見える好青年で、まるでビジネスマン到底歯科技工士のような感じは全くない。

東京人のようにお見受けする、上京後9年後のお姿である。


“死んじゃうよ”という言葉を信じた自分が“今は”とても軽率に思え。

私を“ダシにして”上京のきっかけが欲しかった、ただそれだけ。

ただし、その後紹介先に留まってることは、彼の上京の夢がかなった訳で、レスキューと思へばと自分を納得させている。

今も、受け入れ先の社長様の心の広さに、とても感謝している。


あの北海道の社長さんは、今も怒ってるだろうと思うと、いつかお会いすることが叶えば、心よりお詫びしたい。

嘘も10回言われれば“真実”になる怖さを、今後は思慮深く上手に乗り越えたい。

このページのトップヘ