Never Say Good-bye

CATの悪性リンパ腫闘病?記 ・・・と、家族のこと、単車のこと、悲喜交々・・・

雨と本

DSC_0625

関東は今週末も雨です
肌寒いくらいです
5時に起きて読書に没頭
お腹が減ったのでカフェへ移動して
そのまま活字を只管追ってます

雨音がちょっと大きすぎるけど
悪くない日曜日の朝です(^^♪

通院 2018.8.28

DSC_0619

DSC_0615

DSC_0616

DSC_0617

DSC_0623

DSC_0621

DSC_0622

通院日でした

リンパ球上昇傾向にあり
このまま順調に行けば、グロブリン値も併せて上昇し、いずれ輸血の回数も減り、無くなり、日々飲んでいる7種の薬も不要になり、皮膚の調子も良くなるでしょう(願いです)

掌は、やっぱり薬をサボると出てきます
ので、面倒でもステロイドは継続中です

暑い夏は雨も多い
これもなにかの運と思い、この夏は大人しく過ごしています
秋以降はキャンプにツーリングにバンバン行きたいところだ(*^^*)

娘16歳

DSC_0609~01

昨日は娘の16歳の誕生日でした

この病との初戦時、娘は2歳
ちなみに息子は4歳
病期は検碧期)、骨髄浸潤あり
何もしなければ半年で人生終了と言われ
茫然自失となりました(0.2秒くらいw)
だが、この時
オレは絶対に、絶対に、絶対に、死なないと思った
根拠は特にない
しかし、何か確信めいたものが身体と心の方にもあって
ちょっと重い風邪を治すぐらいの雰囲気で治療に挑んだ
「がん」という告知を受けて、ここまで動じない人っているのかね
って客観的にみて苦笑してた気がする

あれから14年
自分の年齢を気にしなかったわけではないが
何より子供たちの年齢がひとつずつ増えていくことが
毎回毎回、感慨深く、心の底から喜びを感じた

あの瞬間、死にゃぁしねえよ!と意気がったオレも
寛解後1年で再発し、再治療となった際は、ちょぴっと考えた
今回もまず死ぬことはねーだろうけど、はて何時まで保つか

以前、2回目の寛解時にこんなことを書いてる

治療前、病気の存在を知る前のオレを100とする。
今現在を70とする。
もし自家移植をしたとすると50だとする。
同種なら30だとする。

何もナシなら3年。×100で、☆300
今現在の遣り方で7年。×70で、☆490
自家で9年。×50で、☆450
同種で12年。×30で、☆360

さぁ、皆さんどれ選ぶ?

もちろん選んだのは、✕70だ
が、結果的にオレの予想を遥かに超えて
10年✕80(予想より元気だったぞ)
1年✕70(治験中)
1年✕50(自家移植治療)
で、☆920だ(笑)

どうだ参ったか!( ̄^ ̄)

そんなこんなで、息子も娘も結婚できる歳っすよ
ちょっとグッと来るよね
今となれば、あの時の確信めいた「何か」の
正体もわかるような気もする
そんな今日此頃です



プチツー

DSC_0560_R

DSC_0563

DSC_0572

DSC_0577_R


DSC_0575

DSC_0585

DSC_0595

やっと暑さが落ち着いた
ので、カブでちょろっと走ってきました
後で気づいたけど、今日はバイクの日(819)なんだって(笑)

足尾に抜ける栃木県道15号から前日光牧場方面
寄り道して日光の山家で蕎麦、宇都宮二荒山神社へよって帰宅
260km

おちりが痛いっす^^;

ピローグランデ-1

71VuKRNxN4L._SL1000_

(世間では)お盆休みです
皆様、いかがお過ごしですか?
私は会社のデスクでブログ書いてます(笑)

ずっと記事にしたいなーっと思っていて、都度忘れてしまうネタを思い出したので書いとこうかなと
自分は【頚椎ヘルニア】を患ってます
要因はバンド活動、ライブ鑑賞によるヘッドバンギングの遣り過ぎ
業務上やカートレースによる度重なる頚椎捻挫
PC業務の多さによるストレートネック
昭和生まれによる、顔の大きさ・・・等色々考えられます(笑)

悪性リンパ腫と診断される少し前から、非常に寝付きが悪く(今思えばがんのせいなのですが)、当時は鬼のような激務の連続で、ひどい肩こりにも悩まされていて、おまけに常時首が痛いという状況で本当に寝れなかった
それを【枕のせい】という解り易い理由に落とし込んで、まー様々な枕を試したりしてました
それはリンパ腫の治療が始まり、治療・寛解した後も首の痛みは変わらず【最高の枕探し】は継続していていたものの、テンピュール初めとする低反発枕の効果を実感することもなく、暗中模索の日々
買って試しては家族にまわる・・・の繰り返し(笑)
そんな最中6〜7年前でしょうか、ついに左半身に強い痺れっつー非常にヤバ目な症状が出てしまい、整形外科でハッキリと【頚椎ヘルニア】と診断され治療したわけです

その際、お金に糸目をつけず、再度最高の枕とはどれだ!?と探しまくった挙げ句、見つけたのが上段の写真、イタリアのメーカー、マニフレックスのグランデという商品でした
所謂、高反発枕ってやつで、イタリアの病院の個室、高級ホテルなどで使われていると
てなわけで、当時2万円近くを出して購入したんですね
これが、本当に良くって、まったく今までの枕とはレベルが違った
夢もあまり見なくなったし、何より起きたときの首の疲労度が全然違った
で、頚椎ヘルニアの症状(1回でると首から左半身の痛みや痺れが2週間ほど続く)の回数も3ヶ月に1回くらいに減り(以前は月イチ・・1年中でした)、やっと最高の枕に出会えた!とそんなふうに実感しながらその後数年を過ごしてきたんですね
もはやこれ以上の枕は存在しないだろうって心底思ってました

・・・ところが・・・
去年、治療のための長期間入院となった時、自身の枕を持ち込もうと考えたのですが、なんせずーーっとクリーンルームなもので、持ち込みには制限があり、モノもでかいし、気分も萎えて今は首のことどころじゃねーだろ!って思いもあり、どこの病院でも標準装備であろう、清潔だけが売りのような非常にサイズの小さいパイプ枕で数ヶ月過ごしたんです
で、気づきました
「まったく首が痛くねぇ・・・」

退院して、速攻で下の写真の小さい方のパイプ枕買いました
2,000円弱で(笑)

その後、治療開始から今日まで1年以上
頚椎ヘルニアの症状は、ただの1回も発生してません・・・
値段じゃねぇよなぁ・・・病院を侮っちゃいけねぇなぁ・・・と実感した次第です^^;

もし、これ読んでる人で頸の調子が悪い人いたら是非試してみて下さい、投資額も少なめですしw
サイズは小さめ、低めがおすすめで(大抵のパイプ枕が量を調整できるようになってます)
大事なものは思ったよりも身近に、当たり前のようにあるもんですね(笑)

似たような枕に、そば殻を利用した日本の伝統的な枕がありますが・・
あれは虫が湧くので衛生的(特に骨髄移植を行った人)にオススメできませんのご注意を(笑)


Archives
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ








海好き
  • ライブドアブログ