Never Say Good-bye

CATの悪性リンパ腫闘病?記 ・・・と、家族のこと、単車のこと、悲喜交々・・・

攻撃(3期・1回目)

こんばんはー。まだまだ元気ですよー。CATでございますよー。

なんだかテンション高いです。ソルメドのせいです。ぜってー。
今日もまだ食欲がありますので、ビーフカレー喰ってきました。なんだか今回はカレーです。常にカレーが喰いたい。

ところで一言。
ねぇ、ウチの病院さぁ。夜寝れない人いっぱいいるんだしさぁ。お腹も減るしさぁ。
22時くらいにポットの電源抜くの止めようよ。それに日々時間曖昧だし。
カップに味噌汁とか、スープとか用意してからポットのところ行くと点いてないんだもん。真っ暗な中で、開けてしまった味噌片手にどーしたもんか佇むのも結構辛いのよねー。
さて今日もそろそろヤバイね。ちょっと早いけど夜食の用意をと・・・。

では、今日は『ハケンの品格』観なくてはならんのでこの辺で。

悶絶

こんばんは。もう涙が底をついてしまったかもしれません。
CATでございます。

本日の予定、リツキサンは何事も無く3時間ほどで完了し、やはりダラダラと過ごしながら、病院のご飯に手をつけず、レストランでカツカレーなんぞを喰らいながら、展望大浴場なんかにゆったり浸かっちゃったりなんかしておりました。
まっ、明日からはプラチナ野郎に付き合わなきゃならんのだし、こんくらいの贅沢(?)はいいでしょ。


ところで。わたくし。先程まで号泣しておりました。
枯れたかも。っつーくらい。
これが個室ではなく、大部屋で、夜中の2時くらいで、みんな寝静まっちゃってたりしちゃってたら、きっとオレ。死んでたね。悶えてね。

理由はコレ。

『人志松本のすべらない話』


『人志松本のすべらない話 其之弐 』


もうダメ。
久々に腹捩れた。

よかったらみなさんもどーぞ。
出来れば笑っちゃいけないような状況で観ると更に効果抜群。
腹筋鍛えたい人は是非。


コレ観て笑えない人(涙出ない人)とはお友達になれません。ワタシ。

戦闘準備完了

どーもー。CATでございます。

予定通りAM中には入院の手続きを済ませ、PMには3回目となるカテーテル挿入を行い、それ以外はさしてやることもなく、ダラダラと過ごしておりました。
今回のカテ挿入も前回の先生が行ったのですが、最初から”糸を通す気が無い”らしく、縫わずに、テープ止めのみの処置となりました。まっいっか。

明日はリツキサンです。もうトータルで9回目となりますね。リツキシマブ。
なんだか最近この薬が原因の死者が8人ほど出たとかでニュースになっていましたが。オレは信頼してます。このバイオな野郎。
そーいえば年内に、日本でもゼバリンが認可されるんですね。こりゃぁめでたいね。治療の幅と可能性がまた広がるな。
えーと、ゼバリンっつーのはですね。知らない方のために。えー、簡単にね。簡単に説明しますと。

リツキサンに似た抗体の1粒1粒に放射性物質を背負わせて、標的にしがみついたら放射線をぶっ放すという、なんともすさまじく攻撃度をパワーアップさせたもの。
って感じ? あくまでも簡単に言うとね。

正確には、『イブリツモマブチウキセタン』といいます。
薬品名が、ゼバリンです。参考までに。↓

ゼバリンについて by NEXUS

とにかく、抗がん剤ではなく、がん細胞だけ(厳密には違うけど)を狙い撃ち出来るすっげー薬だね。
えっらい値は張るらしいけど・・・。1回の治療に328万円って書いてあるけどマジ?! 恐ぇ〜。

どーもこの手の病気の最終案というか、常識というか。自家にしても他家にしても移植前提みたいなところあったじゃないですか。でもなんとなく一辺倒じゃない感じがしてきましたね。選択肢の拡大。維持療法も含め。

どーも最近、本気で移植を薦めてこないんだよね。どの先生も。
新しい流れを感じるぜ・・・。(勝手に都合よく考えるオレ様なのでした。)

予定が確定

こんばんは。相も変わらず完全夜型生活から抜け出すことが出来ず、起床時間がが13時オーバーなCATでございます。


12日外来診察へ行って来ました。
白血球も5000弱まで増え、次回治療の準備完了ってなもんで、予定通り15日(月)〜入院です。

15日:入院、カテーテル挿入
16日:リツキサン投下
17日〜20日:プラチナ爆弾他連続投下
21日:キロサイドどっかーん
22日〜約10日:反撃対応

という予定になります。
その後2月半ば頃にPET‐CTによる検診と、オレの体のダメージ度合いにより、その後の治療方針を決める。っつー具合になります。

現況、血液の数値は大分盛り返してきていますが、吐気・味覚障害・耳鳴り・手足の痺れは依然続いており、CHOPやEPOCHの後の体のダメージとはレベルの違いを身に沁みて感じています。次の治療目前の体調としては、経験の無い悪さです。みんなこんな感じなのかなぁ。
正直、2回目のESHAP後の体調がどーなるのか想像出来ません。オレの思い過ごしで、ケロッとしていられればよいのですが。

とにかく、今は。
良い結果に向かい前へ進む為に、再ESHAPという選択をしました。
耐えて見せましょう! 乗り切りましょう!! 気合でな!!!

15日より再々度現場実況開始します。可能なかぎり。
きっと、前回にも増して愚痴をタラタラ弱音をダラダラといった内容になりそうですがご勘弁を。

予定(3期)

こんばんは。静かに、ひたすら静かに過ぎていったお正月が、早くも懐かしいCATでございます。


1週間くらい巻き戻んないかな。
なんでかっつーとね。次回の治療予定が決まったからなんだな。

先日(4日)が外来の日で。
そこそこじっくり先生とお話してきまして。

悩み。理屈。統計。可能性。事実。本音。

とりあえず。もう1回。ESHAPを行います。
すでにキッツいことは承知の上であります。嫌ぁですねぇー。

しかしながら、かなりESHAPはリンパ腫に効き目を発揮しておりまして。
なにはともあれ、もう1回はやらんことには最終的な着地点が見えてこないんですね。


あとですね。これはブログに記してはいなかったのですが。
ちょっと前からオレは知っていたんですけど。

私の主治医。
今月の20日くらいでいなくなります。柏から。

え゛ーーー?!

ってなもんですよね。

実は結構困ってまして。
なんだかんだ言っても、この1年と9ヶ月くらい。
カチンときたり、ムカッときたり、不信感に陥ったりしたこともありますが、年齢も近いこともあり、まぁいろいろお話もして、こうなんと言いますか。信頼感みたいなもんが芽生えてきた矢先だったもんで。
ありゃりゃどーしたもんかなと。

実はこの主治医。
かなり患者想い。で、正義感が強い。

今、日本の医療はかなり様変わりしてきています。
結構急激に。
それは、国の方針でもある医療構造改革、医療費削減などのあおりで、現場は結構かったるい状況になってきている。
入院日数の削減。外来(通院)治療の促進。そして標準治療の確立。

どんな患者でも。
どんな医師でも。

同じレジメンによる治療を行っていく。

しかしながら、同じ病気、病期、グレードであっても、その症状は様々。
治療による副作用なんて、同じ人はいない位皆様々。

それでも国は標準治療の確立促進には前向きに推し進めている。

そして、オレの病院は国立。
そーゆーこと。

初回治療の頃から感じていたこの病院への違和感は、医師全体にこういう指導がなされていたからなんですね。

副作用でオエオエ呻っているのに、『明日退院です』
前回の治療で予定日に退院した後、翌日には凄い腹痛で緊急入院したのにも関わらず、2回目の治療のときも予定日に『退院です』

なーんて言ってくる。みんな。看護師も。

でも実はみんな、言いたくない。知ってるから。おかしいの。
でも言わないといけない。命令だから。

みんなそれが原因で胃が痛くなったりしてる。


で、オレの主治医。
真っ向から異を唱えちゃってる。ズバリと。

まっ、そんなこんなでいなくなっちゃうわけよ。
治療途中だけどね。次の主治医も決まってないし。
でも、この病院は標準治療だから、まっいっかー。(嫌味)


良いわけもなく。

次回ESHAP後、RET。結果次第でその先が見えてくる。
その機会に。初めてセカンドオピニオンを行う予定です。(尋ねる先生は決定済)

セカンドオピニオンとか、すっげー即やりそうじゃん。オレ。
でも今までやらなかったのは、結構主治医信頼してたんだな。きっと。

実はいなくなっちゃうことに関して、99%は怒っていない。
その理由も、意味もよーく解ってるから。オレでもそーするし。


とにかく良い先生です。(最初はとっつきにくいけど)
研究よりも臨床。そんな感じかな。
次は名○屋だそーです。


次回入院は15日です。


Archives
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ








海好き
  • ライブドアブログ