Never Say Good-bye

CATの悪性リンパ腫闘病?記 ・・・と、家族のこと、単車のこと、悲喜交々・・・

入院3日目

68c938b6.JPG
いやはや。こんなこともあるんですねぇ。「実写版 救命病棟24時」でっせ。私の病院は9階建てで、病室は5階なんだけど、揺れましたね〜。柏ですからね。そりゃ〜揺れるわな。私そん時DVD観てました。『TROYbyブラピ』ね。私といや〜結構落ち着いたもんで、そのままDVDに魅入ってたんですが、看護士さん達がテンパっちゃってバタバタと走り回り「大丈夫ですか〜!」ってね。でもとても迅速だったし、テンパり気味の割には落ち着いた感じで偉かったな。その後の問題としてはエレベーターが暫くの間止まってしまい、夕食の配膳が間に合わず、看護士さんが集合かけられて階段で1〜2人分づつ運んでた。ご苦労様です!感謝!!でもそれ以外はトラブルも無かったようで、本当に良かったです。
 
ちなみに、写真は今の病室からの風景です。左の建物は東京大学の柏キャンパスですね。とってもキレイ。

入院2日目

皆様こんばんは。吐き気のほうは先程やっとこさ収まりました。
実は、なかなかここに書きづらい問題が発生しておりまして。これがかなりキツイ&笑っちゃうんだけど、それは後日。対策法を只今検討中なので。
ところで、知ってる人は知ってると思いますが、今日、この時間にブログなんて打ってていいのか!という声が聞こえそうですね。そうです。今日はルパンの日。マニアな私にとっちゃ大切な日なのです。が!いつ気分が悪くなるかも知れず、22時から「ドラゴン桜」(笑うな!)も観なくちゃいけんので、DVD&VTRの準備は万全です。明日以降ゆっくり見〜ましょ
明日は、愛息子&愛娘に会えるんで今から楽しみ。最近は1日でも顔が見れないと結構寂しいんだな。
じゃ、歯磨きしてTV観て寝ます。まったねぇ〜!

久しぶりの入院1日目

本日10:30入院完了。久しぶりに会う看護士さん達が声をかけてくれ、とても嬉しかったりする。やっぱり知っている顔に会うと安心するもんなんだな。その後主治医の先生と面談。今日はいつもと様子が違う。やっとこさ他の先生達とオレの治療方針についてお話し合いがもたれたらしい。で、選択肢は2つ。A.今日投与する抗がん剤3種のうち、副作用が強い2種類について、濃度を80%に落とす。B.オレの副作用に一番強く影響を及ぼしているであろう真っ赤な抗がん剤(アドリアシン)を止める。で、オレはAを選びました。この先の治療効果や可能性を考えると、Aのほうが今の治療方法に近いので。
14:00〜点滴開始。17:30頃終了。本来なら終了後1時間もすれば気持ち悪くなるんですが、やっぱり80%が効いてるんでしょうか。(効果も80%なのかなぁ・・・) 今頃気持〜ち悪くなってきました。つーことでもう寝ます。やっぱり病院にPCを持ち込むと、夜更かししそうなので気をつけないと。

Dinosaur FACTory

34eba49f.JPG
明日から、4クール目の治療です。とりあえず明日のリツキサンは外来で行い、明々後日のCHOPより入院となります。本来なら来週の火曜日あたりから3日間だけ入院させてもらいたかったのですが、病院が国立だからなのか、はたまた主治医の先生の意向なのか、CHOP当日より入院と相成りました。出るか出ないか解らん副作用の為の入院予約は出来ないんだと。(過去3クールは同じタイミングで必ず出てんのにね。)
 
それにしても先週の火曜日〜今日は異常な食欲に襲われ、『食ったほうが何かといいだろ!』と勝手な解釈をし、多少の胃痛もなんのその、食って食って食いまくった1週間でした。1〜2クールの間は、何かと自制して、おとなしく(入院期間も長かったけど)してたもんで、体にパワーが無くなっておりました。オレは普段体重が62Kgなんだけど、1クール目のCHOPの10日後には54Kgまで落ちました。(8Kg減!)その後食べるようになっても、次回治療開始までに58Kgくらいまでしか戻んなかったのね。コレじゃ元気も出ないっつーわけで今回は、遠慮なしに食ったわけ。で、現在63Kg。いい感じ。
食えなかった時に営業先で餃子の匂いにやられてしまい、『餃子が食いてぇ!ぜってぇ餃子パーティーやるんだ!』と会社でのたまっていたら、皆でいろいろな有名店の餃子を買ってきてくれまして。生まれて初めて餃子の食べ比べもできました。その他中華料理も食べに行ったし、マックも行ったし、大好きな「越谷大吉」のラーメンも食った。今回はコーヒー・コーラも解禁。治療の前日以外はOKってことでビールも解禁!(旨かった!!)素敵な1週間でした。みんなありがとーって感じ。食べることってこんなに幸せなのね。もともと食欲・睡眠欲が欠如していて、性欲のみで生きてきたオレ様にはビックリな体験なのでした。
 
長くなっちまいましたがやっと本題。昨日は2ヶ月ぶりに子供たちとお出かけすらしちゃいました。人ごみなんかは避けた方が良いと言われているけど、こんだけ食ってるし、白血球もきっとフルスピードで上がってんだろ!と勝手に決め付けて、お台場のパナソニックセンター内、ダイナソーファクトリーっていう所。恐竜マニア改め博士の愛息子が恐竜恐竜とやかましいので、行って来ました。この辺(関東)の恐竜に関する博物館や施設はほとんど制覇してしまい(かつ複数回行ってる)、もう地方遠征しかないな。と思っていたらあったんですねー。まだ近くに。ここは、パナソニックっつーだけあって、未来のユビキタスを体験!みたいな感じで、携帯情報端末を首からぶら下げてウロチョロします。楽しかったよ〜。でも、何が感動するって、息子の目やしぐさや表情だね。その集中力たるや恐竜の顔より恐ろしい。周りにいる他のギャーギャーうるさいガキンチョにまったく反応もせず、誰も教えていないPDAを黙々と操作し、1つの聞き漏れもないよう説明に耳を傾け、化石のみならず、発掘に使う刷毛やコンパスやテントにすら真剣に見つめる姿にマジで感動した。心の底から、コイツの親父で良かったって、コイツを愛してるって言えるよな。
『こんな所でヤッパリくたばっていらんねえな
と、再認識させられた1日でした。グッジョブ!マイサン

診察

今日は診察の日でした。体調も非常に良く、気分もよろしいので久々に自分の運転で病院へ行ってきました。 っつーか愛息子&愛娘がま〜たもや風邪でダウンしちゃったんで一人で行くしかなかったんだよねん。
 
で、今日は次回の治療についてやら、現状の副作用についての軽減法やら、なんやらかんやらいろいろと主治医の先生とお話をしたかったんですがね。なんやらかんやら先生も忙しいらしく、私の話がビミョーにウザイらしい。まっ若い先生なんだけれども(オレの2つ上)、手に取るように感情の起伏が見えちゃうのね。イライラしてる感じがね。はーーーって感じ。
こんな大病してさ。主治医の先生ってオレにとっちゃ1分の1のかけがえのない存在なんだけど、先生にとっちゃ100分の1にすぎないのよね。オレなんざ。でもきっと悪気もないんだろーな。一般人にはめずらしいこの病気も、彼にとっては日常的に日々接しなければならない病気で、もう何年も診て来てるんだろうし、直る直んないは別として世界的な標準的な治療もとりあえず確立してるしね。
『私はあなたに最善の治療法を提案し、実行し、効果も少しずつですが出ています。これ以上何かを望みますか?みなさん同じですよ。プラスとマイナス。必ずあります。でもプラスが上回ってるんです。多少のマイナスはねぇ。』
ってな事でしょう。うん。
まっ、途中で治療を投げ出すわけにもいかんのだから、これからも長い付き合いになるんでね。今日はこんぐらい。上手いこと付き合っていかんとな。
 
でもって次回治療は途中より入院します。7/21〜7/28までの予定。
Archives
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ








海好き
  • ライブドアブログ