Never Say Good-bye

CATの悪性リンパ腫闘病?記 ・・・と、家族のこと、単車のこと、悲喜交々・・・

戦闘開始(仮)

今日はリツキサンを単独で。
25ml/hからスタートして、様子を見ながらスピードを上げていき、トータル500mlを4時間半位で投入完了しました。
久しぶりのせいもあってか、なんだか気持ち悪くってねぇ。
熱発少々37.8℃。

まぁ、今日のところはたいしたダメージもなく、終了ですね。
えらい値の張る攻撃グッズですが、相手のダメージは大きく、こちらのダメージは少ない。さすが最新兵器ですね。

明日からは、古典的な攻撃グッズを用いて、じっくり時間をかけて攻めます。
24時間連続×4日=96時間にも及ぶ連続投入。
それはそれは相手もタジタジでしょう。
その分こちらのダメージもでかいんだろうなぁ。

EPOCH。その内容は・・
・オンコビン/硫酸ビンクリスチン
・アドリアシン/アドリアマイシン
・ぺプシド(新人)/エトポシド
・エンドキサン/シクロホスファミド
・プレドニン/プレドニゾロン

新人のペプシド君以外は経験者なので想像はつきますが、例の真っ赤な憎い奴『アドリアシン』君が今回も大暴れするのか!
ちっとは大人しくしていてほしいのですが。

ペプシド君については下記参照。
http://www.y-assist.com/images/pdf/vepesid.pdf

とにかく、素直に受け入れるしか方法はないんだろーなー。
嫌だなー。
こういう病気になって治療しているみんな。結構普通に受け入れちゃうんだよね。しょうがないみたいな感じで。
オレ嫌。
すごーく嫌。
毛は全部抜けるし、すげー気持ち悪いし、手足は痺れるし、爪はぼろくなるし、血尿出るし、口内炎すげーし、どーやら今回は輸血もするし。

酒だめ。タバコだめ。女だめ。子供だめ。ペットだめ。・・・。

なんだっつーんだよ。この野郎!ちくしょー!
前向きに、頑張って、なんとか復活。?。

厳しいよな。人生。正直、今。この日。この時間。
モチベーションゼロ。投げやり。
なるようにしかなんねぇ。

まっ、実際の心の内はこんなもんだべ。みーんな。


こんな風に愚痴ることもありでしょ。
リアルにね。
吐露してかなきゃな。
オレはスーパーマンではないのだ。


戦闘準備

クリーンルームどーも。K立GセンターH病院8Fより中継です。

・・・。

つーわけで始まっちまった。

昨日は今朝6時まで寝れなくて、なんだかんだと考え事をしたり、持ってくもの用意したり、敵前逃亡計画を練ってみたり・・・とりあえず読みづらいと評判だった前回のデザインを変更してみました。


さぁ、何から書こうかな。いろいろありすぎて困るな。
まずは上の写真ですが。クリーンルームです。

いきなりかよ!ずいぶんな待遇だねぇ〜
入室する際の注意事項等説明を受けて入室。部屋はもちろんすべて個室。
全部で8部屋あります。
現在、入院されている患者さんは1名です。
・・・・・。オレ。一人。
室内
部屋の感じはそんなに変わんないね。天井にどでかい清浄機が付いてるのと部屋にウォシュレット付きのトイレ、洗面所がついています。快適ですね。窓の外には柏のサッカースタジアムが良く見えます。

午前中は身長体重を測り、心電図を取り、血液を採取して待機。
昼食。
さすがに眠くなって少しお昼寝。

そして午後は2大イベントが待ち受けていたのでした。

前にも書きましたがオレの血管は太くて立派だ。(らしい)
しかし抗がん剤には弱い。(すぐに真っ赤になっちゃう)
おまけに今回まず行うR-EPOCHは24時間連続点滴5日間コースなので、かなり血管にも負担がかかる。
そーなるとどーするかというと『中心静脈カテーテル挿入』となるわけですな。
要は、心臓付近のぶっとい静脈付近から薬剤を投入すりゃぁ即効心臓から動脈へ入って薬剤でも栄養でも全身にいきわたりやすいし、静脈炎や血管疼痛からも多少開放されるっつー感じですね。
カテーテル1
IVH(中心静脈カテーテル)は、通常、首の付け根にメスを入れて、結構近いところから入れるんですね。カテーテルも太い。
オレもきっと来年、輸血や大量抗がん剤、移植となるのでその頃は首切ります。
しかし、今回のEPOCHではそこまでは必要ないし、予定では5日間くらいで抜いてしまう予定なので(何事もなければ)、腕の静脈から細長〜〜いカテーテルを50〜55cmほど挿入し、心臓手前のいい感じのところで固定します。
って簡単に言うけど結構怖いよね〜。そんなに長いの入れて(それも予想より太い)大丈夫なもんなんですよ。まったく感覚なし。不思議な感じ。上の写真は術後すぐ。
カテーテル2
で、こんな感じに血管へ直接白いチューブが入ってるんですね。50何センチくらいね。

それにね。白いチューブ(カテーテル)を固定してる楕円の透明なプラみたいのあるでしょ。
よーく見て。左右で腕に固定してあんの。
黒い糸。
あはは。縫ってやんの。腕に。がはは。たまんね〜。

でも、まっこれでその都度針を刺すことからちょっと離れられるんだから我慢しよ。
でねー。今日のメインイベント。
マルクでーす。
マルク
よく見えませんね。
腰の骨(腸骨)へ、それは太〜いボールペンの芯みたいな注射でゴリゴリと・・・。
オレはまだ2回目だけど、もういいや。
これは好きな人いないよねぇ。
でも、この時(オレの部屋内で行った・・)、室内には5人おりまして、ヘラヘラしゃべりながら(叫びながら)やってたので、あっという間でした。

つーわけで、途中カテーテル挿入部からダラーんと出血して、看護師さんに取り替えてもらいながらコレ書いてます。
もうなんだかんだで2時間くらい。
疲れたぞ。随分長文になってしまいましたが、無事入院1日目完了ですね。
明日は久しぶりのリツキサン。高級薬剤の投入です。
寝不足なので今日は早めに寝ようかな。
ではでは。

予定

こんばんは。なんだかんだいっても大して遊びまくることも出来ず、何かと忙しい日々を過ごしながら、大切な健康な日々を無駄遣いしているCATで御座います。

この前の月曜日に今後の予定を主治医と話し合ってまいりました。
11月6日より入院開始です。
実はわたくし大切なことを主治医に伝えておりませんで。

『先生、オレプラチナアレルギーなんですわ』
『ん、じゃR-EPOCHね』

終了。あっさり治療内容変更。

ってわけで、年内はEPOCHを2クール行います。輸血の覚悟が必要なので、年末年始を避けるらしい。本当はもっと治療開始を遅らせたかったんだけど・・・。
年末年始は、血が入荷しづらいんだって。献血する人が少なくなるから。
おまけに、EPOCHの際必要なのは血小板で、赤血球は1パック7,000円だけど、血小板は1パック70,000円もするんだって。おまけに賞味期限が3日しかないんだって。だから使用予想を元にアバウトで発注できないんだって。余っちゃったらもったいないから。
なんだか、物流業に携わるわたくしとしては身に沁みるお言葉で。
まだまだ知らない事が沢山ありますなぁ。
で、年明け6日頃より幹細胞の採取に取り掛かり、強力な前処置、1月末あたりが移植。となる予定です。自家移植の場合もセカンドバースデーとか言うんでしょうか?
まっ、一旦血液、骨髄をリセットするわけで、今まで36年かけて築き上げた免疫能力が消えてしまうというのですから、確かに0歳児からの再スタートとは言えますな。あーめんどくせぇ・・・。

つーことで健康な日々(しつこい!)ともあと15日程でお別れかと思うといよいよ淋しいねぇ・・。
拷問付の懲役刑に行く感じ・・・。

何か悪いことしたっけ?!

『しすぎ!!!!』(観衆の声)

念願

0095e449.jpg

こんばんは。
本日は吹きすさぶ強風の中、愛息子の運動会へ行ってまいりました。
楽しかった〜。疲れたけど。
去年はものすごく悲しくて、淋しくて、悔しい思いをしたので嬉しさも倍増です。

参照:去年の運動会/息子



オレには古い友人がいます。まっ誰にでもいるわな。
その中の一人にKちんという奴がおりまして。
最近はほとんど連絡も取り合わない仲なのですが・・・
一昔前は毎日の様に顔を突き合わせていた仲です。
そいつとの出会いは31年前に遡ります。5歳。保育園の年中組の時です。
良く遊びました。演奏会の時は指揮者と大太鼓。劇の時は一寸法師と鬼。
その頃の写真にはいつも彼と一緒に写っています。
その後、小学校は離れ離れに。中学校で再開。サッカー部と陸上部。
中2の時オレは初めてのバンド結成。彼は個人でギター教室へ。
中3で一緒に新しいバンドを始める。高校は別々だがバンドは継続。生活の中心へ。2人でオリジナル曲の製作開始。ガンガンライブ!コンテスト!夢中!熱狂!陶酔!・・・・っつー感じで20代前半まではともに人生を歩んだ仲間です。

なんでこんな話をしているかというと・・・・

彼の息子。

同じ歳。

同じ幼稚園。

同じクラス。

仲良し。

俺の息子=俺(完コピ)

彼の息子=彼(完コピ)

31年前の再現VTRか?

さみ〜〜〜〜デイビスジュニア(彼の持ちネタ)

凄いね。人生って。
なんだかんだとデタラメな人生歩んでる割には、結構楽しいわ。
この先もどんだけ楽しいことが待っているのか。
いや〜今日1日いろんな意味で楽しませてもらったよ。


しかしながら。
1日が楽しければ楽しいほど治療に対する恐怖心と拒否感が増します。
どうしたものか・・・。

奇襲

また奴らが現れやがった。何処に隠れてたんだか知らないがメキメキと数を増やしているらしい・・・。

うちの長官はすぐにでも攻撃を仕掛けたいらしい。しかしながら今度の攻撃はかなりの重装備で、危険も伴う。オレは1ヶ月くらい待った方がいいんじゃね?と、直訴した。なんせ、前回のような短期決戦の繰り返しとは訳が違う。6ヶ月にもおよぶ長期決戦になるのだ。オマケにプラチナ爆弾の投下だけで済むかと思っていたら、骨の髄まで徹底的に攻撃するというのだ!さすがにびびるぜ!


・・・再発です。主治医様、すぐにでも治療に入りたい様子。R-ESHAP(もしくはEPOCH)×2回〜G-CSF〜自家末梢血幹細胞採取〜前処置(移植前の大量化学療法、内容不明)〜自家末梢血幹細胞移植〜幹細胞が生着・・・ってなもんです。心の準備が全く持って出来ておりません。正直、恐いです。怖いです。
まっ、予想はしていたからね。再発も再治療も。だからこそ昨日(日曜日)は家族で、『しながわ水族館&浅草花やしき』とうい強行スケジュールで遊んだんだけれども。

まさか移植とはね。っつっても自家だから。なんとかなるっしょ。今度は長〜い旅になりそうだけど、頑張ってみよ。まだ決めてはいないけど(本当はすぐ)、1ヵ月後くらいにスタートだね。
ずーっとサボりっぱなしのブログだったけれど、日々戦地から中継が入りますよ!あらためて皆様宜しくです。


・・・1ヶ月遊びまくってやる!!

Archives
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ








海好き
  • ライブドアブログ