image

image

断言できることがあります
今現在の医療の世界および一般的な風潮の中で判断をした場合

【すべてのがん患者は、うつ病を併発している】

もっと言うなら、その中でも化学療法を行っている最中の患者は

【それは、かなり重度である】

ってことだ
これに気づかない一般の方は多い
ついつい、がんそのもののほうに目が行ってしまい、心は元のままであると勘違いしくさる
困ったものだ
これは、すでに10数年前にこの院内において気づいたこと

が、しかし!!!
オレは自身が鬱であることを認めない
絶対に認めない(認めてたまるかこの野郎)

そりゃね、ちょっと元気が出ないとか、物思いに耽けちゃうとか
寝れないとか、ありますよ? 
でもそれは鬱ではないだら!(とオレは思ってます)

ただ、この治療期間においては
毎回、毎回そうなのですが、【こういう状態】にはなることを実感しています

【非常に神経が研ぎ澄まされて、物事言動に関し敏感になる】
【自分にとっての本当に大切な人が誰で、事が何なのか解ってしまう】

ま、とは言っても、毎度治療が終わり、”通常”の世の中に再度溶け込むと、そんな思いも曖昧模糊に霧散してしまうのだけどね^^;

でね、話し変わるんだけど
2001年?の第一回目から、年末付近でやる小田和正のクリスマスの約束って番組を欠かさず録画したりなんだりして観てるんです
で、最新(2016年)のは未だ観てなくってDVDに焼いてもらって持ってきてもらったんですよ

なんだか、看護師さんが引くくらい、ダダ泣き(T_T) www

毎度ぐっと来るこの番組ですが
今回ノッケから小田さんと宇多田さんとの堪らないコラボ
宇多田さんの選曲も素晴らしく、そのメロディと歌詞に完全に、研ぎ澄まされた神経のほうが敏感に反応してしまいました^^;

化学療法ってのはね
この長い人生の日常で【すれて】しまった部分をリセットする効果もあるのだな
ってちょっと思った、真夏の日曜の午前中の出来事でした(笑)