新しいブックカバーが届きました♪
単行本用です。

DSC_1584_R

オレは小さい頃から本屋が大好きです。
行くとすぐにう◯ちがしたくなるけど、好きです 笑

以前は本を買うといえば当然本屋。
「カバーおつけしますか?」
「お願いします」
だったのは10代くらいまでで、その後は
「一緒に入れといてください」
になり、ごっそり購入した本に1冊ずつ丁寧に紙のカバーを折り目正しくw自分で装着していくのが、至福の時となりました。
が、一時期最低でも2日に一冊というハイペースで読み耽る日々が続いたのと、紙カバーを装着している時のオレのニヤケヅラがキモかったのか、たまに本屋の店員が気を利かせてカバー付けちゃって、その付け方がへったクソで変な折り目がついちゃってんのをブーブー文句言ってるオレが鬱陶しかったのか、当時の彼女(妻ですw)が革の文庫本カバーをプレゼントしてくれたんですね。(下の写真の茶色のやつ)
あ〜こんな素敵なものがあるのね!と愛用してきました。
その後文庫本の厚み別にいくつも買い足しながら今日に至るのですが、単行本についてはずっと変わらず紙カバーでした。
文庫以上に厚みが様々で、フリーサイズの革カバーはどれもゴワつきが半端なく、ベルトループタイプのものは本そのものが痛みやすい。
だったら自分で折り目正しく装着した紙で十分(付ける作業が好きってのもあるけど)と思ってたんだけどね。
最近本屋さんの品揃え悪いじゃない?
やっぱり本はネットじゃなく本屋に限る!って思ってるんだけどさ。
少ない休日に本屋に行っても在庫がなかったり、元々仕入れてなくてお取り寄せ。
段々足が遠のいて、すっかりAmazonの奴隷と化してるわけです。
が、アマゾンで買うと例の紙カバーが入ってないんですよ。
古い紙カバーを使い回してたんだけど、どれもボロボロに。

で、やっとこさ買ったって話(長い)

DSC_1590_R

良いね〜(*^^*)
ここんとこずっと同じお店で買ってる。
受注生産なので、ステッチの色指定も出来るんだよね。
解りづらいだろうけど、この糸はオリーブ色なんだな。
背面のカバーの装着の仕方が独自で、この方法のフリーサイズカバー作ってるのはこのお店しか知らない。
とってもしっくりいって超満足です。
〜5cmくらいの厚みの単行本まで対応できる。
いいものなのでずっと使えそう。

DSC_1592

こんなになりました^^;
気に入った革カバーで読む小説は格別ですね〜(*^^*)