Never Say Good-bye

CATの悪性リンパ腫闘病?記 ・・・と、家族のこと、単車のこと、悲喜交々・・・

悲喜交々

哀しい情報と社会復帰2週間

DSC_0256

DSC_0253

社会復帰して2週間が経ちました
体調は良くも悪くも変化なしといったところ
まだ土曜ぐらい休みたいとも思いますが、結局【現実】というスイッチが入ってしまうと、あれこれ熟してしまう性分は変わらないようだ
オレはタフなんだろうか・・? 自分ではそう思っていなかったんだけどなぁ^^;

火曜日は通院日でした
血液検査とグロブリン輸血
数値上も大きな変化はない
白血球数がちょっと少なめなのは、ベナンバックスの吸引をやめて、かわりにバクタの服用を再開した影響と思われます
大量の薬を服用していくのも継続してますが、早く解放されたい
これが無くなって本当の治療終了と言えるはずだが、そんな日が来るもんなのだろうかよく解らん

ところで・・・ちょっと堪える、哀しい情報がありました

オレには【オートバイ】という趣味があります
オンロードだろうがオフロードだろうが、でかいバイクだろうがカブだろうが
2つしかタイヤがない、何か支えがないと転倒してしまう不安定な原動機の付いた乗り物が大好きです
カスタムも好きだし、自分であれこれ整備することも、ピカピカに磨き上げることだって好き
でも、何よりもそいつらを駆って走ることが大好きです
若い頃は、今ほど機能性の高いウェアーもなく、夏場に疾走らせることが多かったわけですが(乗らない方はバイク=夏のイメージが大きいと思いますが)、今では逆に真夏以外いつでも乗ります
昔と違って、安全性の高いヘルメットやウェアーを常に身につけて走るとなると、灼熱の日差しと股ぐらから立ち上るエンジンの熱で、真夏は本当に不快だからです
それに、やっぱイメージ先行の人達もこの日本には大勢いるので、夏は鬱陶しい連中で混む(笑)
で、今は氷点下の真冬の早朝にガクガク震えながらも、ワクワクしながら房総や伊豆へ走りに行ったりするわけですが、ま、そういう時は路面の凍結を避けなきゃいかんわけでどうしても海岸線を走ることが多いわけですね
まだ暗いうちから走り始め、突き刺すような冷気を正面から受けながら湾岸線を飛ばしていく
2時間ほど走ったあたりで朝陽が昇り始め、空が明るくなってきた頃、バイクを停め、缶コーヒーで悴んだ指先を温めながら、海を見ながら一服する・・
至高のひとときなわけです(ナルシズム満開ですが男なんてそんなもんですww)

でね、ふと海を眺めるとね、必ず居るんですよ
人が乗ってなきゃ不安定な、ただの板っペラをなんとか乗りこなそうと、操ってやろうと藻掻くサーファーという名の同じようなアホが・・(笑)
このクッソ寒い時に、なんで好き好んで海に入っているのかと
サーフィンなんて真夏にやりゃいいじゃん! 凍えて死にゃしねぇのかと
見てるこっちがサブくなるわ!!ってね
で、そんな話をサーファーでもある友人に以前話したことがあるんです
したらこう言われた
「オレたちも海の中から見て思ってたよ・・このクッソ寒い真冬の海岸線をバイクで疾走してるアホなバイク乗り居るなぁ・・ってwww」
なんかいいでしょ?この感じ(笑)
まったく別の趣味ではあるけどさ
本当に好きな連中はこういうもんなんだと
やってることは違ってもね【にわか】とは違う、同じ種類の男の匂いがプンプンするわけですね

でね
今回、治療を開始して
あらためて、ブログを更新し始めて、自然と他の治療者の方の闘病ブログも覗くようになって
今はオレがこのブログを開始した当時と比べても、さらに多くの人がブログとかSNSとかやってるでしょ?だから全部というわけにはいかないんだけどさ
やっぱ自分にピタッとくるっていうか、ピンっとくるっていうか
そういう人のブログは定期的にチェックとかしてたわけです
そんな中のひとりにずっと気になっている人がいた
年の頃もほぼ同じ、病種も同じ、住まう場所も近い、家族の構成も同じ、子供たちのの年齢層もほぼ同じ、治療してる病院も同系列、治療方法も同様、目指すところも同じ、仕事への取り組み方も同感することが多く、異常にポジティブなところも、ブログでの発言内容も・・・そして見た目の雰囲気ですら・・
オレかよ!って思ったことも多くあった

そんな彼が先週亡くなった
ブログの更新が1ヶ月前から止まっていて気にはなっていた
ただ、そろそろ移植か?とも思えるタイミングでもあったので、今頃身体的に辛いところを乗り越えてる最中だと思っていた
彼にとっては悪性リンパ腫は初発だった
去年の1月より治療を開始して、R-CHOP8発、その後CHASER、骨髓採取、R-ESHAPとオレの経験したすべての治療を熟してきた
それでも彼の身体にあった悪性リンパ腫は消えなかった

彼は何よりも子供たちを、家族を愛していたように思える
無理をしてでも一時帰宅をして、僅かな時間でも家族との時間を、我が家で過ごすことを楽しみとしていた
そして、彼はサーファーだった
週末の海を、仲間たちを求めていた

彼の大好きだった、南房総の海岸線で
いつの日か、海の中と、道の上で
笑いながら手を振りたかった
「お互いよく頑張ったべ」ってね

死は誰にでもやってくることだし、それが何時なのかなんて誰も解らない
けど・・なんか理不尽だ
自分の死を受け入れる覚悟はとうに出来てる
悲しいかな、他人の死を受け入れる覚悟なんてのは簡単ではないな
彼とオレの違いは何なのだ!?
誰か、明確に論理的に教えて欲しいもんだ

ちょっと個人的にではあるけれど
とってもショッキングな出来事だったので記してしまった
んーーーー! 会ってみたかったなぁ・・・

本格的に

生活パターンの改善を図らねばと躍起になっています
なんせ就寝時間が朝の5〜6時、起床が13〜14時の生活を数ヶ月続けてたりしてるもんで^^;
あぁ・・・治療があと1年遅けりゃワールドカップ三昧だったのにな・・もったいないことした(笑)

ってオリンピック、それなりに愉しみました
採点競技なるものがどうも気に食わない性分なのでそっちはどうでもいいのですが、小平さん、女子パシュートは素晴らしかったです(^^♪
特に小平さんのあの表情はグッと来ますね! 強く美しかったです(*´ω`*)

と、大の猫好きでありサッカー好きである大杉漣さん亡くなっちゃいました
急なことでびっくりです
北野映画ファンであるオレとしては淋しく残念でなりませんね
66歳という年齢は、会社社会では定年過ぎて余生みたいなこともあるだろうけど、役者としてはこれからが本番!まだまだ演じたかったこと山ほどあるだろうになぁ

以前、何かでお医者さんに対するアンケートを見たのですが
「あなたは何の病気で死にたいですか?」ってやつ
1位はダントツで『がん』だったんですよ
理由は、「最後の時まで時間的余裕があるから」だそうです
遺言を残すにしても、何か遣り残したことやるにしても、多少の時間は欲するものですものね
「ポックリ苦しまず」ってのが理想のような気もするけど、それは現代なら100歳超えたレベルじゃないと言えないわな(100歳超えても元気バリバリの人は別にしてねw)
それ聞いてからちょぴっとだけ「がんでよかったかも?」なんて思ったこともあったっけ
30代でがんなんてちっともよかねーねけどさ(笑)

なんだか悔いなく生きるってのがいかに難しいか実感しちゃうね

で、生活改善ね
どうやら問題は気持ちのほうにあったっぽく、正直何かを「ヤル気」に全然ならなかったんですね
一瞬あれこれ頭を過ることはあっても、楽しいことへの渇望感というか熱望感というかがめっさ薄いっつーの?
空想、妄想、想像力が持続しなかったんですわ
なもんで、安易に別世界へ連れて行ってくれる、本や映画や海外ドラマにどっぷり浸かっていたわけですよ

それが、ここんとこ意識せずともなんとなくあれこれ考え始めるようになってきた
ま、バイクとかキャンプとかね
で、昨日は14時半に起きて家族に(@_@;)な顔されたにも関わらず、睡眠薬の力借りて1時頃には(もう一回)寝て、久々に8時に起きました!!!(笑)
早く起きりゃ、嫌でも何かヤル気になるかな?って安易な発想で!

流石に、リビングに射し込む午前中の陽射しの中 Twenty Four の続きを観る気にもなれず、ムクムクとバイクを弄りたい欲求に満たされてきて、「良し! 洗車だ、洗車!!」とマスク装備して勢い込んで表に出ました(単純だなぁ・・www)

・・・。
背中の筋肉に鋭い痛みを覚えつつ、えっちらおっちら2台のバイクを出してみたものの、案の定っつーか当たり前っつーか・・・2台ともバッテリー死んでました(笑)

てなわけで、ヤル気はあっという間に過ぎ去り、そそくさバイクにカバーして、PCの前にどっかり座って、さっきまでどのバッテリー買おうか悩みに悩んでました^^;

ま、それでもちゃんと注文したんだからヤル気は完全に消え去ってはいないでしょう(笑)
そして、関連用品にもあれこれ目が行っちゃってね
ん〜・・これ欲しいな・・・あ〜・・これ必要だな

でね、今日あらためてよく解ったんだけどさ
「ヤル気」って結局お金かかるんだよね・・オレだけ?(笑)

2018年開幕

18-01-04-09-02-33-270_deco

18-01-04-08-57-32-103_deco

明けおめでーすヽ(`▽´)/

半年以上我慢していたアルコールを、大晦日から(ちょぴっと)飲んじゃってました(^_^;)
肝臓くんもビックリしちゃうね〜(笑)
ま、正月だってのに生禁だから、刺身も寿司もローストビーフも、作って時が経ったおせちもなんも食えねぇっつーんだから飲むしかないじゃんね( ̄‥ ̄)=3 フンッ

今年はオリンピックにワールドカップ
楽しみなこともめじろ押し
とっとと社会復帰して、万全の体制で楽しみたいものです
そしてバイクもキャンプも徹底して楽しまねばなるまい!
このままじゃ本物のインドア読書家になっちまう(;´∀`)
大いに外で遊んでこそ夜の読書も身が入るってーもんだ(笑)

ちなみに只今徹夜中(笑)
12月に入り子供達がほとんど家にいることもあって落ち着いて日中何も出来んので、昼過ぎに起きて、朝方に寝るというキャバ嬢のような生活になってました
強制矯正ってやつです!(こんなことしてるからガンになるのだwww)

ま、んなわけで今年もぼちぼち気合いと運任せで行きまっしょい!
去年のことは過ぎたことなんで気にせず前向いて行こか〜( ̄∇+ ̄)v

消化管内視鏡科

17-12-12-17-39-29-658_deco

17-12-12-17-40-20-033_deco

退院以来、毎週火曜は欠かさず血液検査、レントゲン、輸血、診察と行ってきましたが、今日は血液腫瘍科の診察はなく、初めて消化管内視鏡科を受診しました
実際手術を担当してくださる医師との顔合わせ、手術の説明、日程の予約が目的です
13:00が診察時間でしたが、活字中毒の今は待っているのがたいして苦にならないので12:00には着いて受付を済ますと、すぐに呼ばれました^^;

予定日は来年1月の15日、オレの場合優先度が移植後の体調や輸血にあるので変更は出来るとのこと
腫瘍は直腸部にあり、今回は奥まで挿れて見ることもせず、手術は10分位で終わるそうです
カルチノイド腫瘍は通常のポリープとは違い、粘膜層に出来るものではなく、その下の固有筋層の上部にあるらしく、通常の腫瘍下に水を入れて持ち上げる手法がとれないため、輪ゴムのようなものを使って持ち上げてから切除するらしい(よく分からん説明ですね^^;)
万が一筋肉層まで腫瘍が達していると、面倒な再手術が待っているらしいです(多分平気ですとは言われましたが)
20分ほどで診察は終わり、先日の検査時と同じクソ不味い下剤類をもらい13:00前には病院を出れました

久しぶりに早めに終わり、道も空いていて、気分良くあっという間に地元に戻ったところで、昼飯どうしようかなぁ&読もうと思っていた本全く読んでねぇなと思い、地元のカフェに寄っちゃおうと思ったのが間違いだった・・・
店内に入り、着席と同時にランチを注文し、卓上に昼飲む分の薬も用意して早速読書開始・・・
20分経過・・30分経過・・
あぁここは食事メニュー出て来るの遅かったっけな・・
でもいつもなら先にコーヒー持ってくるよなぁ・・
40分経過・・50分経過・・
ん〜遅すぎね? そこまで混んでないし・・
1時間経過・・・

・・・。

『ぶちっっ!!!』

問いただしたところ(注文を取った人とは別の女性)、注文漏れでした(-_-;)

ストレスは一番の大敵だし、怒るという感情そのものが異常に疲労感をもたらすので、避けて避けて来てるっつーのに! すっげー久々の外食だっつーのに!!
勿論、お客様は神様だなんてこれっぽちも思っていないので、有る事無い事クソクレーマーみたいにがなるつもりもないけど、ちょっとねぇ・・・(読書に夢中で途中声をかけないオレもどうかと思うが)
てなわけで、今から作るならもういいです・・と言い席を立ちました
出口のところで店長に呼び止められ、平謝りされ、そんな中注文を取って漏らした張本人が、チラッとこっちを見ながら「私関係ないですぅ」みたいに顔を逸らしたもんだから
『あ、店長、知らん顔してるけど、実際注文取って漏らしたのあのオバサンだからよろしくね〜』
とだけ言い残して帰りました(笑)
近所だし、しょっちゅう行くお店だし、こういうのはこっちも嫌な気分になるなぁ

てなわけで、カフェで1時間読書(だけ)して、帰ってカップラーメン食べました(笑)
なんか微妙な一日だったな(*_*)

代表

[画像:12e96b7f-s.jpg]

伊東、川又はこのまま代表に留めよう!
やっぱり前を向く選手は気持ちが良い(^^♪
Archives
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ








海好き
  • ライブドアブログ