Never Say Good-bye

CATの悪性リンパ腫闘病?記 ・・・と、家族のこと、単車のこと、悲喜交々・・・

副作用

退院後の生活と悩み(まとめ)

未だに退院イコール「治った」と思ってしまう知人がいたりして、一々説明するにもほとほと面倒になってきてる今日此の頃です・・・(ま、オレも今日まで健康で来たなら似たようなこと考えたかもしれないアホですが^^;)

それでは退院後の生活(副作用)について纏めておきます

体重
現在60kgちょうどくらいまで戻りました。勿論増えたのは脂肪のみです。
筋力・体力
純粋な懸垂を一回するだけで直後から背筋と背骨が軋むように痛くなるレベルです。
目の違和感と痒み
発毛(睫毛)との関係性が考えられました。現在も毎日ではありませんが異常に痒い日もあります。
耳鳴り
変化なし。
脱毛
眉毛、睫毛、鼻毛、陰毛など体毛は70%くらい復活。髭は100%復活。頭髪は40%くらいですが、過去の抗がん剤後の発毛時と比べても、細く柔らかい毛髪で隙間も多く、範囲も狭まっています。今回はこのまま治療前に戻ることは無いと諦めました。

胃腸が未だ本調子ではなく、下痢が続いた後は痛くなることもありますが、今は薬を使わずともすぐに良くなります。
味覚
少しずつ戻っているような気がします。モノによっては味が曖昧に感じるのは相変わらずですが。現在70%といったところ。
睡眠
眠剤使用で、連続7時間くらいは寝れます。多い時は10時間くらい寝れる時も。二度寝以外は夢を見ることもありません。
痺れ(指先・顔面)
手の指先に少し感じる程度。左顔面の引き攣りはここ最近発現しません。

最近は見かけることが無くなりました。
痒み(皮膚)
相変わらず痒くなります。やはり発毛と乾燥が関係していそうです。去年の治験時に山ほど処方してもらったヒルドイドを塗ると治まります。

相変わらず凸凹ですがこれは時間が解決するもんだと思ってます。爪切りは鬼のように集中して細心の注意を払って慎重に少しずつ切ります。
痛み(関節・腹部)
長時間同じ体勢でいると(トイレ時の膝とか、読書時の肘とか)とんでもなく痛みが走ります。これは昔の治療後にも感じましたが、単なる運動不足であると思うことにしてます。治療前に悩まされた腹部・背部(鳩尾左側、副腎腫瘍があった場所)の痛みは感じません。

ま、こんな感じです。
経験上ひとつ実感できたことは、移植後、DAY50〜60くらいから一気に体調は良くなり始めます
これは、造血細胞や白血球が少し安定してくるに従い、粘膜細胞なども同時に元気になってくるからだと思います

これらの不調について、すべての症状に対し「コレ」が原因とは特定できません
あくまでもオレの場合に限りますが、CHASER✕3回、幹細胞採取、MEAM-R、自家末梢血幹細胞移植、その他各種検査による外的要因(骨髓・髄液採取、生検、恐ろしい回数のPET・CT・レントゲンによる放射線被曝)、対処療法・予防療法のための各種抗菌剤、抗ウィルス剤等の薬剤、度重なる各種輸血、そして癌そのもの・・・治療前〜治療中〜治療後におけるすべてが、47歳の男性の身体に与えたダメージだと思ってください
健康な方々からみれば、よくTVなんかで観る「生死をかけた過酷な闘病生活」ってやつに当たるのでしょうが、当の本人は「喉元過ぎれば」ってやつでそこまで切実ではないです(笑)
そして、これらの体調不良が同じ「自家末梢血幹細胞移植」を経験した人達の中で、軽いものであるのか重いものであるのかオレには判別できません

このブログは思った以上に多くの方々が見てくださっているので、なるべく正直に数値や症状を書いているつもりでいます
痛さや辛さ、ネガティブな方面を過剰に書くつもりも無いですし、かといって今回はポジティブオンリーの余裕ぶっこいた記載もなるべく避けました(10年前はそういう側面もあった)

同病・同治療のご本人様、ご家族、治療中の方、これから治療に入る方、治療後の方・・
この先のことなんて正直全くわかりません
が、オレと似たような症状から、同様の治療を行うならば
大丈夫、予想よりは軽いから(笑)
オレみたいなヘタレでも我慢できたので皆乗り越えられますよ!

ま、こんくらいは言っても嘘にはならんよね(^^♪

退院後の生活と悩み

退院、自宅療養期間も1ヶ月が過ぎました
日々更新していたこのブログも、中々開く気にもなれず、通院でもしない限り特に書くネタもないので、10年前と変わらず放置気味になっていますが、普通に考えても決して社会復帰したわけでもなく未だ治療期間であるのは事実ですので、何かしら書いておこうかなと

今回のCHASER3クール、自家末梢血幹細胞採取、MEAM-R療法、そして自家末梢血幹細胞移植と続いた治療による副作用、つまり健康な身体部分へのダメージは計り知れないものがあります
オレの場合、それに加えて過去に行った3度の治療の影響も加味されるので、一概に今回の治療によるダメージだけとは言いづらい点もありますが、悪性リンパ腫そのものが一生涯付き合っていかなければならない面倒な病であること(そうではなく完治された方もいらっしゃるとは思いますが)を考えると、止むを得ないリスクでもありますね

体重が戻らない

今回の治療により、体重は最低で54.8kgまで落ちました
退院当初、味覚は相変わらずおかしな調子でしたが、食欲だけは旺盛にあり、苦しいと感じるまで何かしらを腹に収めていました(食事内容に制限があるので炭水化物の加工食品が主です)
にも関わらず、退院してから2週間は体重が一切戻りませんでした
ひどい下痢というわけでは無いのですが、消化器官が本調子ではなくきっと吸収が悪いのではないかと
食べても食べても戻らないってのは何気に恐ろしいものです^^;
が、ここ最近になってやっと消化器が回復してきたのか徐々に体重が微増し始め、現在、58.6kgです
あきらかにお腹周りの脂肪だけがついてきてる感じですが(;´Д`)

う〜〜〜ん・・・

ここまで何を食べても美味しくないってのはなんなんだろうなぁ
美味しくないっていうか不味いっていうか、味もしなきゃ、気分も悪い

この何十年、今までオレは一体何を食べて大きくなって、パワーを得てたんだろう・・
ってマジ悩むよ(笑)

そのくらい何かを口に入れる作業が苦痛以外ナニモノでもないって感じ(;´Д`)
Archives
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ








海好き
  • ライブドアブログ