Never Say Good-bye

CATの悪性リンパ腫闘病?記 ・・・と、家族のこと、単車のこと、悲喜交々・・・

自家末梢血幹細胞移植

通院

18-02-21-17-23-42-203_deco
DSC_0627

また風邪引いてしまった(^_^;)
ので、炎症反応高め
白血球も高いですね
血球数は安定傾向にありそうです
が、グロブリン値は横ばい変わらず
継続してグロブリン輸血は行っていきます

体中に出来る湿疹が治まらない
どうも薬疹の気配あり
かといって今飲んでいる薬は止めることができないので対処療法しかないみたいです
一応アレロックを処方してもらいました

来週は最終評価のPET-CTです

18-02-13-18-06-07-548_deco

あと3回くらい切れば、全部まともな爪に変わるな〜
ちょうど境目のとこが危険なのよね
気をつけないと、ポロッといっちゃってどえらい深爪状態になる(笑)

頭部MRI

DSC_0623

珍しく悪い予感が外れて(笑)
異常無しでした

とりあえず良かった良かった

検査の類はお金を出して安心を買う
いつでもそうあってほしいものだ(笑)

通院ほか色々

DSC_0622

18-02-06-17-13-58-393_deco

DSC_0618

DSC_0611~01

DSC_0611~02

18-02-06-17-08-19-242_deco

通院日でした
今日はかなりハードスケジュール
採血6本〜検尿〜心臓超音波検査〜消化管内視鏡科受診〜ベナンバックス吸引〜免疫グロブリン輸血〜血液腫瘍科受診

血液検査の結果は良い感じ
白血球も正常値、炎症反応も下がり、腫瘍マーカーも横ばい
免疫グロブリン値だけが上がらず輸血はまだ続きそう

久々に行った心臓エコー検査も大きな問題はなし
心臓そのものの力が昔と比べて落ちてしまったのは、心臓が筋肉で出来ている以上、抗がん剤を大量にぶち込んだ身体では止むを得ない話
最近では不整脈や動悸も出ていないので心配はいらないかな

腸に出来たカルチノイド腫瘍の内視鏡手術除去の経過は良好
生体検査の結果でもきちんと取り切れていることが確認できた
腸内一枚目の写真が取り除く前の腫瘍、二枚目が取り除いた腫瘍
笑っちゃったのは、次回の内視鏡検査予約がもう入っていて、1年後(笑)
それも、その時飲む下剤やモビプレップが今日処方されたこと^^;
1年間保存しとけっちゅーことかい!(笑)

その他現況の不具合は、相変わらずの湿疹と痒み(ヒルドイドとアンテベートで対処)
時偶でる結膜炎(ヒアレインとタリビッドで対処)
それと、最近では右側頭部に発生する頭痛
これが結構酷く、咳をすると痛みが強くなり、たまにじっとしていても急に頭を抱えてうずくまりそうな位痛みが強い
てなわけで、緊急扱いで明日朝一で頭のMRI撮ることになった
2日連続はしんどいけど、なんとか安心材料に持っていきたい

・・・ってさぁ・・・
MRIの予約票に、さらっと(転移)って書いてあんのはビビるわ(笑)

通院・グロブリン輸血

DSC_0604

18-01-25-14-17-17-734_deco

今日は無事通院できました^^;

白血球の数、その他血球数は良い感じなのですが、含まれるリンパ球の割合が低い=グロブリン値も低い?ってことで、やっぱり輸血は行いました
その辺のことと、今回の膀胱炎、ここ最近現れ始めた異常に痒みの強い湿疹(小水疱)は関係あるのかもしれないのかな〜
湿疹用にステロイド剤(アンテベート)を処方してもらった
Archives
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ








海好き
  • ライブドアブログ