書評サイトでのアフィリエイトについて注目が集まっている。
書評サイト=儲からない。のイメージですが、ある程度のノウハウがあればそれなりの収入になるようです。

書評サイトでアクセスをかんたんに稼ぐ方法は、あまり取り上げられていない本の感想を書く
[雑記]書評サイトでアクセスをかんたんに稼ぐ方法


有名な書籍や、ブログの中の人に受けそうな書籍だと一瞬は注目されるがその後は埋もれてしまいがちだが、あまり取り上げられていない本の場合検索エンジンからのトラフィックが半永久的に見込めるというもの。

少なくとも半年、できれば1年は地道にひたすら良質な感想を積み上げるしかありません。
ひたすら実用的か趣味に走るか。スタイルは数あれど特化してみたらいかが?


未読者が読みたくなるような感想を書く、まだ買っていない段階で訴えかける、地道に良質な感想を積み上げて巡回客を増やす、など実用的なテクニック(というか考え方)

「購入してもらうことによって得られるものと失うもの」みたいなことも、何かのタイミングで考えるべきだと思います。
【blog】書評ブログで売上をあげるための13の方法


マインドマップ的読書感想文さんの解説は為になります。書評ブログの説明の中にも、書籍の紹介が多数あるのが実用的なテクニックですね。

書評ブログなら100本は書評しなさいと言われます。
【書評サイトのノウハウとは?


書き手の書評力が安定する100本を目安に。そこからがスタートラインだそうです。

アフィリエイトとして売り上げを優先したいのであれば、書評は真っ先に避けるべき商材だといえる
書評は営業力より企画力


書評blogとして認知されるには最低半年、100冊は書評を続ける必要がある。

まとめ



書評は深い技術とテクニックが必要なものです。
続けていくうちに、その奥の深さが分かってくるのでは?

関連エントリー



Ama-ZでAmazonの商品をblogで紹介する
Amazonの商品プレビュー
人気ブログランキング