気が付けば8月も終わろうとしていますね

三ヵ月もバレエをお休みして
ブログも更新していませんでした

不登校だったわけではなく
この年になると
家のことやら実家のことやら
自分の健康問題やら
あれこれやらなければならないことが出てきて
仕事をしながらそれを片付けるには
習い事の時間を犠牲にしなければならなかったからです。

三か月ぶりにいきなりジュニアと一緒に
ポアントクラスを受ける度胸はなく
奥様クラスからリハビリすることにしました。

新しい方(といっても経験者)が
何人も入会していて
とても賑やかになっていました

でも・・・

一番動けるのが私ってどういうこと?

先日、私の仲良しママと一緒に来た
バレエをやっている高1の娘ちゃんにも
「teriさんが1番上手い。
っていうか、他の人が論外。」

という辛口批評を頂きました

何年か前までは
コンクール入賞組のジュニアたちに一人混じって
すっとこどっこいなことをして
ついていこうと必死になっていましたが
衰えた今でもおばさま方に混じると
1番まともに見えるというイリュージョン

ずっと同じレベルの人たちとやっていたら
きっと同じ時間レッスンしても
たいして伸びていなかったと思う。

コンクール組のジュニアと
一緒にやっていたときにもらった宝物。

一人できないことばかりで苦しかったけど
手の届かない高見を目指して
ひたすら上だけを見ていられたことや
同じように注意して指導してくれた先生方が
どれだけ私を成長させてくれていたか
今になると良くわかります。

もうあの頃のようには体は動かないし
あんな風にがむしゃらにはなれないけど
今度は自分なりのレベルでいいから
正しさや美しさを追及していきたいなと思いました

だから、ポアントには復帰しないかもしれない。
ポアントで動くことより
今はシューズでもっと自由に正しく動けるようになりたいから。