2005年11月25日

金額入力発売(2) - 自・社区間金額入力

03cde2be.JPG今回は、金額入力発売操作の1つである「自・社区間金額入力」について紹介します。「自・社区間金額入力」とは、連絡運輸となる社線の運賃を手入力により発売する操作方法です。JR区間の運賃に関しては、経路入力または口座による入力をし、中央装置により自動計算されます。発売対象となる乗車形態としては、JRから1つの社線に連絡となる場合のみ可能で、通過連絡となる場合や、2社以上の社線にまたがる場合などは、この操作では発売できません。「自・社区間金額入力」と呼ばれるのは、連絡運輸に係る乗車券だけではなく、自動車線が国鉄やJRの直営だった時代に、鉄道から自動車線着となる乗車券もこの操作で発売していたことによります。

金額入力発売では、「基準額入力」や「収受額入力」でも共通して、社線との接続コードと運賃の入力が必須になります。これは、旅客連絡運輸規則別表・旅客連絡運輸取扱基準規程別表(いわゆる赤表紙)で確認して入力します。また「自・社区間金額入力」では加えて、社線部分の営業キロの入力も必須ですが、これにより有効期間は自動計算することができます。なお、旅客連絡運輸規則第75条の規定により、大都市近郊区間とこの区間に接続する連絡社線との相互間発着の場合は、全区間の営業キロが100キロを越える場合であっても、片道の有効期間は1日となりますので、この場合は「当日限り」のボタンを選択することになります。

社線運賃の入力は、この操作に関しては無割引の大人片道普通旅客運賃を入力します。往復や小児、割引となる場合は自動計算されますが、往復乗車券の発売で往復運賃が片道の2倍とならない場合は、社線運賃を往復運賃で入力し「往復分」のボタンを選択することで発券可能です。

駅名に関しては、中央装置に登録されている場合が殆どですが、登録されていない駅名等を要求する場合は、カナ16文字以内で当該駅名と7桁の事務管コードを入力することにより対応可能のようです。しかし、これは自動車線所属駅を入力する場合がほとんどだったようです。

掲載した画像は、日暮里から西日暮里接続(接続コード:4620)東京地下鉄線綾瀬ゆきの例を示しました。金額入力発売として、右下に「額」の印字、自動改札非対応のため120ミリ券での発券になります。連絡運輸となる場合の東京地下鉄線西日暮里・綾瀬間の大人運賃は160円の特定額となります。「自・社区間金額入力」ではJR区間の運賃が自動計算となるため、経由欄はJR区間について印字されます。

硬券の高価買取・趣味のきっぷ収集 kippu.biz
硬券の高価買取・趣味のきっぷ収集 kippu.biz 硬券の高価買取・趣味のきっぷ収集 kippu.biz 硬券の高価買取・趣味のきっぷ収集 kippu.biz
この記事へのトラックバック
金額入力操作の一種である、自・社区間金額入力機能を使用して発券された連絡乗車券です。越生駅は、JRと東武の接続駅ですので、「(東武線)」という表記が付加されます。JR線区間の運賃は自動で計算されますので、経由欄は端末によって印字されます。 なお、この記事....
自・社区間金額入力による連絡乗車券【叩け!マルス】at 2006年02月16日 10:58