2016年08月05日

上本町で折り返しとなる定期乗車券

平成7年9月に発売された、河内小阪〜畝傍御陵前の通学定期乗車券です。近鉄奈良線と近鉄大阪線の接続駅は布施ですが、上本町(現在の大阪上本町)で折り返しとなる経由になっています。

河内小阪〜畝傍御陵前の通学定期乗車券

これは、JRの旅客営業取扱基準規程に相当する、近鉄の旅客営業細則第41条を根拠に発売されています。条文を引用します。
(2区間以上の区間に対する定期乗車券の発売方)
第41条 次の各号の1に該当する場合は、当該各号に掲げる区間に対して、1枚の通勤定期乗車券又1枚の通学定期乗車券を発売することができる。
(1) 2以上の指定学校に通う旅客の場合で、乗車区間の全区間が旅客運賃計算上1区間となるときは、その全区間
(2) 前号の場合で、環状線を1周乗車する旅客のときは、その環状線の全区間
(3) 列車の運行形態の都合等の事由で指定学校に通う経路の一部が折返しとなる場合は、折返し駅までの区間
(4) 列車の運行形態の都合等の事由で、事業所又は指定学校に通う経路の一部上本町又は鶴橋を折返し駅として分岐乗車となる場合は、折返して分岐線乗車となる区間を通じた全区間
この第4号が根拠となり、大阪線の始発駅である上本町で着席したり、布施を通過する優等列車に乗車する利便を図って、上本町又は鶴橋を折り返し駅として奈良線と大阪線を分岐乗車する形態に対して、1枚の定期乗車券を発売していました。

第1号から第3号までの規定は、JRでも同様な規定(旅客営業取扱基準規程第55条第2項)がありますが、近鉄で見られる第4号の規定は、通勤定期券でも認めています。

また、この運賃計算方も興味深く、結論から先に述べると、河内小阪・上本町間のキロ程(5.7km)に上本町・畝傍御陵前のキロ程(37.1km)を合算したキロ程(42.8km)に対して定期旅客運賃を収受します。根拠は旅客営業細則第71条(例4.)となり、条文を引用します。
(2区間以上の区間に対する定期旅客運賃の計算方)
第71条 第41条の規定により2区間以上の区間に対する定期乗車券を発売する場合の定期旅客運賃は、キロ程を打ち切らないで全キロ程を通算して計算する。

(例1. 第41条第1号の例) 居住地最寄駅が桑名、指定学校最寄駅が近鉄名古屋及び近鉄四日市の旅客が上記区間を通学する場合の運賃計算区間は、近鉄名古屋・近鉄四日市間とする。
(例2. 第41条第2号の例) 居住地最寄駅が弥刀、指定学校最寄駅が学園前及び大和八木の旅客が弥刀から布施経由学園前・大和西大寺経由大和八木・弥刀の区間を通学する場合の運賃計算区間は、弥刀・布施経由・大和西大寺経由・大和八木経由弥刀とする。
(例3. 第41条第3号の例) 藤井寺・北田辺間の通学旅客に対して、藤井寺・大阪阿倍野橋間の通学定期乗車券を発売する場合の運賃計算区間は、藤井寺・大阪阿部野橋間とする。
(例4. 第41条第4号の例) 居住地最寄駅が近鉄奈良、事業所最寄駅が長瀬の旅客が近鉄奈良・鶴橋経由長瀬間を通勤する場合は、近鉄奈良・鶴橋間のキロ程に鶴橋・長瀬間のキロ程を合算したキロ程に対する通勤定期旅客運賃を収受する。

2 乗車区間が第41条第4号によらない分岐乗車となるため2枚の定期乗車券を発売する場合は、旅客運賃の計算区間が最も低廉となるものによる。

(例) 居住地最寄駅が津新町、指定学校最寄駅が鈴鹿市及び近鉄四日市の旅客が上記区間を通学する場合の通学定期旅客運賃計算区間は、次のいずれかによる。
 (1)津新町・近鉄四日市間及び伊勢若松・鈴鹿市間
 (2)津新町・鈴鹿市間及び伊勢若松・近鉄四日市間
 (3)津新町・伊勢若松間及び近鉄四日市・鈴鹿市間
JTBの運賃表・第15号に収録されている、近鉄の定期旅客運賃欄(平成7年9月1日改定)によると、43kmに対する通学定期旅客運賃(1ヶ月)は5,080円と掲載されており、裏付けが取れました。

なお、JRの旅客制度による考え方では、旅客営業取扱基準規程第119条の規定に基づいて、上に引用した旅客営業細則第71条第2項に定められる計算方をとり、

 (1)上本町・河内小阪間(5.7km、3,400円)+布施・畝傍御陵前間(33.0km、4,900円)
 (2)上本町・畝傍御陵前間(37.1km、4,990円)+布施・河内小阪間(1.6km、2,000円)
 (3)上本町・布施間(4.1km、3,100円)+河内小阪・畝傍御陵前間(布施経由34.6km、4,900円)

これら(1)〜(3)のうち、低廉となる(2)の6,990円で、いわゆる二区間定期券を発売することになり、近鉄の計算方はJRより旅客に有利となっています。

しかしながら、近鉄の計算方においては、折り返し区間となる上本町・布施間を重複して合算する規定で、二重取りになっています。これは私見ですが、第41条第3号のように通学定期券に限らず、通勤定期券にも広く適用されることを鑑み、ある程度のバランスを取っているように思います。

参考
旅客営業規則及び同細則 近畿日本鉄道 平成13年2月1日
(加除式。平成14年12月1日の制度改正分まで加除追録されたもの。引用は原文ママ)

JTBの運賃表 第15号 1996年版 日本交通公社出版事業局

旅客関係規定集(規則)(JR東日本編・平成23年6月10日版・第17号) 日本鉄道図書

硬券の高価買取・趣味のきっぷ収集 kippu.biz
硬券の高価買取・趣味のきっぷ収集 kippu.biz 硬券の高価買取・趣味のきっぷ収集 kippu.biz 硬券の高価買取・趣味のきっぷ収集 kippu.biz