2017年05月14日

戦傷病者後払となる往復乗車券

平成29年4月にJR東海の管内で発売された、戦傷病者後払となる往復乗車券の往片(三河安城→長崎)です。前回、前々回の記事で紹介した特急券に付随する乗車券です。

三河安城→長崎の往復乗車券(ゆき、戦傷病者後払)

片道の営業キロが600キロを超える区間で、往復割引が適用されています。割引後の全額が後払で、旅客から運賃を収受しないため、原券C制のゴム印は押されておらず、出札担当者の意図を感じる秀逸な一枚です。右下の割引印章は[戦後復]となります。

戦傷病者は身体障害者割引の対象者であることも多く、戦傷病者乗車券類引換証の身体障害者旅客運賃割引欄に該当する戦傷病者については割引が適用されます。この場合、戦傷病者単独の場合は[戦後身]、介護者を同行できる甲種戦傷病者(戦傷病者乗車券引換規則第2条第2項第1号)で、本人の場合は[戦後障]、介護者の場合は[戦後介]となります。

往復割引の割引率は1割、身体障害者割引は5割ですから、身体障害者旅客運賃割引欄に該当する戦傷病者本人について[戦後復]の乗車券が引き換えられることはありません。

以上トピック的になりましたが、最近の実例を交えて戦傷病者後払の取扱いについて、3回に分けて少し触れてみました。

平成23年版と平成28年版の厚生労働白書によると、戦傷病者乗車券類引換証の交付を受けた戦傷病者はそれぞれ14,874名、4,465名で最近5年間で約1/3に激減しています。そのため駅での取扱件数も近年は減って、馴染みが薄い制度になっていることは間違いないでしょう。

コレクション的な観点から見ると、戦傷病者後払に関係するマルス券の割引印章は、これまで3回の記事で触れなかったものでは、他に普通急行列車に関係する[戦後急][戦後急障][戦後急介][戦後急乗継] の4種類あり、あわせて合計12種類!も存在しましたが、一度も実券で見たことがない券があります。

定期の普通急行列車は平成28年3月のダイヤ改正で廃止になった「はまなす号」が最後になってしまいましたが、普通急行列車でしか出なかった、これら4種類の割引印章はひとまずお蔵入りになったことになります。

参考
マルス券のページ - マルス券の割引印章(5)
http://mars.saloon.jp/discount05.shtml

平成23年版 厚生労働白書 資料編 p.215
http://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/11-2/kousei-data/pdfNFindex.html
平成28年版 厚生労働白書 資料編 p.212
http://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/16-2/


硬券の高価買取・趣味のきっぷ収集 kippu.biz
硬券の高価買取・趣味のきっぷ収集 kippu.biz 硬券の高価買取・趣味のきっぷ収集 kippu.biz 硬券の高価買取・趣味のきっぷ収集 kippu.biz