敗因分析のバイブル~競馬をやって何が悪い。

あの人気馬はなぜ負けたのか?
ラップ推移とレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫ります。
敗因分析ができれば次に買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

朝日杯FS 2017 出走予定馬:ダブルシャープ、強敵撃破したクローバー賞は評価…高速馬場で決め手勝負になった時にどうか

日程:2017年12月17日(日)
第69回 朝日杯フューチュリティステークス(GI) 阪神芝外1600m
予想用・出走予定馬一覧
朝日杯フューチュリティステークス2017の予想用・出走予定馬一覧

 北海道競馬所属ながらクローバー賞でタワーオブロンドンを撃破した実力馬タワーオブロンドンが中央転入し朝日杯フューチュリティステークスに出走予定だ。渡辺薫彦厩舎に転入、そして鞍上は和田竜二。ミレニアム前後にしのぎを削ったライバルがタッグを組んで大舞台に殴り込む。渡辺調教師初のGI制覇を、そして和田竜二に久しぶりの中央GI制覇を、鋭く伸びてダブルに栄冠を届けられるか。


 余談とまでは言えないけど、やっぱり90年代後半から入った自分としてはオペラオー和田とトップロード渡辺がこうやって20年近くたって騎手と調教師として1頭の馬でGIに臨む、っていう絵は感じ入るものがあるなと。基本的にロマンチストなので、こういうコンビでGIを勝ってお互いにきっかけになればなあと思う。とはいえ、現実的に馬の評価をしていきたいのは言うまでもない。チャンスもあると思うが、トップスピード戦に対応できるかがこの血統からは少々不安かな。少なくともTS持続が甘い馬が多いのがベーカバド産駒のイメージなので。


クローバー賞(OP) 1着 11頭4枠4番
札幌芝1500m良 1:30.8 36.8-36.0 S^1
6.9 - 11.9 - 12.0 - 12.0 - 12.0 - 12.0 - 12.1 - 11.9

 タワーオブロンドンを撃破し番狂わせを演じたのがこのクローバー賞。開催終盤の札幌洋芝、時計も掛かっていた中でややスローからのポテンシャル戦をしぶとく差し切る競馬となった。


 4番枠から五分には出たかなという感じ、そこからじわっと下がって促しながら追走で中団の中目。道中は掛かりながらの競馬になっていて3角までに2列目の中に入って押し上げながら進めていく。3~4角でも2列目の中目で進めていてスペースが無く仕掛けを待たされる、4角で外に膨れた馬がいたのでそのスペースを突いて直線。序盤で先に伸び始めていたタワーオブロンドンに一旦は前に出られるが、L1で差し返して最後は余裕を持っての勝利だった。


 3~4角で内目を回していたので外から動いてきたタワーオブロンドンに対してL1で余力があったというのはもちろんある。3~4角でも淡々と12秒前後を刻んでいるわけだし、自身と比較して3角で2頭分ほど、4角では膨れた馬の影響で4頭分ぐらい外となっていたことを考えるとタワーオブロンドンのロスは小さくなかった。4角出口から入りでは見劣ってL1で盛り返す形なので3~4角での立ち回りの差がここで影響を及ぼしたとは思う。とはいえ撃破できているわけでこれは侮れない。適性的にタフな馬場で良さが出たという面はあると思うし、高速馬場でやれるかがカギだった。


札幌2歳S(GIII) 3着 14頭5枠7番
札幌芝1800m良 1:51.4(+クビ+アタマ差) 49.8-49.0 S^1
12.7 - 12.0 - 12.5 - 12.6 - 12.6 - 12.4 - 12.3 - 11.9 - 12.4

 札幌2歳ステークスでは外から動いて最後に結構伸びての3着と距離延長でも高いパフォーマンスを見せてきた。ペースは0.8でややスロー、そこそこには流れたのもあって仕掛けどころはL2と遅いが速いラップを踏んではいない。


 7番枠から五分のスタート、そこから控える形になって想像以上にポジションを下げて最後方、1角でも窮屈でブレーキしながらと流れに乗れず最悪のスタートになる。道中もペースは上がらずに淡々とスローという流れで最後方のまま。3角でペースが上がったところで外から一気に動いていく、4角では好位列に取り付いて直線。序盤でそこからしぶとく伸びて2列目、L1で前2頭に対してしぶとく差を詰めての3着だった。


 2着のファストアプローチとの比較で見れば決定的に差を詰めてきているのだが僅かに届かなかった。最序盤はスローの流れでこの馬自身もある程度流れた中でのポジション取りができる馬だったのだが、そこでゲートは悪くないのに不本意ながら最後方まで下げざるを得ない競馬になった。そこが痛かった。幸い3~4角ではまだペースもそこまで上がっていなかったので馬場もあって大外を回すロスもそこまでではなかっただろうが、緩い内にもうちょっと前を獲れていたらと感じるのは当然だろう。逆に距離延長で後半のポテンシャル特化にならざるを得ない競馬でここまでやれたのは評価したいし距離も2000ぐらいまでは余裕を持って行けるかな。ただし、レベル的に見てこのレースが高かったのか?というのは今となっては疑問符がつく。上位勢がそこまで活躍できていないので。


サウジアラビアRC(GIII) 6着 18頭3枠6番
東京芝1600m稍 1:33.0(+0.6) 46.1-46.9 H^1
12.3 - 10.6 - 11.4 - 11.8 - 12.2 - 11.5 - 11.5 - 11.7

 前走のサウジアラビアRCでは高速馬場の中での勝負となったが、一定の目途は立てた。ペースは0.8でややハイ、ラップ推移的に見ても中弛みが少しあった程度でトップスピードの質は要求されずに前半のペースの速さで前後半のバランスを高いレベルで求められた一戦。


 6番枠から五分のスタート、そこから流れに乗って先行策も途中で内の馬に寄られてから掛かるような感じで好位列の中目で苦しい競馬になる。3~4角でも好位の中目で我慢、中弛みで待たされて直線となる。序盤でそこから進路を内にとってスペースを確保、ここから追いだされるがジリジリとした伸びで2列目の一角のまま。L2では3列目に後退も、L1ではしぶとく食らいついて掲示板争いまでは踏ん張った。


 ここ3走でも感じるんだが気性面での課題はあるかもしれない。最序盤のコントロールがしにくいから騎手も出して行くのにリスクがある、結果ポジション取りだったり折り合い面での不安が露呈している面はあるかもしれない。内容的に見ると、高速馬場のハイペースの中で先行策からしっかりと前を取るだけの前半のゲート、二の足といったところはまずまず。直線では再加速で切れる感じもなかったが最後まで踏ん張ってはいたし一定の評価は可能。ただし、やはりトップスピード面での課題はまだ残していると思う。


2017朝日杯フューチュリティステークスに向けての展望

 クローバー賞でタワーオブロンドンを撃破、というのをどこまで評価するのか?というのがポイントになると思う。このクローバー賞の場合やはり後半の札幌洋芝、パワーを問われた中で瞬間的な切れ味は不必要だったし、その中で3~4角の立ち回りもこちらが優位、勝ちに行ったパワーに対して余力を残してL1で抜け出した。上手く噛み合った面はあるが、一定の評価はしたい。それでも結局はポテンシャル戦でのもので札幌2歳Sまで含めて後半のポテンシャル面で良さが出たとみるべきだろう。サウジ戦ではかなりの高速状態で先行、中弛みで巻き込まれた中で何とか対応はしてきたという評価。とはいえ基礎スピード戦でダノンプレミアムとは比較できるレベルに無いし、底を見せなかったステルヴィオとの比較で見てもやはりちょっと足りない。スローでとなるとトップスピードの質、持続力で未知数。血統的にフォローしたいところだがベーカバドはダンジグ系で産駒傾向を見てもトップスピードの質でトップレベルを期待するのはなかなか難しいだろう。個人的には皐月賞まで行けば面白いかも?と思っているが、高速馬場のマイルでは流れて中弛みで上手く取り付いたとして馬券圏内に食い込めるかどうか?のラインで見ている。個人的にはもうちょっと長い距離でのロンスパが合っている印象だが。


■■■■■■■■■■■■■■■
 “大魔神”の愛称でお馴染み!
 
シュヴァルグランがジャパンCを
  制してGI5勝目を上げた
 ≪JRA馬主・佐々木主浩≫
 の【朝日杯FS・最終結論!】

  ▼こちらで無料公開!▼

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

JCは愛馬シュヴァルグランから
馬単5250円・3連単1万3340円的中

天皇賞・秋はサトノクラウンから
3連複1万5290円的中!

今週の朝日杯FSも必見!

▼▼最終結論をお楽しみに!▼▼


全日本2歳優駿 2017 予想:本命02ハヤブサマカオー

川崎11R 全日本2歳優駿(JpnI) ダ1600m 良、タフなダート想定
展開予想
 川崎のダートマイルということで1周コース、急コーナーという特徴がある。ただこのレースに関しては基本的にペースが上がり切ってというケースが多いので基礎スピードを重視しないといけない。展開予想としてはハヤブサマカオーが逃げるところまでは読みやすいかな。ダークリパルサーが内で我慢が利く、戸崎なので2列目のポケットから番手辺りまで狙い。外からサザンヴィグラスやビッグスモーキー辺りが先行、ドンフォルティスは好位~中団、ルヴァンスレーヴは出負けからリカバーしながらだろうが、流れが速い中でどうかというところ。ペースは48.5-51.5ぐらいになるんじゃないかな。


予想
◎02ハヤブサマカオー

〇08ドンフォルティス
△03ダークリパルサー
△06ソイカウボーイ
△09ルヴァンスレーヴ
3連複◎軸〇▲△BOX
3連単F◎〇▲→◎〇▲△→◎〇▲△×

◎ハヤブサマカオー


 基本的に基礎スピードを重視したいという中で前走の兵庫JGは結構インパクトが大きい。時計的に良馬場で1:27.8はかなり優秀ではあるし、1400で単調な基礎スピード戦に持ち込んで捻じ伏せてきたのは良い材料。それとこの馬の場合は新馬戦が札幌1700でぶっちぎっていて、13.0 - 12.5 - 13.0 - 12.8 - 13.0とラストまで消耗せずの競馬で圧勝、余裕を持っていた。時計的にはそこまででもないがぶっちぎってのもので時計的にはまだ伸ばす余裕がある。これは高く評価したい。マイルなら基礎スピード面で圧倒できると思うし主導権を取ることは期待できそう。後は相手関係だがドンフォルティスもルヴァンレーヴも厳しい基礎スピード戦で結果を出してきているわけではないので、消耗戦への適性が高いこの馬を最上位にしたい。


〇ドンフォルティス


 ルヴァンレーヴよりこちらを上位に取ったのは2走前のヤマボウシ賞。まあ前走の北海道2歳優駿で捻じ伏せに行って完勝していて距離自体はこの時点で適性を見せているんだが、ヤマボウシ賞はちょっと面白いラップ推移で差し切った。11.9 - 12.7 - 12.5 - 12.4 - 12.6と3角辺りで既に大きく減速していて中団の中目で進めながら徐々に外に誘導して直線なんだが伸び始めはそこまで速くなくてL1で伸びてきた。恐らく減速していないというような感じで長く脚を使ってきていて、1400のスピード戦より1600でコーナー4つでというのは噛み合うんじゃないかなと。時計的にはちょっと足りないがダートスタートでコーナー4つのマイルで消耗戦になりやすいなら。


△ダークリパルサー


 この馬は厳しい流れは未知数だが前走のオキザリス賞は12.2 - 13.4 - 12.8 - 11.8 - 12.2と極端な中弛みからのギアチェンジ戦で包まれてしっかりと動いて抜け出してきた。内枠で進められる、基礎スピードは未知数も器用さを買って押さえておく。


△ソイカウボーイ


 距離延長の過程でもしっかりと高いパフォーマンスを見せてきているし、前走の兵庫ジュニアグランプリは走破時計だけで見れば結構優秀。今回はハヤブサマカオーをある程度意識しながら乗れると思うし中央のほかの馬もそこまでポジショニングが上手い馬は少ないので、この距離で2列目あたりで入れれば基礎スピード面は侮れん。


△ルヴァンスレーヴ


 単純な地力としてはこれから先楽しみはあるんだが、ここ2走で言えるのは結果的に時計勝負というわけではないという点。前走のプラタナス賞なんかはレコードが出ているけど、この馬自身はスローバランスで出しているように馬場がかなり軽かったというのは当然影響している。また淡々とした流れというわけでもなく11.7 - 12.3 - 12.9 - 12.1 - 11.6 - 11.8と軽いダートの中で12.9と緩いラップをコーナーで刻んでいてここで取り付けたのが大きい。こういうタイプの馬は基礎スピード戦では不安がある。それにそもそもゲートがまずい馬なので、しっかりとポジションを取っていけるかどうか、押し上げていくタイミングがあるかどうか。結構危ういかもと思いながらも地力を評価しての押さえ。


【競馬の現実を知る。言葉・的中のマジックに騙されないで。】PR

この内容を理解している人に
【週刊競馬ナックル】というサイトを使う価値があります。
毎週重賞を的確に取りたい方にはおススメです!

■【1押し】
中山10R「美浦ステークス」
◎テオドール
3連単1万8170円
獲得金額59万9610円!!

■公式サイト⇒コチラ(無料)

1、競馬は95%の人間が負けています。

「競馬で儲けたい」「万券を当てたい」
そんな幻想にいつまで振り回され続けるつもりですか?
ウソがまるで本物かのように作られている競馬予想会社に騙されてはいけません。

2、勝つ=儲かる

言葉巧みな誘惑に負けてませんか?
競馬会社から出る買い目はとても魅力的です。
しかし、その競馬会社から予想の為になる信頼できる情報はでていますか?

3、勝つ確率を高める=本物の情報による馬券

競馬予想の勝者はわずか5%。
全部当たるとか、必ず万馬券が取れるといった言葉は幻想です。
現実と向き合いながら勝つ確率を高めるのが週間競馬ナックル。

4、あなたの信頼する馬券師はいますか?

どの競馬新聞にも競馬雑誌にもいろんな予想家が載っています。
大勢の予想家が予想するからこそ、的中する確率もあがります。
競馬新聞っていろんな予想家が予想しているのに◎が一致しませんよね?

つまり、予想をだしている大勢の予想家の中で的中が出れば、
的中した競馬新聞や競馬雑誌という風に感じるでしょう。
「よく当たる」と「よく稼げる」は違うのです。

この内容を理解して、しっかり現実がわかる方に、
無料コンテンツ「オフレコ記者ブログ 南丸がゆく!!」を見て頂きたいです。
僕も見て思ったのが、「たしかに」という感想でした。
この「たしかに」を念頭において某有名新聞や雑誌を改めて見ると、
どれだけウソの情報を掴まされていたのか実感しました!

現実を理解して、競馬で勝つ確率を高めたい方はチェックしてみてください!
※アドレス送信後、返信メールからサイトに入れます。
■公式サイト⇒コチラ(無料)



朝日杯フューチュリティステークス 2017 出走予定馬:ファストアプローチ、適性の幅は広いがワンパンチ足りない印象で…

日程:2017年12月17日(日)
第69回 朝日杯フューチュリティステークス(GI) 阪神芝外1600m
予想用・出走予定馬一覧
朝日杯フューチュリティステークス2017の予想用・出走予定馬一覧

 札幌2歳ステークスでは先行しながらしぶとく粘ってロックディスタウンの2着を果たしたファストアプローチが朝日杯フューチュリティステークスに出走予定だ。前走の芙蓉ステークスでも前目からしぶとく粘って2着確保も完敗。ワンパンチ足りない競馬を続けているが、今回は阪神のマイル戦。忙しい流れになるがここで適性を見せることができるか。


 ドーンアプローチ産駒でも母父はMarjuだからノーザン同士だし母系からもある程度マイラー色が出ても良いかもしれないと思っていた。んだが、母ジョリージョコンドのMarju×Rossiniってまんまサトノクラウンなんだよなあと思ったら本当に全姉なのね。血統的にはステイヤー色の方が強いかもしれん。今の段階では個体で見ると何とも言えないがどういう競馬でもワンパンチ足りんなあ、という感覚。今年の3歳ベストアプローチみたいになるのかなあ…。


札幌2歳S(GIII) 2着 14頭8枠14番
札幌芝1800m良 1:51.4(+クビ差) 49.8-49.0 S^1
12.7 - 12.0 - 12.5 - 12.6 - 12.6 - 12.4 - 12.3 - 11.9 - 12.4

 2走前の札幌2歳Sを。ペースは0.8でややスロー、ラップ推移的にはL2最速で仕掛けどころは遅いが一応ポテンシャル戦となっている。


 14番枠からまずまずのスタートも外枠で2列目の外を取るまで、そこから1~2角のコーナーワークもあるが何とかついていって2列目外をキープする。中盤までペースは少し緩い、という流れで2列目の外をキープしたまま。3~4角でじわっと並びかけて4角先頭で直線に入ってくる。序盤でしぶとく粘りとおしたいところに一気にロックディスタウンに前に出られる。そこから抵抗するも最後はダブルシャープにも追撃を喰らって辛うじて2着を死守した。


 少なくともロックディスタウンには完敗だった。外目を回してはいるが最終週の札幌はある程度外目の方が馬場が良かったのでそう考えれば3~4角では結構いい位置を通せていたと思うし、ラストもダブルシャープに来られていた、L2最速戦でコーナーでそこまで速いラップを踏んでいたわけでもないことを考えるとちょっと甘かったかなという感じは受けるかな。総合的に見てバランスの良い競馬…ゲート、二の足まずまず、基礎スピードもこのペースで脚を引き出せた、一足は使えた、ポテンシャルはちょっと甘く前後半の総合力で2着を確保したかな。


芙蓉S(OP) 2着 8頭6枠6番
中山芝内2000m良 2:03.8(+0.2) 63.9-59.7 S^4
13.0 - 11.7 - 13.3 - 12.4 - 13.5 - 12.9 - 12.5 - 11.7 - 11.1 - 11.5

 芙蓉Sでは軽い馬場での3F勝負という内容で悪くはないがイマイチ、という2着。ペースバランスは4.2で超々スロー、ラップ推移的には見てのとおりでギアチェンジやトップスピードの質、前半はポジショニングが問われた。


 6番枠からまずまずのスタート、そこから馬なりで楽に先行してまずは単独の3番手で入っていく。道中も極端に緩い流れだがそれでもある程度縦長で向こう正面後半から凝縮する流れでも3番手で我慢。3~4角で楽な手ごたえで2列目に取り付き、出口では先頭に並びかけて直線。序盤でその手ごたえほどには切れずに一気に内からサンリヴァルに抜け出される。ラストまでジリジリと伸びずばてずで3着争いを尻目に単独2着もサンリヴァルとの差は詰まらず。


 機動力はあるんだが最大出力が高いわけではない、という印象かな。3~4角でも加速していく過程で楽に先頭列まで取り付いているんだが直線入りでの最速地点で内から一気にサンリヴァルに抜け出されていることからも瞬間最大のキレで見劣ったという感じ。L1までジリジリとは来ているので悪くはないし、トップスピード戦でも一定の目途は立てているが3着のスターフィールドが百日草特別で完敗、トップスピード戦としてはレベル的にイマイチだった可能性もあるので何とも言い難い。


未勝利 1着 11頭8枠10番
札幌芝1500m良 1:29.3 35.5-36.0 M
6.8 - 11.5 - 11.3 - 11.7 - 12.0 - 12.1 - 11.5 - 12.4

 ちょっとややこしいのがこの未勝利勝ち。これが圧巻だったのでマイルの流れでも…と感じるのはある。ペースは平均、L2最速で流れての一足のパターン。


 10番枠からやや出負け、外枠でもあってなかなか取り付けず、それでも強めに促しながらひとまず中団ぐらいで進めていく。道中も淡々とした流れの中で中団外から促しながら好位列に近づいていく。3~4角で好位の外から4角で先頭列に並びかけていって一気に先頭に躍り出る。そのまま独走状態に持ち込み最後まで脚色で優位性を保っての圧勝だった。


 ラップ推移的にL1はかなり落としているのでここで詰められなかった後続のレベルの低さ、というのはあるかもしれない。3~4角で動いていった時の脚はインパクトがあった。ただ、この時は札幌もかなり軽い馬場だったので、どこまで評価できるのかは微妙なところである。普通に考えればこの時期の1500m戦で30秒台を切ってくればかなり優秀だし、ラップ推移的にもこの流れでL2最速11.5を外から動いて交わしていったわけなので結構鋭く瞬間的に脚を使えているはず。全体のレベルが低かったとその後の結果からも感じるのでこの一戦が非常に悩ましい。二の足やゲートといったポジショニング面には苦労していたが基礎スピードそのものはそこそこあるのかもしれない。マイルでもやれそうと感じた理由はこれ。


2017朝日杯フューチュリティステークスに向けての展望

 悩ましいんだけど、ここに入ると強敵が多いとは思う。マイルでもある程度やれるかもというのは前述のとおりだし、トップスピード戦でもキレ負けはしていたが芙蓉Sの感じから全く対応できないわけではない。マイルの高速馬場で流れた中での一足は使えそうな感じかなと。未勝利勝ちが札幌1500でトリッキーなコース、1角ポケットからのコーナー3つで外枠不利の中でというのもあったし、好位~中団を確保できれば、というのは好走条件としては当てはまりそう。前走を見る限り機動力もまずまず高いと思う。明確な欠点はないんだが、じゃあ明確な武器は?となると現時点では乏しい。厳しい流れでも対応できそうだがダノンプレミアム程圧巻の競馬ができたわけでもなければステルヴィオみたいにその流れで我慢して末脚を爆発させるほどでもない。スローで切れるかとなるとこれも微妙でタワーオブロンドン辺りとの比較で見劣る。弱点はこれといってないけど各要素で見てワンパンチ足りないのは確かかな。上手く良い位置を取れれば3着辺りで拾えても、噛み合わなければ簡単ではないと思う。押さえ以上の評価を打つのは難しいかな。


PR【馬券内馬と穴馬について】朝日FS(G1)
阪神競馬場 1600m(芝・外)
馬齢 牡・牝 2歳オープン
牡馬牝馬混合の、2歳マイル王決定戦です!
チャンピオンズC同等レベルで荒れるので、個人的にはとても楽しみにしているレースです!

3連単の過去配当は
2016年 221,200円
2015年 38,560円
2014年 133,570円
これこそ競馬の醍醐味!一発大逆転が狙える!
低配当レースなら個人的予想や誰かの予想に丸乗りでも問題ないですが、こういった荒れるレースは【穴馬】を【的確に】読めるかどうかがポイントですね!
つまり【的中率】を重視する必要があります!
だったら、朝日杯FSで結果を残している的中率特化型の「コラボ指数」が的中への最短ルート!最強の予想サポート情報です!

【コラボ指数】↓ 無料登録
https://www.collabo-n.com


コラボ指数は数字が「数字が小さい方が強い馬」で「最強馬は指数値4」という表し方です。
因みに過去実績より、12月の全競馬場対象288レース中【指数値4の馬は勝率60%以上】あります。
阪神競馬場だけで見ると【勝率70%】以上あります! ぜひ参考にしてみてください。

【朝日杯FS】
--------------------------
■コラボ指数 予想順位1位の馬の結果(指数値4ではありませんでした)
2016年 2着 7人気モンドキャンノ
 単オッズ15.8

2015年 2着 1人気エアスピネル
 単オッズ1.5倍
2014年 3着 4人気クラリティスカイ
 単オッズ5.3倍
馬券圏内は間違いないと思われます。

■穴馬
2016年 3着 12人気ボンセルヴィーソ 
 単オッズ72.7倍 コラボ指数5位予想

2015年 3着 11人気シャドウアプローチ 
 単オッズ91.6倍 コラボ指数40以下の馬
2014年 2着 14人気アルマワイオ
 単オッズ64.7倍 コラボ指数52
--------------------------
要は見方次第と言われそうですが、コラボ指数が始まったのが2014年から。
つまり【年々、的中精度は上がっていきます】
ここまでの内容と、私が長年コラボ指数を使ってきた感触から要点をまとめると 阪神JF(G1)は
【コラボ指数上位6頭で穴馬込、馬券内馬2頭まで楽に絞り込める】

最新のコラボ指数は週末土日更新です。
コラボ指数を見たことない人、すでに使っているという人。
私なりにですが、週末に新しい情報を更新していきますのでチェックしてみてください。
※それまでにターコイズS(G3)についても調べてみます。

まだ見たことない人はサイトに登録して準備しておいてください。
【コラボ指数】↓ 無料登録
https://www.collabo-n.com


朝日杯フューチュリティステークス 2017 出走予定馬:ステルヴィオ、サウジ戦はあれでもまだ出し切れてない…底知れない末脚はトップレベル

日程:2017年12月17日(日)
第69回 朝日杯フューチュリティステークス(GI) 阪神芝外1600m
予想用・出走予定馬一覧
朝日杯フューチュリティステークス2017の予想用・出走予定馬一覧

 コスモス賞ではタフな馬場の中で後方から動いての勝利、前走のサウジアラビアロイヤルカップでは後方から直線しぶとく伸びての2着と結果を残したステルヴィオが朝日杯フューチュリティステークスに出走予定だ。前走はダノンプレミアムのスピードに押し切られた形だが、阪神のマイル戦で逆襲を誓う一戦だ。


 この馬も血統的にマイルがどうか?というのはあるが、一応コスモス賞では最低限対応できているのでマイルぐらいならとは。


新馬戦 1着 16頭3枠6番
東京芝1600m良 1:34.8 47.8-47.0 S^1
12.9 - 11.1 - 11.4 - 12.4 - 12.5 - 11.5 - 11.4 - 11.6

 新馬戦は東京のマイル戦でぶっちぎっている。ペースはこの時期としては速くて0.8のややスロー、ラップ推移的には中弛みがあったので先行馬は前半の速いペース、中盤の緩みでそこからの再加速という流れ。


 6番枠からまずまずのスタート、そこからある程度促して先行集団の中に入っていく。最終的には3列目の内目で前にスペースを置く形で3角。3~4角で中弛みで前のスペースを詰めながら2列目に押し上げて直線で外に出す。序盤で加速していく過程ではそこまでスパッとは切れないが徐々に伸びてきてL2では先頭列に近い位置。L1でしっかりと抜け出しての完勝だった。


 このレースラップから判断しても速い脚を使えたわけではないが、L1まで大きく落とさずに突き放していることからこのレースではポテンシャル面の高さを見せたといえる。また前半は新馬戦としてはかなり流れていてこの時点で全体でハロン12を切る競馬。その流れに前目で乗っていけているわけで、かなり高いレベルで基礎スピード面をクリアしてきている。前後半のバランスを問われたし中弛みでのペースダウンもあった中で上手く対応してきた。瞬時に動けたわけではない、スパッと切れたわけではないけど長く脚を使えたのは阪神マイルを考えれば歓迎材料だろう。


コスモス賞(OP) 1着 11頭6枠6番
札幌芝1800m重 1:51.3 49.6-48.5 S^1
12.3 - 11.9 - 12.7 - 12.7 - 13.2 - 12.2 - 12.1 - 11.9 - 12.3

 2走前のコスモス賞は結果的にレースレベルに恵まれた面はあったかもしれない。パフォーマンス的には少し物足りなかったかな。ペースは1.1でややスロー、ラップ推移的には4F戦というところで後半はポテンシャル戦。


 6番枠からまずまずのスタート、そこから無理せずに控えて中団で進めていく。道中もさらに下げて後方馬群の中目から3角でハッピーグリンが動いた後にその直後を狙って進出、4角では好位列から2列目まで押し上げて直線。序盤でハッピーが遊ぶようなところを見せる中で外からスッと並びぶ間もなく交わし去る。最後はミスマンマミーアに強襲されて決定的な伸びを見せられるが辛うじて凌いだ。


 ひとまずスローからのポテンシャル戦で一定の目途はたてたといえるが、結果的にミスマンマミーアがイマイチだったことや上位勢のその後のパフォーマンスを見てもレースレベルは微妙だったかなと感じる。重馬場だったこともあると思うが1800のポテンシャル戦では少しパフォーマンスを落としているとみるべきかな。少なくとも1周コースで速い脚を要求されない形では微妙かなという感じ。良馬場でトップスピードを問われやすいワンターンの1800なら違うかもしれない。


サウジアラビアRC(GIII) 2着 18頭8枠16番
東京芝1600m良 1:33.3(+0.3) 46.1-46.9 H^1
12.3 - 10.6 - 11.4 - 11.8 - 12.2 - 11.5 - 11.5 - 11.7

 前走のサウジアラビアロイヤルカップではかなり強い競馬をしてきた。ややハイと全体的に流れたし、中盤少し緩んだとはいっても極端ではなく、前半の基礎スピードがかなり問われた一戦。この馬自身でも35.6-33.5と後傾ではあるが前半3Fではハロン12を切ってきているように各馬前半に脚を使わされている展開。そのうえでの3F戦。


 16番枠から五分に出てそこから促していくが二の足でやや見劣って後方に下がっていくような感じになる。道中も後方馬群の中目でポジションを落としながら後方で3角。3~4角でも後方で進路確保できず中弛みでも取り付けないまま最後方に近い位置で直線。序盤でそこから進路を外にとってL2で伸び始めて中団に取り付くとL1の破壊力は一頭違う、グングン伸びてくるが届かなかった。


 L1に入った地点ではまだまだ画面外で、その地点での差が判別しにくいが、5馬身半~6馬身ぐらいはあったんじゃないかなと。それをL1だけでも2馬身を切る所まで詰めてきている。まずL1で11秒前後の脚を使っている計算は立つ。自身の上がり33.5のハロン平均をL1で上回っているか同等レベルならほとんど減速していないわけで、恐らく脚をこれでも余している形になる。痛かったのは唯一取り付けたかもという3~4角の中弛みで下げながらになってしまったことで直線3F弱だけでは物理的に届かないような競馬になってしまったことかな。もちろんこれに関してはダノンプレミアムが強かったが、このレベルで末脚に違いを生み出しているし、とりわけトップスピードの持続力に関しては非凡というほかない。またこのペースで一応L3最速タイの流れでも脚を余しているわけで、これはかなり高いパフォーマンスだったと思う。


2017朝日杯フューチュリティステークスに向けての展望

 本番でダノンプレミアムがヘタレてペースを落としてくればトップスピードの質、持続力で逆転可能だというレベルかな。まだコスモス賞をどう判断すべきかは何ともだが、重馬場よりは高速馬場の方が良いだろう。サウジ戦も新馬戦でもある程度の流れで良さを削がれていないし、前走のサウジ戦ではあのペースで追走しながらL1まで底を見せない末脚を見せてきたのは異端ともいえる。あの流れであれだけの脚を引き出せたなら本番で心配する部分は少ない。ただ、新馬もサウジ戦も伸び始めは少しだけ遅い。感じたのはギアチェンジの性能はそんなに高くないだろうと。それでも阪神の外回りなら下り坂で各馬の仕掛けの意識もある程度早くはなる。そうなれば出し切りやすいし、前走も突き詰めれば中弛み地点での動きの拙さが痛かった。前走ハイレベルの中ですらL1までまだ底を見せていないというのはかなりの魅力だ。ダノンプレミアムとの比較で見れば今回逆転してくる可能性は大いにあると思っている。ダノンが前走同様淡々とした流れの中で競馬ができれば良いが、少し緩んで後半勝負にシフトすればこちらの方が有利だとみている。ラストの伸びはそれぐらい非凡だった。今の段階では基礎スピード面、マイル適性、阪神外回りがプラスに働きそうという点で見て本命・対抗候補の1頭になるかな。


【競馬の現実を知る。言葉・的中のマジックに騙されないで。】PR

この内容を理解している人に
【週刊競馬ナックル】というサイトを使う価値があります。
毎週重賞を的確に取りたい方にはおススメです!

■【1押し】
中山10R「美浦ステークス」
◎テオドール
3連単1万8170円
獲得金額59万9610円!!

■公式サイト⇒コチラ(無料)

1、競馬は95%の人間が負けています。

「競馬で儲けたい」「万券を当てたい」
そんな幻想にいつまで振り回され続けるつもりですか?
ウソがまるで本物かのように作られている競馬予想会社に騙されてはいけません。

2、勝つ=儲かる

言葉巧みな誘惑に負けてませんか?
競馬会社から出る買い目はとても魅力的です。
しかし、その競馬会社から予想の為になる信頼できる情報はでていますか?

3、勝つ確率を高める=本物の情報による馬券

競馬予想の勝者はわずか5%。
全部当たるとか、必ず万馬券が取れるといった言葉は幻想です。
現実と向き合いながら勝つ確率を高めるのが週間競馬ナックル。

4、あなたの信頼する馬券師はいますか?

どの競馬新聞にも競馬雑誌にもいろんな予想家が載っています。
大勢の予想家が予想するからこそ、的中する確率もあがります。
競馬新聞っていろんな予想家が予想しているのに◎が一致しませんよね?

つまり、予想をだしている大勢の予想家の中で的中が出れば、
的中した競馬新聞や競馬雑誌という風に感じるでしょう。
「よく当たる」と「よく稼げる」は違うのです。

この内容を理解して、しっかり現実がわかる方に、
無料コンテンツ「オフレコ記者ブログ 南丸がゆく!!」を見て頂きたいです。
僕も見て思ったのが、「たしかに」という感想でした。
この「たしかに」を念頭において某有名新聞や雑誌を改めて見ると、
どれだけウソの情報を掴まされていたのか実感しました!

現実を理解して、競馬で勝つ確率を高めたい方はチェックしてみてください!
※アドレス送信後、返信メールからサイトに入れます。
■公式サイト⇒コチラ(無料)



朝日杯フューチュリティステークス 2017 出走予定馬:フロンティア、前走の負け方は気になる…結果を出しているのはドスローばかりで

日程:2017年12月17日(日)
第69回 朝日杯フューチュリティステークス(GI) 阪神芝外1600m
予想用・出走予定馬一覧
朝日杯フューチュリティステークス2017の予想用・出走予定馬一覧

 新潟2歳ステークスでは先行策から直線で鮮やかに抜け出しての重賞制覇、フロンティアが朝日杯フューチュリティステークスに出走予定だ。前走のデイリー杯2歳ステークスでは先行策も伸びあぐねて4着と物足りない結果に終わった。今回はもちろん相手も強敵揃い、その中でこれからのクラシック路線への道を開拓すべく長い直線を粘り込め。


 前走のデイリー杯ではっきりと不安要素を露呈させてしまった。例年の時期にしては少し時計が掛かっていたのでその辺りの影響もあるが、全体のペースが上がったことで末脚を削がれた感はある。この辺りを今回どう考えるだが、基本スローで結果を出してきているだけに…。また新潟2歳Sのレベル的にも今となっては微妙なところ。


新馬戦 1着 12頭2枠2番
中京芝1600m稍 1:38.2 51.1-47.1 S^4
13.0 - 12.2 - 13.0 - 12.9 - 12.7 - 12.1 - 11.1 - 11.2

 まずは新馬戦から振り返る。中京芝マイル戦で稍重、馬場もダートは不良だったし後半を見ると標準ほど遅くはないが恐らくやや高速ぐらいの馬場だったかなと。ペースは4秒の超々スロー、この時期の新馬戦としてはよくあることで、仕掛けどころも直線勝負の2F戦。前半のポジショニングと後半のギアチェンジの性能が勝敗を分けたと思う。


 2番枠から好発、そこからじわっと出して行ってハナ争いに絡んでいき、最終的にハナを取り切る。そこからはペースをドスローにコントロールして進めていく。3~4角でもまだ手綱を抑えるぐらいの感じで後続の仕掛けを待ち、4角で少し鞍上がパンと合図を送って直線。序盤でスッと出し抜く感じで進めるが外からアドマイヤアルバに食らいつかれる。L1でしぶとく踏ん張るところにアドマイヤに差を詰められ、半身差は保っての勝利だった。


 レースラップ的にはそんなに落としていないし、その中でアドマイヤに来られたのでひとまずは末脚勝負では少し見劣った感はある。もちろんそれを前半のポジショニングでカバーしたから勝ち切れたわけだが、末脚の絶対量が高かったわけではないのは一つある。それと何よりも前半がドスローだった。この辺りを踏まえると前半の基礎スピード面が今後の課題ではあったといえる。


新潟2歳S(GIII) 1着 15頭5枠8番
新潟芝外1600m良 1:34.6 49.3-45.3 S^4
13.1 - 11.2 - 12.3 - 12.7 - 12.3 - 11.4 - 10.4 - 11.2

 新潟2歳Sでは結局ドスローの流れだったので基礎スピード面を把握することはできなかった。4秒で超々スロー、ラップ推移的にも3F勝負で直線の競馬になっている。


 8番枠からまずまずのスタートを切ってそこからじわっと促しながらハナを窺う。最終的には外からコーディエライトがじわっと主張してきたので控える形で2列目に下げる。そこからはやや掛かり気味もドスローなので仕方なく、番手の外で3角に入る。3~4角でも番手で仕掛けを待ちながらコーディエライトを目標に直線。序盤でそこからじわっと伸びてきてL2の最速地点でしっかりと並びかける。L1でコーディエライトが甘くなったところでしっかりと前に出て3/4馬身差の勝利だった。


 このレベルではTS持続で勝ち切ったともいえる。一応新馬戦も2F戦の中で自身でもL1はそんなに落としていないわけで、どちらかというと対アドマイヤアルバで見てキレ負けの部類だと思う。このレースでは目標を前において進めたこともあるだろうがしっかりと最速地点で伸びてきたしラストまでまとめてきた。とはいえ、コーディエライトが阪神JFで結果を出せなかったのはあるし、何よりこの馬自身が基礎スピード面で未知数という点は変わってないと。


デイリー杯2歳S(GII) 4着 9頭2枠2番
京都芝外1600m良 1:36.9(+0.6) 48.7-47.6 S^1
12.6 - 11.0 - 12.1 - 13.0 - 12.3 - 12.4 - 11.6 - 11.3

 ただ前走のデイリー杯では結果が出なかった。ペースは1.1程度でスローなのだが、これまでと比べるとある程度流れている。その中で仕掛けが遅くなっての2F戦となった。中弛みがあったので前半無理しなかった方が楽な展開だがそれでも前半そこまで速かったわけではないので物足りない。


 2番枠から五分のスタート、そこからは控える形で少し離れた2列目の内目で入っていくが少し掛かりながらで序盤はコントロール。道中前のスペースをカツジに入られてしまって3列目。3~4角でも3番手で内目を立ち回りながら直線に入ってくる。しかし序盤から伸びがイマイチでむしろ前との差が広がる。L1でもジリジリと伸びずばてず、ケイアイノーテックにも差し込まれての4着完敗だった。


 ここまで完敗を喫するような展開ではなかったと思うんだが、一応前述のとおりでこれでもペースはここ2走よりは速かったし、何よりも馬場が少し重かった。良とはいえ秋の京都開催は悪天候に見舞われ続けたので、開催中のダメージが大きかった。その中で切れ味を削がれた?という可能性もある。ただ中京の新馬戦は少し渋っていたし、ペースに関してはまだ今の段階では決めつけられないが当然このペースで伸びなかったのは事実なので不安は増した。


2017朝日杯フューチュリティステークスに向けての展望

 今の段階ではまだ基礎スピード面が敗因だったと決めつけることはできないが、少なくとも結果を出した2走が極端なドスローだったことを考えるとリスクは大きい。また末脚の絶対量で見て、少なくとも質的にはアドマイヤアルバに見劣っているし、コーディエライトとの比較でも何とも言えない。デイリー杯の敗因が時計が掛かる馬場が合ってなかったのであれば今の阪神ならという面はあるが、現状は前半では基礎スピード面が明確に不安、後半ではトップスピードの質で足りない可能性は高い。ペースが上がれば少なくともダノンプレミアムに対しては不利になりそうで、仮に後半勝負ならステルヴィオやタワーオブロンドン、更に言えばダノンスマッシュ辺りにも見劣る可能性は十分にある。ポジショニングが良いというのも結局最序盤のゲート、二の足の問題で、ペースが上がってそこでしっかりと脚を使えるかは別問題。血統的には母系でドリームパスポートやラウンドワールド辺りと比較しても割と中長距離色は強い方だと思うし、父ダイワメジャーでも意外と距離自体はあった方が良いかもしれない。それに、前走デイリー杯は物足りないといってもL1で最速ラップなのでこの馬自身はキレ負けの可能性もあると。脚を出し切っての敗戦ではなく意外とTS持続力だけはある程度のレベルでまだ未知数かな。高速馬場のマイルでとなると前半、後半で見て強気にはなれないが、内枠を引いて好位内内でペースがスローからのL3最速戦、とか噛み合ってくればの怖さはあるけど、現時点では素材的に一枚見劣る気がするし基礎スピードの不安は大きい。消すかもしれない中で拾うなら前述のとおり条件が揃いそうなとき。全体で流れるようなら今の段階では軽視した方が良いかな。


【競馬の現実を知る。言葉・的中のマジックに騙されないで。】PR

この内容を理解している人に
【週刊競馬ナックル】というサイトを使う価値があります。
毎週重賞を的確に取りたい方にはおススメです!

■【1押し】
中山10R「美浦ステークス」
◎テオドール
3連単1万8170円
獲得金額59万9610円!!

■公式サイト⇒コチラ(無料)

1、競馬は95%の人間が負けています。

「競馬で儲けたい」「万券を当てたい」
そんな幻想にいつまで振り回され続けるつもりですか?
ウソがまるで本物かのように作られている競馬予想会社に騙されてはいけません。

2、勝つ=儲かる

言葉巧みな誘惑に負けてませんか?
競馬会社から出る買い目はとても魅力的です。
しかし、その競馬会社から予想の為になる信頼できる情報はでていますか?

3、勝つ確率を高める=本物の情報による馬券

競馬予想の勝者はわずか5%。
全部当たるとか、必ず万馬券が取れるといった言葉は幻想です。
現実と向き合いながら勝つ確率を高めるのが週間競馬ナックル。

4、あなたの信頼する馬券師はいますか?

どの競馬新聞にも競馬雑誌にもいろんな予想家が載っています。
大勢の予想家が予想するからこそ、的中する確率もあがります。
競馬新聞っていろんな予想家が予想しているのに◎が一致しませんよね?

つまり、予想をだしている大勢の予想家の中で的中が出れば、
的中した競馬新聞や競馬雑誌という風に感じるでしょう。
「よく当たる」と「よく稼げる」は違うのです。

この内容を理解して、しっかり現実がわかる方に、
無料コンテンツ「オフレコ記者ブログ 南丸がゆく!!」を見て頂きたいです。
僕も見て思ったのが、「たしかに」という感想でした。
この「たしかに」を念頭において某有名新聞や雑誌を改めて見ると、
どれだけウソの情報を掴まされていたのか実感しました!

現実を理解して、競馬で勝つ確率を高めたい方はチェックしてみてください!
※アドレス送信後、返信メールからサイトに入れます。
■公式サイト⇒コチラ(無料)



最新記事
twitter内ではここでは載せないちょっとした競馬の感覚をぼそっとつぶやいたりします。
アクセスカウンター

    逆アクセスランキング
    カテゴリ別アーカイブ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    競馬ランキング
    ラジオ放送レギュラー出演中
    毎週日曜22時~競馬ナンデツイキャスにて「レース回顧」担当


    Powered By 画RSS
    カテゴリ別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    最新コメント
    livedoor プロフィール
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    広告掲載
    広告掲載についてのお問い合わせは こちらから
    • ライブドアブログ