京都8R 4歳以上1000万下 ダ1800m 良、標準馬場想定
【展開予想】
 思っていたよりは時計が出ている印象ではある。展開は外からサンライズバロンが何が何でもハナを主張、アイアンテールもやってくるが、テンの速さならこちらが上。ただし、内のカーティスバローズが本気を出せば枠からもハナを切られる可能性はある。サンライズがゴリゴリ押すのに対して馬なりで楽に並んでいたことからもカーティスバローズのテンは速い。これを抑えられるかどうかだろう。いずれにせよ序盤はペースが上がり、どこかで緩むかあるいは消耗戦。

 
【予想】
◎10エーシンヘディング
〇07ソルモンターレ
△04シンゼンレンジャー
△14サンライズバロン
×03ツルマルスピリット05カーティスバローズ
3連複◎軸〇▲△BOX
3連単F◎〇▲→◎〇▲△→◎〇▲△×


◎エーシンヘディングの前走は12.9-12.3-12.4-12.1-12.9とペースアップの流れで馬群の中で進めたが直線終始外からツルマルスピリットに閉められる形で終わった。2走前の京都1800では軽い馬場で楽に好位内目で進め4角で外に出して直線突き抜ける競馬。12.7-12.4-12.0-12.1-12.3の流れできっちり抜け出せているように、トップスピードに乗せられればいい脚を長く使える。序盤ペースが上がってもスピードは2走前からも問題ないはず。ここは期待したい。、


〇ソルモンターレはここ2走ペースが上がって良さが出てきた。特に前走は走破時計的にもかなり優秀で、単調な基礎スピード戦で先行して結果を出してきたというのは基礎スピード面で大きな材料となりそう。また2走前のアサクサショパン戦でも中弛み戦からの12.8 - 12.4 - 12.4 - 12.4 - 12.2 - 12.9とロンスパ。この流れで番手から積極的な競馬を展開しての2着でトウショウヘイローは押さえている。1800のハイペースに対応してきた今、ペースがある程度上がる前提なら期待できる1頭。


△シンゼンレンジャーはトップスピードを持った追い込み馬なので安定するし、ペースが上がってもある程度対応できるので、この相手なら押さえておきたい。ただできれば序盤そんなに流れない方がいいし、中盤少しでもいいから緩んでほしい所。


△サンライズバロンはカーティスバローズが2列目での競馬をよしとするのであればハナを取れる可能性は高い。まあ、カーティスが競ってきてもゴリゴリ押してハナを取り切るだろうけど、いずれにせよ2走前の走破時計、パフォーマンスは優秀で、12.8-12.3-12.0-12.5とペースアップしてしっかり出し抜いているので、ハナを切って余力が有れば怖い。


×ツルマルスピリットは序盤ゆったり運ばせたいタイプで、京都1800の平均ペース向きの馬ではない。総合力あるので安定するし、内枠なのでロスなくは進められそうで一応押さえるが積極的に買いたい馬ではないかな。


×カーティスバローズは時計的に少し足りない馬だが、これも内内を立ち回れる点を考慮して。基礎スピード戦向問われると甘くなる傾向だし。


 ところで武豊騎手が毎週連載のコラムを最近始めたと業界で話題になっているのをご存知だろうか。
 週刊大衆プロデュースの競馬専門ポータルサイト競馬大衆にて
「勝負師の作法」というコラムを
なんと無料コンテンツで執筆中なのだ。
 一時期はケガもあって"天才も凋落した"と囁かれた武豊騎手だが、キズナで2013年の日本ダービーを鮮やかに制し、ニエル賞も制覇。
世界最高峰の凱旋門賞では4着に導いた。
 見事に再び競馬界のスポットライトの中へと舞い戻った無二の天才ジョッキー武豊。
 その武豊のコラムを読めば、競馬サークルの話題の中心が、全体が見えてくる、そんなコラム。
 競馬大衆は武豊騎手以外のコラム執筆陣も井崎脩五郎、アベコーなど、かなり豪華!↓↓


これだけの豪華コラムが全て無料で見られるのは、、競馬大衆さん、大盤振る舞いというほかありません!




最後にランキングの方のクリック援護もよろしくお願いします。
いつもクリックしていただきありがとうございますm(_ _)m
 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ